築地場外市場にある「安くてうまいすし屋」をおすすめされて行ったら本当に安くてうまかったので大満足してそのまま築地場外・場内をブラブラしてみた

 

ラノベみたいな記事タイトルを付けてみました(笑)。

内容はタイトルのまんま、築地場外市場に安くてうまいすし屋さんがあるとおすすめされて行ったら、本当に安くてうまかったので大満足して、あわせて、市場の場外・場内をブラブラしてきたので、その様子をご紹介します。

 

築地の安くてうまいすし屋「築地 すし大」

食通が太鼓判を押したお店「築地 すし大」

世の中、うまいすし屋はいっぱいあるとは思いますが、「安くてうまいすし屋」となると、なかなか・・・。

これまで、いろいろな人に聞いても、「ここ!」と即答する人がいませんでした。

でも、先日ついに、とある食通の方から

「安くてうまいすし屋ならここ!」

と太鼓判を押す店を教えてもらったのです。

この方は、いろいろな店を食べ歩いていて、この人に教えてもらった店で、これまで外れたためしがありません。

「ぜひとも、行かねば!」ということで、行ってきたお店は「築地 すし大」というおすし屋さんです。

 

場所は、晴海通り沿いで、築地場外市場の一番はずれに位置しています。

引用:マップ・アクセス | 築地場外市場 – 公式ホームページ

 

「築地 すし大」に行くなら開店時間がおすすめ

「築地 すし大」をおすすめしてくれた人いわく、

「ランチメニューが、安くておすすめ。

だけど、はやく行かないと行列が出来るので、開店時間である午前10時半に行ったほうがいいよ」

とのこと。

朝の10時半からおすしを食べるって、これまで経験したことがありません。

ちょっとばかり気乗りしないところもありましたが、寒い中並ぶのもイヤなので、その時間を目指すことに。

10時40分と少々遅れて到着したところ、1階のカウンターは、ほぼ満席になっていました。

しばらくは、後から来たお客さんを2階に案内していたので、席の余裕はあったようですが、すぐに行列ができていました。

【スポンサーリンク】

 

ランチのにぎりすし1.5人前に大満足

カウンターに座ると、友人のおすすめにしたがって、ランチメニューの「にぎりすし1.5人前」を注文しました。

このメニューは、にぎりすし10貫と巻物、それにあおさの味噌汁という内容です。

握ったおすしが一度に出てくるのではなく、大将が頃合いを見ながら、2~3貫を出してくれるスタイルです。

 

まず、一発目がこちら。

右から、イカ、さば、まぐろです。

江戸前握りで味付けがされていますので、醤油を付けずにいただきます。

お味のほうは、もちろん、おいしい!です。

 

続いて、ひらまさと・・・、右は忘れた・・・。

 

さらに、右から、あまえび、あじ、ほたて。

 

巻物のかっぱと鉄火。(ちなみに3個ずつです)

あと、うにがどうしても食べたかったので、追加で注文しました。

北方四島で採れたうにとのこと、粒がたっていて、とろける感がたまらなくおいしかったですよ~。

 

そして、まぐろの漬けとたまごでランチメニューの〆となりました。

 

いやぁ、ほんとうにおいしかった!

おすしを握ってくれた大将もとても感じが良く、お腹いっぱいで大満足でした。

で、気になるお値段。

ランチメニューの「にぎりすし1.5人前」は、1,500円!(税込み)でした。

安くておいしい店という食通のおすすめに、間違いありませんでした。

*ちなみに、うには1個650円・外税、ほぼほぼランチの半分のお値段でした。が、この値段が標準なんでしょうね。

ランチメニュー1人前(にぎり7貫と巻物)は1,000円です。

ランチメニューとは別に、4段階くらいの値段幅で大将のおまかせコースというのもありました。

これだと、もっと高級なネタを数多く食べられるのだと思います。

でも、ランチメニューでも十分、おいしく、お腹いっぱいにいただけるので、おすすめですよ!

