20代で巨大企業の管理職に抜擢された女子社員が辿り着いた先は

20代の管理職

20代で管理職に就いている知り合いが、何人かいます。

どなたも、とっても優秀な方ばかりなので、若くして管理職に抜擢されたのも納得できるのですが、それぞれに話を聞くと、

  • 会社の離職率が高く、役付きの人がドンドン辞めていって、気が付いたら管理職になっていた場合
  • とんでもなく残業が多い会社で、あきらかに人件費削減(=残業代を支給しなくてすむ)のため管理職にさせられた場合

のいずれか、もしくは両方が当てはまっているようです。

本人が管理職になりたい!と望む以前に、管理職にさせられているわけで、早く出世できたことを嬉しく思っている反面、無理やり管理職の役割と責任押し付けられているけど今の会社で居るためには「仕方がない」とあきらめている感じが半分でした。

 

実際、管理職に求められることを簡単に言うと、人をマネジメントすること、仕事を回していくこと、そして、組織のビジョンやミッションを描いていくこと、となります。

これらを上手にこなしていくためには、ある程度の社会人としての経験は必要です。

 

若くして管理職に抜擢された(無理やり管理職にさせられた)人たちは、その必要性を十分分かっているだけに、今の状況を「キツイ」とぼやいていました。

会社それぞれの事情があるため一概には言えないのですが、やはり、20代で管理職に任用されるのは、早すぎるのでしょう。

 

巨大企業で管理職になるエリートとは?

さて、20代管理職の知り合いの中で、社名を聞けば、誰でも知っているような某財閥系の超巨大企業で、25歳で管理職になった女性がいます。

以下、A子さんと記します。

この会社、聞くところによると、東大・京大をはじめとした国内トップクラスの大学卒業者でないと、まず入社できないそうです。

 

世間的にはエリートと呼ばれる人がこの会社で管理職に任用されるのは、早くて30歳代半ば。

そのモデルケースは、

  1. 入社後、地方の事業所に配属となり、数年間、現場の経験を積む
  2. そこで認められれば本社に異動し、現業に近い部署で2~3年過ごす(多くの社員は、本社に異動することなく退職するまで、地方の事業所勤務)
  3. 社内の資格試験に合格して、アメリカのアイビーリーグクラスの大学院でMBAを取得するか、中央省庁や政府関連機関、経済団体等へのいわゆる天上り出向を経験する
  4. 本社復帰し、中枢部門で数年、実績を出す

というもの。

 

エリートたちが、社内での熾烈な競争を勝ち抜いて、それでも管理職になれるのは早くても30歳代。

そして、こんな彼らでも、初めて管理職になったときは、部下無しか、せいぜいアシスタントが1名というレベルなんだとか。

 

20代で女性管理職に抜擢されたA子さん

一方、A子さんは、とある短期大学を卒業し、学校の推薦枠でその会社に入社しました。

エリートたちとは違って庶務的な仕事を担ういわゆる一般職での採用です。

社内のエライさんに強烈なコネがあるわけでもない、ごくごく平凡な存在だったわけです。

規定路線通り、庶務業務をこなしながら、いわゆる普通のOL生活を楽しみ、社内で結婚相手を見つけて寿退社を目論んでいたのです。

 

ところが・・・、入社して4年を過ぎたころに、事務職から他事業所の営業職に配属となり、その半年後、さらに別の事業所の営業課長に任用されたとのこと。

ここで、その会社史上初の20代・一般職採用の女性管理職が誕生したのです。

 

「なんで、自分が?」

他の誰でもない、まさにA子さん本人が一番驚いたそうです。

この人事って何かの間違いじゃないか?と。

上司に理由を尋ねても、はっきりした答えはなく、「本社の人事サイドで決定されたことだから。とにかく頑張れ」とした言われなかったそうです。

 

おそらく、社内でも相当上のところで判断されたことであり、その上司にも詳しい理由は説明されていなかったのでしょう。

なので、A子さんは、なぜ自分が初の女性管理職に抜擢されたのか、分からないままだったのです。

 

ここで、質問。

もし、あなたがA子さんだったとしたら、何を考え、どう行動するでしょうか?

喜んで抜擢人事を受ける?

それとも、「自分には無理」と辞退する?

