パン・ラーメン・アイスクリーム。今週いただいたグルメネタ3つを一挙放出

 

おいしいものを食べたときは、「これはブログに載っけよう!」と写真を撮るものの・・・、記事を書くのが億劫になって、放置し、そのまま流すことが多くて・・・。

これじゃあ、いかん!ということではありませんが、今週いただいた「おいしかったもの」を3つ一挙放出します。

 

神楽坂『パン デ フィロゾフ』

東京の神楽坂駅からほど近い住宅街にあるパン屋さん『パン デ フィロゾフ』。

榎本哲シェフがこだわったおいしいパンが食べられるということで、最近、雑誌などで頻繁に取り上げられているパン屋さんです。

営業時間は10時から19時となっていますが、夕方5時には売り切れ・閉店となっていることも。

そんな大人気のパン屋さん、開店10分前にはすでに7名もの先客が。

3~4名入るといっぱいになる店内では、品数は多くないものの、どれもおいしそうなパンが並んでいます。

で、買ったのがこちら。

食パン「ASAMA」と「バゲット」。

「ASAMA」は群馬県の浅間山からのネーミング。

シェフが軽井沢で仕事をしていたときに作った食パンだとか。

この「ASAMA」、小麦の味がしっかりと残っていて、食感がこれまで経験したことがないくらい、もっちり、ねっちりしてるんですよ。

(表現を間違っているかもしれませんが、武蔵野うどんのような歯ごたえなんです)

噛んでいると、はちみつっぽい甘みがじわっと広がって、本当においしい!

普通の食パンとは全く別物のパンでした。

「バゲット」も同じく小麦を感じさせるおいしさでした。

■お店情報
Pain des Philosophes(パン デ フィロゾフ)

住所:東京都新宿区東五軒町1-8
TEL:03−6874−5808
営業時間:10:00〜19:00 ※パンが売り切れ次第終了
定休日:月曜日+不定休

 

高田馬場『ラーメン鷹流』

ラーメン激戦区と言われる東京・高田馬場。

こちらでは2年続くと成功と言われているらしく、同じ場所で新しいラーメン屋が出来ては次の店に変わることが繰り返されています。

そんな高田馬場の駅から少しはずれたところ、しかも、1本路地を入ったところにあるのが『ラーメン鷹流』。

前から気になっていて、たまに店の前を通っては、

「まだ、つぶれてないな」

と確認していたこの店に、初めて入ってみました。

カウンターだけで10人も座れないような小さなお店。

つけめんを注文しました。

「鶏塩ラーメン専門店」と書かれているので、家系の白いこってりしたスープをイメージしていたのですが、出てきたのがこちら。

透明のスープにキャベツがいっぱい入っています。

食してみたら、ずいぶんと酸っぱいお味。

なんかね・・・、予想していたのと全然違ってたので、

(もっと言うと、食べたいと思っていたものと全然違っていたので)

すんごく違和感を感じたのです。

「なに?このラーメン」と思いつつ、カウンターにあるショップカードをみたら、

本店は高田馬場のこの店ですが、支店は全部、台湾なんですねぇ。

あぁ、なるほど。これは、日本のラーメンというよりも、どちらかというと台湾のラーメンなんだ。

こう思うと、さっきまで感じていた違和感がなくなり、おいしくいただけました。

酸味は、どうやらつけ汁に入っている酢キャベツのようで、あっさり・さっぱりした味わいになっています。

日本の普通のラーメンには飽きたという方、夏場でさっぱりとしたラーメンが食べたいというときにおすすめです。

■お店情報

屋台らーめん「鷹流」

*個性的なHPです

東京都新宿区高田馬場4-17-17
平日 11:30~14:30/18:00~23:00

日曜・祭日 11:30~20:00

店内には藤原紀香さんなどのサインがたくさんありました。

 

ハーゲンダッツの期間限定アイス2種

ハーゲンダッツの期間限定アイス、『栗あずき』と『桜あん』。

SNSで大流行(もう遅い?)ということで、近所のスーパーでゲットしました。

どちらも、ほんと、おいしかったですよ。

冷凍庫からしばらく出した後に食べたためか、あずきも桜あんもほどよく柔らかくて、甘くて。

ハーゲンダッツのカチカチアイスも柔らかくなっていましたし。

それなりのお値段ですが、満足でした!

まだ、コンビニとかで売ってるのかなぁ?

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

ということで・・・、今週いただいたおいしかったものを、ざっくりとご紹介しました。

 

では、また。

 
グルメ趣味
ちょっと自由に生きるコツ