 

築地場外市場をブラブラする

おすしを食べて大満足したあとは、腹ごなしをかねて、築地場外市場をブラブラしました。

平日のお昼前だというのに、大勢の人でごった返しております。

こちらの写真は、上に貼り付けたマップの「プラット築地」のあたり。

築地場外市場のメインストリートですね。

 

路地に入ると、おなじみ?の人形が。

今年は・・・でしたね。

初セリで一番マグロを仕留めた「銀座おのでら」

どこかで見たような飾り看板も。

 

テリー伊藤さんのお兄さんのお店。

多分、日本で一番有名な玉子焼屋さんでしょうね。

 

たくさんの人でごった返している路地では、魚介系だけではなく、いろいろなものが立ち食いできます。

お腹はいっぱいでしたけど、「これは食べなきゃ!」ということで、牛すじ煮をいただきます。

煮込んだすじ肉を、紙コップに入れて出してくれました。

 

こちらは、高級食材を炭火で焼いて食べさせてくれます。

 

まぐろの店では、まぐろのかまが店頭に鎮座しております。

値札は無かったけれど、お願いしたら売ってくれそうな雰囲気でした。

 

でっかいおにぎりもおいしそうです。

 

そして、はじめて「信玄煮あわび」なるものを拝見しました。

 

露天では、果物を干したものが売っていました。

「サンザシ」という一見ビーフジャーキー(あるいはドッグフード)みたいなのを試食したところ、甘酸っぱくておいしかったです。

でも、なぜか買ったのは右側の干し芋。

露天のお兄ちゃんは、「おまけしますよ~」と言ってて、買ったらビニール袋が破れそうになるくらい、追加でバンバン、詰め込んでくれました。

築地市場の場内にも大勢の人が

せっかくなので、築地市場の場内にも入りました。

場外の路地ほどではありませんでしたが、こちらも大勢の人で賑わっています。

その横をリフトカーが、かなりのスピードで駆け抜けていくので、なかなかスリリングでした。

場内にある飲食店コーナー。

こちらで食事されているのは、観光客ではなく、市場で働く人や近くのサラリーマンぽい人が多かったですね。

海鮮だけでなく、洋食屋や中華のお店、それに喫茶店に牛丼の「吉野家」もあります。

私も都内で仕事をしていたとき、2・3度、ここにあったとんかつ屋でお昼ごはんを食べたことがあるのですが、その店は別の店に替わっていましたね。

 

あと、こんなおみやげ物屋もありました。

築地市場をひとあたりぶらついたあと、「築地魚河岸」というしっかりした建物の中に入っている「築地 西山水産」でお目当ての「鮭の切り身」を購入。

この店も、食通の人に教えてもらっていた店です。

 

有楽町まで散歩

築地市場を堪能して、帰りは有楽町まで歩くことに。

まずは、築地市場のすぐ近くの「築地本願寺」に。

独特の雰囲気を持つお寺さんです。

前を歩いていたカップルの男性が、女性に向かって、

「敵は本願寺にあり」

と言っておりました(笑)。

 

銀座のシンボル、和光本館を通って、有楽町の駅に到着で、散歩は終了。

おわりに

築地で「安くてうまいおすし」を堪能したあと、場外・場内市場のブラブラ歩きを楽しみました。

びっくりしたのは、本当に人出が多かったこと。

人が多いという話は聞いてはいましたが、ここまで多いとは思っていませんでした。

それと、お客さんのかなりの数は、外国人が占めていたようです。

平日の午前中だからというのもあるのでしょうけど、築地市場にいた人の7割は外国人じゃないかなぁ、って思いました。

これが、土日で日本人の観光客も来たら、大変なことになるんでしょうねぇ・・・。

とにかく、安くてうまいおすしを食べるのなら、「築地 すし大」のランチがおすすめ。

それと、築地市場に行くのなら、やっぱり平日がよろしいかと思いますよ。

 

では、また。

 
グルメ趣味
ちょっと自由に生きるコツ