高田馬場の中華料理店「石庫門」の絶品スコヴィルチキンを食す

2人の息子が不在の土曜日。

「辛いものが食べたい!だけど、自分でごはんを作るのヤダ!」

との妻のリクエストで、早めの夕食を外食で。

出かけたのは、高田馬場にある中華料理店「石庫門」。

お目当ては、ここの「スコヴィルチキン」です。

 

高田馬場の中華料理店「石庫門」

JR・西武新宿線・地下鉄東西線の3つの路線の駅がある高田馬場。

ターミナル駅としては小さめだけど、そこそこの繁華街で、美味しい食べ物屋さんがたくさんあります。

その中でも、お気に入りが中華料理店の「石庫門」。

駅の目の前のマクドナルドが入っているビルの地下1階にあります。

この「石庫門」は、丸の内や神田、大宮などなどでチェーン展開しているお店で、おいしい中華メニューが充実していて、値段もとってもリーゾナブル。

家族ではもちろん、たまに友人たちと出かけていますが、皆、満足してくれる中華料理店なんです。

 

中毒的なファンがいる「石庫門」の餃子

まずは、餃子。

中華といえば餃子、王道ですよね~。

*3個しか映っていませんが写真を撮るのを忘れていたため。一皿6個入りです

「石庫門」の餃子は、パリッカリッとしていて、中はジューシー。

中の具材は、割と大きめですので、食感も楽しめます。

そして、このお店の餃子のタレは、他ではあまり出会えない甘辛タレで、これがまたいいんですよね。

ちなみに、大皿焼餃子というメニューがあって、たくさん注文するとその分値段がやすくなります。

「石庫門」に行ったら、必ずと言って良いくらい、餃子だけを何十個も食べている人を見かけます。

「石庫門」の餃子には中毒的なファンがいる、ということなんでしょね。

 

エビと玉子のふんわり炒め

メニューの名前のとおり、ふんわりとした玉子にエビがそえられた料理です。

薄めの塩味がベースに、これまた薄めのあんがかけられていました。

ふんわりと仕上がっていて、中にほんの少し入っているたまねぎの食感が楽しめますよ。

 

「石庫門」の絶品スコヴィルチキン

そして、お目当ての逸品がこちら!スコヴィルチキンです。

 

スコヴィルとは、とうがらしの辛さを表す単位のこと。

その言葉を堂々と料理名としてつけているところに、自信の程が伺えますが、名前のとおり、本当に辛くて旨いんです。

(はじめてメニューを見たとき、「スコヴィル」を「すこぶる」のことだと勘違いしていました)

カリッとあげたチキンにたくさんのとうがらしがかけられています。

ビールを飲みながら、このスコヴィルチキンをむしゃぶり食べると、なんとも言えぬ幸せな気分になれるんですよね~。

【スポンサーリンク】

 
チキンにかかっているとうがらし、たぶんですが、2種類以上のとうがらしに、揚げたネギ、にんにく、山椒、コショウなどが混ぜ合わせられたもの。

そんなにムチャクチャ辛いということはなく、コクと深みがあってクセになる味です。

写真は、スコヴィルチキンの半身(鳥、半羽分)に、味付けを最高の辛さ「3スコヴィル」でオーダーしたものです。

この辛さの違いは、チキンにかかっているとうがらしの量が多いか少ないかの違い。

オーダーするなら絶対に「3スコヴィル」にしたほうがお得です!

というのも・・・。

 

 

1スコヴィルでも3スコヴィルでも、(たぶん)値段は同じな上に、店員さんにお願いするとパックをもらえて、余ったとうがらしのお持ち帰りができるからなんです。

実は、はじめてこのスコヴィルチキンを食べたとき、やっぱり、とうがらしが余ってしまいました。

で、ダメ元で店員さんに

「これ、持って帰りたいんだけど、いい?パッキンか何かありますか?」

とたずねたら、イヤな顔ひとつせずに、持って来てくれたんです。

それから、家族で「石庫門」に行くと、必ずお持ち帰りをしています。

家で作る料理の調味料として使ったり、ただのカップラーメンに、このとうがらしをかけて食べると、一味も二味も美味しくなりますよ。

 

残念だったメニュー

ということで、スコヴィルチキンの安定の旨さを堪能できたのですが・・・、実は、う~ん、これはちょっと残念だったなぁ、というのもありました。

まずは、辛ラージャン炒飯。

ピリ辛チャーハンに蒸し鶏とパクチーをのせた東南アジア風の炒飯です。

ちょっと辛めのチャーハンで、まあまあのお味ではありましたが、チャーハンそのものが少し冷めていた上に、蒸し鶏もソースも冷たかったんですね・・・。

中華のごはんものは、熱めのものをホクホクしながらいただくのがグッド。

辛ラージャン炒飯は、冷めた感がある分、インパクトに欠けておりました。

同じ辛めのチャーハンを食べるなら、麻婆豆腐がかかった炒飯にしておけば良かったな、と少し後悔。

それと、もうひとつ残念だったのが、デザートのタピオカのココナッツミルク。

ご覧のように、テーブルの上に普通に置いてある取り皿でサーブされてきました(苦笑)。

量もかなり少なめで・・・、まあ、おいしいのはおいしかったんですけど、次はないかな。

 

おわりに

ということで、高田馬場の中華料理店「石庫門」で、絶品スコヴィルチキンをはじめ、餃子やふんわり玉子などを堪能してきました。

今回、紹介した以外のメニューでは、四川麻婆豆腐、空心菜ガーリック炒めがおすすめです。

機会がありましたら、ぜひどうぞ。

 

ヒルトン東京の超人気ブッフェ「ストロベリーフェア」の楽しみ方と裏技的?予約の仕方【追記あり】
【2017年12月8日追記あり】 ホテル・ヒルトン東京の超人気ブッフェ「ストロベリーフェア」で、いちごのデザートをお腹いっぱい楽しんできました! この「ストロベリーフェア」は、文字通りいちごのデザートずくめ、グル...
自分でつくるカレーライスが世界で一番おいしいと思える幸せ【レシピ?あり】
焼肉、ラーメン、カレーライス、どれもこれも本当に美味しいですよね。 焼肉とラーメンを食べるのは、ほとんどが外食ですけど、カレーライスは自宅で作って食べることが多いのです。 たまに外で食べることもありますが・・・、実は、自...
マグロ・アボカド丼を作りました
今、何かと話題の築地市場。 知り合いの知り合いが築地で仕事をしているので、たまに直接買い付けをお願いしています。 今回、購入したのは、鮭の切り身、ゆでタコ、そして、中トロのサク。 今日はこのうち、中トロを使って、マ...

 

では、また。

 
グルメ趣味
ちょっと自由に生きるコツ