ライフログ

「夢を追っても天職など見つからない」ことは科学的に証明されている?

更新日:

 

夢を仕事にする

仕事上の夢と聞くと、ぱっと思い浮かぶのは、小学生など小さい子どもの「将来なりたいもの」という夢。

サッカー選手や野球選手、あるいは、アイドル歌手などなど、幼い頃の他愛のない夢を想像します。

「夢を追っても天職など見つからない」ことは科学的に証明されている

という記事をみつけました。

ここでの夢とは「好きなことを仕事にする」ことであり、幼い頃に夢見たものより、もっともっと現実的なものでした。

にもかかわらず、「夢を追っても天職など見つからない」とされているのです。

「夢を追っても天職などみつからない」

内容を読むと、その理由として大きく2つのことが書かれていました。

要約すると・・・。

ポイント1 偶然の産物

自分の仕事を『天職』だと考えている人たちにインタビューを行った結果、彼らの多くは人生の目標を持っておらず、ほとんどが偶然の結果として現在の職についていた。

ポイント2 満足できない

適合派と成長派では、主観的な幸福度と収入のレベルに差異なし。

自分の好きな仕事にこだわることは、どんな仕事も好きになれない状態と表裏一体。ゆえに、好きな職業についても大して幸福感が上がらない。

適合派:「自分にピッタリの仕事がどこかにあるはずだ!」と思っているタイプ。「給料が安くても満足ができる仕事をしたい」と考えるため、転職率が高い。

7割以上が該当していて、自分の好きな仕事に就いている。

成長派:「どんな仕事でも続ければ好きになれるはずだ!」と思っているタイプ。「仕事は楽しくなくてもいいけど給料は欲しい」と考えるため、転職率は低い。

【スポンサーリンク】

 
いかがでしょうか?

ポイント1では「天職につけたのは、偶然の産物で、もともとの夢ではなかった」、ポイント2は「夢を追いかけても、満足感は得られない」というもの。

このロジックだけをもって、「夢を追っても天職などみつからない」と断じてしまうには、いささか説得力に欠けると思うのですが・・・。

仕事の情熱を決める要素

ポイント3として、「仕事の情熱を決める要素」が述べられていたました。

これは、20万人という膨大なデータを基にした「仕事のやりがい」についての研究結果です。

「仕事の情熱を決める要素」を

  • 自治性:どれだけ仕事を自由にコントロールできるか
  • 多様性:仕事の内容に幅があること
  • 困難さ:適度な難しさがあること
  • フィードバック:自分の成果がハッキリ把握できるか
  • 全体性:仕事の最初から最後まで関われるか
  • 人様の役に立っている感:自分は他人に良い影響を与えている!という感覚

の6つに絞り込んで分析したところ、影響度は最後の「人の役に立っている感」が、ダントツで高かったそうです。

ポイントは他の項目の1.7~2倍と大差がついていたとのこと。

そして、記事の筆者は、

「仕事が好きじゃない……」とか「夢を追いたい……」とか悩むんだったら、その前に「どうすれば今の仕事で人の役に立てるか?」を考えたほうが時間をムダにせずにすむ

と締めくくっています。

これには、本当に納得!!しました。

まとめ

こちらのブログでは、「仕事のやりがいとは、人の役に立つこと」や「趣味を仕事にするのではなく、仕事を趣味にする」という観点の記事を書きました。

これは、「夢を仕事に出来ない」という意味ではなく、現実的に今の仕事を楽しむための発想として書いたものです。

その中には、「もともと自分が好きだった要素を思い返す」ことも含んでいます。

 

これらを総合すると、

  • 興味や関心のある領域で仕事をする
  • ゲーム感覚的に仕事を楽しむ
  • その際の最大の行動軸を「人の役にたつ」ことにおく

ことで、今の仕事そのものを天職にすることができると思うのです。

つまり「夢を追って天職を見つけられる」、と考えるのですが・・・、いかがでしょうか?

 

では、また。

 

関連記事もどうぞ!

▼ ▼ ▼



-ライフログ

Copyright© ちょっと自由に生きるコツ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.