埼玉県のアニメ(漫画)の舞台になっている場所を紹介します

 

埼玉県は、ご当地名産、ゆるきゃら、B級グルメ・・・、などなど、さまざまな「観光資源」を県をあげて押しています。

その中でもは、アニメは一押しだとか。

今回は、埼玉県がアニメの舞台になっている場所をご紹介します。

クレヨンしんちゃん(埼玉県・春日部市)

出典:google map

まずは超メジャーなアニメ(漫画)「クレヨンしんちゃん」。

こちらは、春日部市が舞台です。

小さい子どもにとっては、「トウキョー」「キョート」に次ぐ全国で3番目に有名な市です。

東武・春日部駅の西口を出ると、正面にドーンとしんちゃんが見えます。

商業施設でも、市役所の中にも、「クレヨンしんちゃん」がたくさんいます。

設定上の居住地は、2駅隣の武里のあたり。

ここには、「ふたば幼稚園」が実在していますが、モデルでも何でもないそうな・・・。

でも、卒園児たちは、大きくなったら「オレは、クレヨンしんちゃんと同じ幼稚園に通っていたんだぞ」って自慢するんでしょうね。

(ネーミングは、漫画を連載していた出版社名からだそうです)

ちなみに、野原家は、春日部市に住民登録しているのです。

で、映画「クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃」が封切となったとき、市長から「転出証明書」を手渡すといったセレモニーをやっておりました。

 

となりのトトロ

「となりのトトロ」は、埼玉県・所沢市から東京都東村山市にかけて広がる「狭山丘陵」が舞台です。

「トトロ」のネーミングは、所沢市から。

また、サツキとメイが引っ越してきた 「 マツゴウ 」 という所は、「 埼玉県所沢市大字松郷 」とのこと。

あとは、姉妹のお母さんが入院していた「七国山病院」ですが、このエリアには「八国山緑地」という丘陵があります。

また、所沢市には「クロスケの家」があります。

こちらは、公益財団法人 トトロのふるさと基金さんの活動拠点となる古民家で、縁側や囲炉裏など昔の農家の風情です。

なお、映像上のモデルとなった場所は、全国各地にあるようですね。

 

らき☆すた

「らき☆すた」は、埼玉県久喜市にある鷲宮神社が舞台です。

大きな鳥居のある由緒正しい神社です。

こちらで、毎年9月の第1日曜日に実施される土師祭なんですが・・・。

全国から「オタク」が集結するのですね。

【スポンサーリンク】

 
らき☆すた神輿

 

痛車

 

コスプレ祭りに、進撃のWOTAKOI(ヲタコイ)ソーラン、オタクニカルパレードなどなど。

 

超本気です。

出典:らき☆すた神輿WEBサイト 鷲宮の土師祭(はじさい)

 

県紙である「埼玉新聞」は、地元ネタを大きく深く取り上げるのですが、なかでもこの土師祭の扱いは別格級で、カラー4Pの別刷りでした。

(もしかしたら、6Pだったかも・・・)

同社の玄関ロビーには、ねんどろいどが展示されています。

埼玉新聞社さんの本気度が伺えます。

この土師祭、かっては神輿の担ぎ手が集まらず苦境に立たされた時期もあったそうですが、新しい流れを取り込んで、今は見事に隆盛していますね。

 

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」は、秩父市、そして、飯能市が舞台です。

作品中、実在のスポットが、ガンガン出てきます。

旧秩父橋、定林寺、羊山公園、西武飯能駅周辺、・・・。多数の「聖地巡礼」者が訪れています。

また、劇中に出てくる「龍勢祭り」。イベント開催に合わせて、西武電車が特別切符の販売もやっていました

 

本作のスタッフによる映画心が叫びたがってるんだ。も、涙腺を破壊する傑作です。

 

その他の埼玉県が舞台のアニメ

4作品だけの紹介でしたが、埼玉県が舞台となる作品は、まだまだ、たくさんあります。

懐かしいところでは、今の「浦和レッズ」がモデルである「赤き血のイレブン」はさいたま市、西武ライオンズ絡みで「がんばれ!!タブチくん!!」は所沢市。

 

「ソードアートオンライン」も、主人公が住んでいるのは所沢市です。

また、「大きく振りかぶって」はさいたま市の浦和西高がモデル。

「バクマン。」は草加市。

「ONE OUTS」の主人公・渡久地東亜が所属する球団「埼京彩珠リカオンズ」は、さいたま市に本拠を置く球団です。

 

ちょっと変わったところでは、「破壊魔定光 」。

この作品は、川口市にある某高校が舞台。

アニメのオープニング曲は、イモトアヤコが「世界の果てまでイッテQ」で出てくるときのテーマソングなのです。

埼玉県、本当に奥が深いです。

 

 
旅行・お出かけ趣味
ちょっと自由に生きるコツ