早期退職します

 

来年の3月いっぱいをもって、30年ちょい勤めた会社を早期退職します。

こう書くと、何か一大決心があってのことと思われるかもしれません。

あるいは、「あ、リストラされたんだ」と思われたかも。

ですが、そのどちらでもなくて、会社の制度に則ったことなのです。

 

今は60歳定年・65歳まで再雇用というのが主流で、私が勤務する会社もそうなのですが、管理職になると、年度年齢50歳以降、しかるべきタイミングでポストオフ(役職をはずれる)となり、一定の猶予期間の後、早期退職するというルールがあります。

この制度の背景には、人事の新陳代謝を促すこと、つまり、

「数少ない管理職のポストを早期に若手に譲ることで、組織の活性化を図ること」

と聞かされています。

 

が、これは、まあ、半分本音で半分は建前でしょう。

経営サイドとしては、若手・中堅社員よりもビジネスマンとしての質が低く、年齢的に能力も意欲も低下していくくせに、給料だけは高い邪魔な世代に、早めに「サヨナラ」したいというのが、実際のところに違いありません。

 

このように、

「管理職になったら、よっぽどのことがない限り会社に長く居られても55歳まで」

というルールがあり、私が管理職になる前から実施されていた制度なので、十分承知していました。

感覚的には「世の中よりも定年が早い」という程度で捉えており、また、ポストオフとなった時期も、幸いにも任期一杯勤めた後だったので、自分にとっては完全に規定路線通りだったのです。

 

とは言いながら、退職というタイムリミットが近づいてくると、いろいろと思うことが出てきます。

そして、自分自身の心境が、大きく変化しているのを感じています。

 

あわせて、事務的にやらなければならないことや、今後どうするのかといった現実的な問題もたくさんあって、これらを考えると、正直、うんざりもしています。

そんなこんなで、悲壮感もなければ解放感もなく、ただ、精神的には落ち着かないといった今日この頃です。

今後、本ブログでは、このあたりの話も書いていくと思います。

 

では、また。