保育園をチマチマ増やすくらいなら、乳幼児一人あたり毎年100万円支給したらどうかと思う

 

以前、一緒に仕事をしていた女性社員から、

「3月で退職する」

とのメールがきました。

 

4年前に彼女は別の事業所に転勤してから、メールでしかやり取りしていないのですが・・・、異動後まもなく結婚し、第一子を授かりました。

育休ののち、一旦、職場復帰したものの、現在は4月の第二子出産に向け産休中です。

通常でしたら、出産後は育児休暇を取得し、1年か1年半後には職場復帰するもの。

だけど、彼女は出産を直前にして退職を決めたのです。

 

メールを読んだときは、

「会社を辞めるのは、もったいないなぁ」

と思いました。

 

だけど、メールに退職理由として

「日ごろから、子どもをもっと丁寧に育てたいと思っていた」

と書かれていたので、働きながらの子育てで、いろいろとツライ気持ちを抱えていたんだろうなぁ、とも思ったのです。

 

重い決断だったが、ご本人はスッキリしたとのこと。これからも、充実した良い日々を過ごしてもらいたいと願うばかりです。

 

育児で会社を辞めるという選択

さて、彼女は育児に専念するために、会社を辞めるという道を選びました。

本人のビジネスパーソンとしての(勤めている会社の中での)キャリアアップにとっては、残念なことではあります。

しかし、育児に専念するために「会社を辞めることができた」というのは、とても恵まれた環境にあると言えるでしょう。

 

と言うのも、同じく小さい子どもを育てているお母さんで、育児に専念したくても出来ない人が、たくさんいるからです。

さらに、そのような人が、働き続けるために子どもを保育園に預けようとしても、預かってもらえないケースがとても多いのです・・・。

 

保育園落ちた

『保育園落ちた日本死ね!!!』というブログ記事、大変話題になりました。

読まれた方、たくさんいらっしゃると思います。

 

この記事に対して、とある女流作家が

「四畳半一間に暮らせば、奥さんは働かなくて良い」

という発言をしておりました。

*この女流作家、これまでの数々の発言、特にアパルトヘイト発言やら「老人の死ぬ義務」発言やら(尊厳死のような「死ぬ権利」だったらまだ分かるのですが・・・。しかも、ご本人は、随分と高齢なんですけどねぇ)、物議を醸すこと多々です。マスコミで報道されている内容が事実であれば、この女流作家はボケているとしか言いようがないです・・・。

 

四畳半一間に暮らしていたかどうかは別にして、昔は二世代、三世代が同居していたので、子育てする母親は、仕事をやめて育児に専念する、と言うスタイルが多かったのでしょう。

ところが今は、育児に専念したくても出来ない「働かざるをえない育児ママ」の数が増えているのです。

そして、働かざるをえないのは、経済的な理由によるところが大きいのでは?と考えています

*上述のボケたばあさんは、「今の人も生活レベルを落とせばよい。昔の人はそうやって暮らしていたんだから」みたいなことを言ってる訳です・・・(苦笑)。

 

そもそも、少子化が進んでいて、出生数はピーク時の半分程度になっているわけです。

20~30年前に校舎を新設した小学校なんか、空き教室だらけになってますからね。

 

一方、厚生労働省のHPを見ると、保育園の数、受け入れ数は増えています。

にも関わらず、数が足りていないというのは、核家族化の進展以上に、育児ママが働かざるをえない状況になってしまったから、としか考えられないのです。

*もちろん、経済的問題以上に、生き様として仕事を続けたいという人も増えていると思います。

 

働く育児ママの負担は大きい

母親であれば、子どもが幼い時期は、仕事よりも子育てを優先したいと考えてあたりまえ。

そして、できるだけ一緒に過ごしたいとも思うでしょう。

 

仕事のために、保育園に子どもを預けることになったとしたら、

「どう過ごしているかな?」

と日中、気になって仕方がないでしょう。

 

もちろん、毎日の送り迎えや、体調不良など急な呼び出しにあわてて駆けつけ、仕事に穴をあける。

残業や出張はNG。

なので思うように仕事に取り組めず、同僚に対して負い目を感じる。

このように、子育てにも仕事にも負担が多い生活を強いられるわけです。

 

保育園に預けられなかったら

子どもを認可保育園に入れるのって、むちゃくちゃハードルが高いんですよね。

だから、「保育園、落ちた!」という記事を書いた方のような悲劇がたくさん起きているのでしょう。

 

こちらのブログでは、都内の認可保育園の入り方が詳しく紹介されています。

 

さて、子どもを認可の保育園に預けられなかった人たちは・・・。

仕事を続けるなら、高いお金を出して無認可の保育園に預けるか。

(保育料を払うと手元にはいくらも残らない、場合によっては自分の稼ぎよりも保育料のほうが高いことも)

 

子育てのために親と同居するか。親が地方在住などのケースによっては、親に自分の家を出てもらって、一緒に暮らすか。

そして、仕事を辞めるのか・・・。

 

子供を保育園に預けられなかった人が選べるのは、とても負担が大きすぎることしかありません。

こんな状況が分かっているから、子供はあきらめようと思う人が出ても当たり前ですよね。

 

乳幼児に毎年100万円支給

そんなこんなを考えると、チマチマとお金と時間をかけて小さな保育園を増やすくらいなら、いっそママが育児に専念できるだけのお金を国が直接出せばよいのに、と思ったのです。

月数千円程度の手当金ではなく、乳幼児一人あたり毎年100万円支給したらどうかと。

 

仮に103万円の年収でパートで働くママがいて、月7万円、年間で84万円の保育料がかかる保育園にしか預けられないとしたら、

「だったら、パートをやめて育児に専念しよう」

と考えるでしょう。

 

そうなると、保育園に入る子どもの数が減りますので、待機児童問題は今よりもグッと軽減されていくはず。

そうすると、仕事と育児を両立させたい人は、今よりもずっと保育園を利用しやすくなると思うのです。

さらに、「お金の心配をしなくて良いのであれば、子どもを作ろう」という人たちが増えてくると思うのですが、いかがでしょうか?

 

おわりに

小学校入学までと考えると、おそらく、年間7~8兆円規模のお金が必要になります。この財源をどうするか、という問題がありますよね。

そして、お金以外にも、さまざまな課題が考えられます。

 

残念ながら、今の日本ではそれらの課題をクリアできないでしょうから、

「子育てに専念できるお金を支給する」

というアイデアは現実的ではないと分かっています。

*選挙前に老人に3万円を配ることは、平気でできるんですけどね。

 

でも、就労と育児環境という問題、そして、少子化の問題は、根っ子のところでは「個人の問題」と考えているフシが見えて仕方ありません。

いい加減に発想をかえて臨まないと、もう、どうにもならないのではないか、と思っています。

 

<出産・育児に関して参考になるブログ>

子育ても、仕事も、人生も。欲張ってもいいんじゃない。
MEG&LOG

 

<あわせてどうぞ>

20代で巨大企業の管理職に抜擢された女子社員が辿り着いた先は
20代の管理職20代で管理職に就いている知り合いが、何人かいます。どなたも、とっても優秀な方ばかりなので、若くして管理職に抜擢されたのも納得できるのですが、それぞれに話を聞くと、 会社の離職率が高く、役付きの人がドンドン辞めていって、気が

 

では、また。

 

 
ライフログ社会・経済
ちょっと自由に生きるコツ