柳屋ベーカリーと守谷製パン店、小田原のあんぱん対決の軍配は?

 

以前、神奈川県の小田原市を食べ歩きで訪ねたときのこと。

お目当てのひとつである「うす皮あんぱん」の「柳屋ベーカリー」さんが、まさかの臨時休業で愕然とし、ググり直して訪れた駅近くのパン屋「守谷製パン店」さんのあんぱんが、すこぶる美味でビックリ。

で、小田原に早い時間に行く機会がありましたので、今回は2つのお店のあんぱんを食べ比べてみました。

 

守谷製パン店と柳屋ベーカリー

まずは、JR・小田急線小田原駅のすぐ近くにある「守谷製パン店」さん。

前回行ったときは、お店の改装中で仮店舗での営業でしたが、今回はあたらしい店舗です。

 

そして、こちらは「柳屋ベーカリー」さん。小田原駅から歩いて15分と少し離れています。

ご覧のとおり、歴史を感じさせてくれる立派な店構えです。

あんぱんのサイズと値段

左側が「守谷製パン店」さんのあんぱん。

右側が「柳屋ベーカリー」さんの栗きんとんで、あんぱんと同じサイズです。

サイズ差は歴然で、守谷製パン店のほうが1.5倍くらい大きいです。

 

本当だったら、ここで「両者のあんぱん!」と言いたいところですが・・・、実は買ったあんぱん(こしあんぱん)は、すぐに食べてしまいまして、写真を取り忘れました・・・。

値段は、守谷製パン店が120円、柳屋ベーカリーが200円です。

 

あんぱんの中身

守谷製パン店のあんぱん。

これぞ、まさにあんぱんの王道って感じ。

柔らかいパン生地の中にあんこがぎっしりと詰まってます。

こちらは柳屋ベーカリー。

こちらも、中身がぎっしりです。

そして、柳屋ベーカリーの特徴、「うす皮」が良く分かりますね。

 

食べくらべ

両者の食べ比べ。

守谷製パン店のあんぱんを食べるのは、今回が2回目。

1回目食べたときに、ビックリしたおいしさは、今回も変わらず。

重く感じるくらいぎっしりと詰まったあんこは、ほどよい甘さで、ペロッと食べきれるくらい。

大満足の一品です。

そして、今回、お初の柳屋ベーカリー。

店に到着したのが、開店15分前の一番客でしたので、いの一番でゲット。

できたてのあんぱんは、やっぱり、うまかった!です。

うす皮が、かなり、パリパリ感があって、あんぱんというよりは、あんこをたくさん使ったお菓子という印象を持ちました。

 

小田原のあんぱん対決、軍配は?

守谷製パン店と柳屋ベーカリー、両者のあんぱん対決の結果は?

ズバリ、守谷製パン店です!

両者、味については甲乙つけがたいものがあります。

本当に、両方ともすごくおいしくて、大満足できました。

ただ、私個人の主観で言うと、守谷製パン店のあんぱんのほうが、私の好きな「あんぱん然」としたあんぱんなのに対して、柳屋ベーカリーの方は、あんぱんというよりは、おまんじゅうに近い印象を受けたんですね。

この差が、守谷製パン店に軍配を上げた理由です。

柳屋ベーカリーのあのパリパリっとしたうす皮の食感は初めてでした。

*お店も大繁盛店で、私が買っている間に、数人の行列が出来ていて、早ければ午前中には売り切れるそうですので、「柳屋ベーカリーのあんぱんのほうが好き」という方も、たくさんいらっしゃるでしょう。

なので、「どちらもおいしい」、「どちらも好き」というのが、本当のところなんです。

(が、こういう結論って、おもしろくないので・・・.。と言うか「対決」形式にしなけりゃ良かったです・・・苦笑)

機会があれば、柳屋ベーカリーと守谷製パン店のあんぱん両方を一度に楽しんでみてください。

きっと、ビックリすると思いますよ!

 

では、また。

 

小田原関連記事

 
グルメ趣味
ちょっと自由に生きるコツ