広告

ライフログ 感じたこと

「辞表」と「退職願」「退職届」の違いを知っていないと恥をかくかも、ですよ

更新日:

 

ずいぶんと以前の話なんですが、その時の上司ととても折り合いの悪い時期がありました。

仕事に関して良く言えば「議論」、実体は「口喧嘩」の毎日。

今、思えば部下である私が変に片意地を張らずに、言うことを聞く振りだけでもしておけば良かったのですが・・・、腹に据えかねることばかりだったので、常に反発していたのです。

 

そんな毎日、スーツの上着の内ポケットには、「辞表」を忍ばせておりました。

ストレス一杯の毎日でしたので、半分くらい会社を辞める覚悟をしていたのです。

そして、どうしても我慢できなくなったら、その「辞表」を叩きつけてやろう、と思っていました。

結果的に、その上司に対して「辞表」を出すことはありませんでした。

 

それから長い日々を会社で過ごし続け、先日、「早期退職の同意書」を提出しました。

今年の3月末には退職しますので、今の会社に「辞表」を出すことはないでしょう。

 

こうやって、早期退職という社内ルールではありますが、気持ちの上では「定年」まで過ごせることとなります。

それが良かったのか悪かったのか、いろいろと思うところはありますが、ひとつ、とてもつまらない理由で「辞表を出さなくて良かった」とホッとしたことがあります。

 

それは「そもそも、辞表を出すのは間違いである」ことを知ったときです。

 

「辞表」とは何か?

「バカヤロー!ふざけたマネをしやがって!辞表を出せ!辞表!!」

こんなセリフ、世の中のどこかで、現実に発せられていることでしょうね。

一昔前だったら、

「お前なんか、辞めちまえ!」

とか、

「クビだ、クビ!明日から会社に来るな!」

との怒声が飛び交っていたことでしょう。

でも、今、これを言ったらコンプライアンス上、大問題となってしまいます。

なので、よっぽどバカな上司か組織ぐるみのブラック企業でない限り、「辞めろ!」とか「クビだ!」なんてことは言っていないはず。

その代わりに、退職を促す「辞表を出せ!」という言い方が増えているのでは?と思っているのですが・・・(全然、そんなこと無いかもしれませんけど)。

 

実は、この「辞表を出せ!」という言い方、多くの場合、間違いなのです。

というのも、そもそも辞表とは、いわゆる役職者がその役を辞するときに提出する書類のことだからなんですね。

公的な組織の役職者や民間会社でも役員クラス、そして、公務員などの公職に就いている人が、その職を辞するときには「辞表」を使用します。

 

上述の私が上司と折り合いが悪かった時代、ポケットに入っていたのは、まさに「辞表」というタイトルがついた封筒でした。

公務員でもなければ、もちろん、会社の役員でもない私が、大見得を切って辞表を叩きつけたとしたら、

「キミってバカ? これ、タイトルが違うよ」

と突っ返されて、大恥をかいていたことと思います。

「辞表」と「退職願」「退職届」の違い

では、一般のサラリーマンが会社を辞めるときに出すのは何でしょうか?

それは、「退職願」か「退職届」です。

「辞表」と「退職願」「退職届」の違いは、出す人の立場の違い、ということになります。

 

「退職願」と「退職届」は、自らの意思で退職する場合、つまり、自己都合で退職する際に提出する書類です。

定年退職や契約社員が期間満了で会社を辞めるときは、出す必要はありません。

不始末を起こした社員が、懲戒処分で「諭旨免職」になる場合があります。

これには、

「自分から辞めるのなら、懲戒解雇はカンベンしてやる」

と言う意味合いが含まれているケースがとても多いのです。

このときも、出すのは「退職届」となりますね。

 

「退職願」と「退職届」の違いとは?

では、「退職願」と「退職届」の違いとは一体、何でしょうか?

簡単に書くと、

  • 「退職願」は、退職を願い出ることで、後から撤回できるもの
  • 「退職届」は、退職を届け出ることで、後から撤回できないもの

となります。

退職願

待遇改善など、会社を辞めるぐらいの覚悟で会社にものを申す際は、「退職願」を差し出します。

会社が要望に応じてくれれば、「退職願」は撤回することは可能なので、引き続きその会社の社員として仕事を続けられます。

本当に退職するかどうかは、会社の出方次第との意味合いがあるわけです。

進退伺い

余談ですが、「退職願」より軽いのは「進退伺い」。

何かをやらかしてしまった後、「どうしたらよいか、決めてください」と判断を委ねるもの。

一般的には、何らかの問題を起こしたけれど、それを不問にする場合、「形式的に反省の気持ちを表す」ために出す、あるいは、出させることが多いようです。

退職届

一方、「退職届」は、退職が決定しているときに出すもので、通常は退職に関する事務手続きに必要なごくごく平凡?な書類です。

ちゃんとした会社なら、「退職届」の雛形が用意されていることでしょう。

なので会社を辞めるときは、通常、「退職願」を出して、退社を承認されてから「退職届」を出すという流れになります。

もっとも、「退職願」は書面ではなく、口頭で済ませるケースが多いようですが。

 

ところで、上の「退職願」の欄で、会社と刺し違える覚悟で物を申す場面について書いていますが、会社を辞めるつもりがなければ、間違っても「退職届」を出さないようくれぐれも気をつけてください。

もし、「退職届」を出してしまうと、そのまま受理されてしまい、本当に会社を辞めなければならなくなります。

そして、辞めた人間の言うことなど、会社がまともに取り上げるわけがありません。

ということで、物は申したけれどそれで終わりの自爆行為になりますので、ご注意を。

 

おわりに

以上、辞表・退職願・退職届のそれぞれの違いについて記しました。

もし会社を辞めようと考えているなら、そして、喧嘩別れではなく円満退社をしたいのなら、「退職届」や「退職願」をいきなり出すのはやめましょう。

まずは、直属の上司に対して「退職する」旨を口頭で伝えることが穏便に退職する第一歩となりますので。

 

では、また。

関連記事もどうぞ!

▼ ▼ ▼



-ライフログ, 感じたこと

Copyright© ちょっと自由に生きるコツ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.