あなたなら、どうしますか?

 

大抜擢を受けての思い

A子さんは、甘んじて辞令を受けることとしました。

というのも、管理職任用という大抜擢人事を「辞退」するなど、ありえなかったからです。

普通の人事でも、拒否するのは難しいのに、今回のケースは間違いなく高度な判断の結果といえます。

それを拒否するということは、会社を辞める以外に道はありません。

 

しかし、もし、A子さんが異動を拒否して会社を辞めてしまったら・・・、彼女の上司には、「なぜ、辞めさせた?!」とお咎めがくるのは間違いありません。

そして、上司は会社の中で、一生、日の目を見ずに過ごすことになるかもしれないと考えたら、とても辞める勇気を持てなかったそうです。

なので、「20代の一般職の女性社員が史上初めて、最年少で管理職に大抜擢された」ことに対して、嬉しさや「してやったり」といった気持ちは一切無かったそうです。

 

A子さんが考えたのは・・・。

ありとあらゆる妬み・やっかみを受けるだろう。

これから一挙手一投足がすべて注目され、うまくいって当たり前、普通ではダメ、ちょっとでもまずいことになれば大失敗の評価を受けるだろう。

そもそも、それ以前に、部下が自分の言うことを聞いてくれるはずがない・・・。

そんなネガティブなことしか無かったと言っておりました。

 

ずっと前に、「人事システムのエラーで、20代女性社員が副社長になる」というドラマか映画がありました。たしか、中山美穂が主演していたと思います。

このストーリーでは、権力の座についた主人公がビシバシと社内改革を断行していくのですが、現実はどうでしょうか・・・?

 

20代の女性管理職を待ち受けていた現実は

新しい部署では、5名の部下がいます。

上は40代後半から、下は30才手前で全員年上。本人曰く、女性の部下がいないことが救いだったとか。

恐る恐るの管理職スタートですが、本人が拍子抜けするくらい、課員はアッサリと受け入れてくれたそうです。

このあたりは、課員には組織人としての割りきりがあったということなのでしょう。

むしろ、娘や妹に接するように、優しく対応(指導)してくれたそうです。

 

仕事は忙しく、部下の手前もあります。もちろん、部下以外の厳しい目線も。

朝6時過ぎには出社して、終電帰りの毎日。

営業課長ゆえに、土日祝日もあってないようなもの。

職責を全うしようという責任感と、周囲の目というプレッシャーを受けながら、人一倍の努力をしたA子さんのことを、部下はすぐに認め、受け入れてくれました。

 

しかし、対外的にはそうはいきません。

彼女の部署は、お客様とのトラブルが多いところで、営業課長の出番となることが多いのですが・・・。

これまでであれば、40代後半から50代前半のそれなりに押し出しのある男性課長が出張ってきて、

「社長、このたびは大変申し訳ございませんでした。私のほうからきつく叱っておきましたし、本人も痛く反省しておりますので、ここはひとつご勘弁を」

なんて感じで頭を下げれば、話は収まっていたのです。

 

ところが、トラブルの相手先に彼女が行くと、必ず、

「誰だ、お前は?どういうつもりだ?」

からはじまり、

「こんな小娘を連れてきやがって!お前ところの会社は、ウチをなめてるのか!お前じゃ話にならん!所長を連れてこい!」

と、余計にこじらせてしまうそうです。

 

もちろん、所長に行ってもらうわけにはいきません。かと言って、彼女が再度行っても、結果は同じ。

そこで、年配の担当者が日参し、時間をかけて怒りを静め、事後対応はそこから、との流れになります。

 

課長という立場にありながら、その職責を果たせていないどころか、むしろ、部下の足を引っ張っているわけです。

それが、本人の能力の問題であれば、本人に責があるわけですが、ただ単に「若い女性の管理職」であることが理由な訳です。

どうしようもない話ですので、当事者としてとってもキツイですよね。

 

やっぱり無理・・・会社を辞める

この話を聞いたのが、昨年の2月頃、彼女が管理職になって半年くらい経った後です。

性格は根っから明るく気丈な人ですし、ぶわぁ~って感じで、会社の愚痴をぶちまけてましたから、

「アタシ、このままだとメンタルになるかも」

と笑いながら言われても、

「そんだけ文句を言う元気があったら、大丈夫じゃないの?」

と無責任に答えていたのですが・・・。

しばらくして、「やっぱり無理。会社を辞める」と言い始めました。

 

