変身願望とハロウィンが楽しい理由について

 

ハロウィン、年々、盛り上がりを見せていますね。

昨年は、仮装した人たちが渋谷をはじめとした繁華街に大挙押しかけ、いい意味でも悪い意味でも大きな話題となりました。

 

ハロウィンって何?

そもそもハロウィンとは、毎年11月1日に行われる「万聖節」の前夜祭のこと

秋の収穫を祈願して、霊を招かないようにする儀式です。

かぼちゃをくり抜いた「ジャック・オー・ランタン」を飾り、子供たちがお化けや魔女に扮して、家々を周り、戸口でお菓子をもらって返されるのが定番。

意味合い的には、日本の秋の収穫祭と節分がガッチャンコしたようなもの、ですね。

 

ハロウィンは10月31日に行われる子どもが主役のお祭りですが、これが日本では10月の半ばあたりから11月上旬にかけて、大人が仮装して街を歩いたりパーティーを楽しむものとなっています。

ハロウィン用の衣装やグッズがバカ売れで、その経済効果はクリスマスを抜いたとか、抜かないとか。それくらいの大イベントです。

 

以前は、正直申し上げて、

「いい大人が、調子に乗ってはしゃぎまくって、馬鹿じゃないの?」

って思っていました。

が、自分もハロウィンで仮装を経験したところ、こんなに楽しいものはない、って思えたのです。

ま、現金なものですね・・・(笑)。

 

気合い満点のハロウィン・パーティー

今から数年前まで、とあるNPO団体のボランティアスタッフをしていました。

活動のメインは夏のキャンプですが、それ以外にも、サバイバル・バーベキューや染物などの行事を行っていました。

その一環として実施されたのが、「ハロウィン・パーティー」

 

かなり広い敷地にあるいくつかの建物や部屋で様々なアトラクションを準備し、子ども(小学生)たちが、巡回するという企画。

子どもたちは、みんなハロウィンらしく着飾って集まってきます。

子ども本人というよりは、母親たちの気合いが感じられました。

 

「老婆の部屋」「占いの館」、「処刑室」、「亡霊の間」などなど、お化け屋敷さながらの演出がなされています。

ガチです。

劇団に所属している人も多数参加し、超本格的に子どもたちをビビらせるのです。

 
ライフログ感じたこと
ちょっと自由に生きるコツ