株取引を始めてみようかなとお考えの方に、是非、読んでいただきたい本

 

株取引を始めてみようかな。そうお考えの方に、是非、読んでいただきたい本を紹介します。

 

株入門者必読の本

 いちばんカンタン!株の超入門書

株取引の知識ゼロという方は、まずは入門書を読んでいただきたい一冊です。コンパクトにまとめられていて、とても読みやすいです。

 

>>> この本を読むと、すぐにでも株取引を始めたくて仕方がなくなる(=もう戻れなくなる?)と思うんですよね。

そこで、是非読んでいただきたいのが、こちら↓。

 

 プロ相場師の思考術

プロの相場師が、何を考え、どう行動しているかが書かれていて、かなり辛口の内容です。

第二章の「相場師になれる人、なれない人」では、相場に向かない人が具体的に書かれており、自分自身、当てはまるところがないか、是非、チェックしてみてください。

(私は「自分はプロの相場師にはなれない」と自覚できました)

この本は、株取引のみならず、「仕事でメシを食う」その心構えについても学べるように思います。

 

>>> これを読んで、身が引き締まったところで、次に以下の3冊のどれか1冊を、余力があれば全部読まれると良いと思います。

いずれも、成功した投資家の投資スタイル(投資に対する考え方)について書かれたものです。

 

株入門者が読むべき本

 マネーマスターズ列伝

 

バフェットとソロス 勝利の投資学

 

あなたも株のプロになれる

三冊の中では、こちらが一番おすすめです。

著者は、仕事中に不幸な事故に合われて退職し、株で生計を立てられた方です。

自称「パイオニ屋」、パイオニア社の株だけを「うねり」という手法で売ったり買ったりを繰り返され、他界されたときには5億円もの遺産を残されています。

実際の売買記録も掲載されていますが、自身の心理についても書かれており、大いに参考になると思います。

 

株売買手法の入門書

>>> この本を読み終わる頃には、自分がどのようなトレードをしようか、方針が見えてきていると思います。

もしかしたら、すでに株の売買を始めているかもしれませんね。

そこで、具体的な売買手法についてです。

いろいろな手法に関する本が山のようにありますが、分かりやすいという点から、次の1冊をおすすめします。

スベらない株式投資

タイトルが若干、チャラいですね(笑)。

また、中には茶化したイラストがいっぱい入っており、本文も、軽い感じで書かれています。

その分、読みやすいのです。

内容は、負けないためのルールを33列挙されており、どんな株を、いつ、どうやって買い売るのか、気をつけるべきことは何か、などが平易に書かれています。

「絶対正しいと言い切れることはない」世界ですので、全て間違いなし!とは言いませんが、意識すべきことがたくさん書かれています。

 

おわりに

実際に株取引を始めようとする方は、まずはここで紹介した本を読んでください。

そして、興味がわけば、さらにいろいろな書物を読まれるとよいと思いますよ。

また、株取引をするつもりでない方にとっても、特に投資家の本は読み物として十分楽しめますので、おすすめです。

 

では、また!