「もったいない。このまま頑張ったら、史上最年少執行役員も夢じゃないでしょ?」と聞くと、

「それはない。勤務地の異動はあっても、自分はおそらく、ずーっと今のポストのまま。本社にも行けないし、営業所長にもなれない。なのに、いつまでも、こんな生活は続けていられない」と。

そして、「会社は、そんなに甘いもんじゃない」とも。

それ以上は語りませんでした。

人には言えない「会社の中でのなにか」が分かったのでしょうね。

そして、今年の3月末の退職を決めたそうです。

 

この間、いくつかの資格を取るべく、忙しい中、勉強をしていたとか。

曰く、「再就職をするときに、『なぜ、史上最年少で管理職になったにも関わらず、辞めたのか』を必ず聞かれるはず。これは明らかに不利。だから、資格でカバーする」と。

「本当は、寿退社を狙ってたんだけどねぇ」と笑っていたのが印象的です。

 

女性管理職登用のいびつな運用

「すべての女性が輝く社会づくり」が、推進されています。

その中では、「責任ある立場の女性比率何%」のような、お役所の大好きな数値目標もあげられていますね。

いろいろなキレイ事が散りばめられているようには感じますが、ここで標榜されていることは、まあ納得がいくことばかりです。

 

特に、これまで女性であることが理由で、不遇だった人、チャンスすらもらえなかった人には、「ようやっと、時期がきた」との思いがあると思います。

それと、穿った見方をすれば、女性の生産性を高めれば税収はあがりますし、専業主婦数を減らせれば税負担は減りますからね。一石二鳥なんでしょう。

(もっとも、ネットアンケートでは、「輝く女性」という言葉に8割以上の人が「イラッとする」と答えているようですが)

 

ところが、こと女性の管理職登用に限定して言うと、現実的には、いびつな運用がなされています。

例えば、あるポストに空きができて、その候補者が複数いた場合、

格段に能力が下でも女性の候補者を優先する

という話を、いくつもの会社の人から聞きました。

 

皆さんが一様に言うには、

「能力があれば、男も女も関係ない。できる奴が上に上がっていくべき。

なのに今、無理やり女性を引き上げようと、いびつなことをしている。

いわゆる逆差別である。

これは、男性にとって不幸であるだけでなく、女性にとっても不幸である

と。

 

そして、「このツケは、必ず数年後にまわってくる」とも。

私が勤務する会社でも、同じ現象が起きています。端から見ていて、「おかしいなぁ」と思う人事が多数あります。

そして、「いびつな運用によって生まれた女性管理職」が率いる部署は、残念ながら、ガタガタになっています。

そりゃそうですよね。

男女関係なく、能力の無い者が組織の運営を行っているわけですから。

数年後どころか、すでに今、おかしくなっているのも、当たり前のことです。

部下はかわいそうだけど、無理やり任用された本人もかわいそうですよね。

逆に、本来、相当のポストに就いていてもおかしくない能力の高い女性社員が、管理職になっていない場合もあります。

 

事情通に聞くと、

「今、管理職になったら、ただの時流に乗った「女というだけで管理職になった奴」と思われるのがイヤだから、ずーっと拒否しているらしい」

と教えてもらいました。

これまた、不幸なことです。

 

件のA子さんは、おそらくこの渦中に巻き込まれたと思いますが、実際のところは、わかりません。

ただ唯一言えるのは、もし、あの大抜擢がなければ、A子さんはおそらく今も普通に勤めを続けていて、おもしろおかしい毎日を過ごしていただろうな、と思います。

 

おわりに

能力や適性を別にして、ただ単に女性だからという理由で優遇される。

これによって、まだ時期尚早の女性がそれなりのポストに就く。

そして、その結果が、うまくいかない・・・。

こうやって、「やっぱり、女は・・・」との物言いがなされるとしたら、「輝く」どころの話ではありませんよね。

振れすぎた振り子の戻り幅は大きいものです。

数年後、変なツケが回ってくるのではなく、平衡を保っていれば良いのですが。

 

それでは、また、次回。