会員カードのポイントを使わないのは、「得をしていない」ではなくて、明らかに「損をしている」という事実

おじさんは会員カードのポイントが苦手

クレジットカードやショップの会員になるともらえるポイント、皆さんは有効に活用されていますか?

私は、ほとんど活用できていません。

この「カードなどのポイントを活用できていない」という傾向はたぶん、中年以上の「おじさん」に共通していることかと思うのですが、「良く分からない」のとともに、「面倒くさい」という思いが先立ってしまうからなのでしょう。

私自身、この手の情報に疎いのと、自分の性に合わないようで、あまり気にすることがありませんでした。

「ふるさと納税」も今年になってはじめてやったくらいですし。

 

買い物をするときは、数万円のときはクレジットカードを使いますが、基本は現金か駅の券売機でチャージした「Suica」で支払っています。

また、ショップで買い物をするとき「会員になるとお得ですよ」と言われて、その場で入会手続きを行い会員になることもあります。

でも、帰宅後、もらったカードは引き出しにしまいこみ、以降、ほとんど使うことがないのです。

こうやって、ちょっとだけポイントが入っているカードが増えている、というのが現状です。

もっとも、そのポイントのほとんど失効していると思いますが・・・。

 

ブラックカードのパワー

先日、友人と話しているときに、各種カードの話題になりました。

余談ですが、その人は、「ブラックカード」所持者!、その恩恵を受けてるんですね。

 

使用額に対するポイントが割り増しなのはもちろんですが、各種のVIP専用の施設が利用できること、電話1本で飲食店の予約をしてもらえ料金が格安になること(半額など、ぐるなびの割引どころではないレベルです)、様々な相談にのってもらえること、などなど。

 

 

このような実利的な恩恵もありますが、「ブラックカード」所持者だと分かったとたん、待遇が格段に上がるというのが、最大のメリットだそうです。

ブラックカードを持っていると、相手の見る目が変わり、優越感に浸れる、ということですね(笑)。

 

この人は、しょっちゅう海外に行っていて、飛行機で移動するときはビジネスかファーストなんですが、たまたま乗りたい便で上位クラスのシートに空きがなかったため、エコノミーにしたときのこと。

 

土産品を機内で買って、支払いでブラックカードを出したところ、CAの顔色がサッと変わったそうなのです。

「CAは、『オーマイ・ガー』って言いよった?」

「言ってた、言ってた(笑)」

「それって、『なんで、あなたのようなブラックカードを持っている方が、エコノミーに乗っているの?カード会社がアップグレードの手配をしていなかったとは、一体どういうわけ?あ、今日は満席だから・・・。なんとお気の毒』という『オーマイ・ガー』だったわけ?」

と、半ば茶化しながら尋ねたら、

「そう、その通り」

と答えたのです。

 

CAが、本当にこのように思ったかどうかは・・・、少々、自意識過剰のような気がしないでもないですが、本人いわく、それ以降、やたらに声をかけてきては、世話を焼かれたそうです。

ま、いずれにしても、遠くの知らない世界の話でした。