高金利の外貨預金が思うほど儲からない理由を超ざっくりまとめてみた

 

消費できないお金が手元に1000万円あったら、どうするか?

今年の2月、友人たちとの酒飲み話で盛り上がった話題です。

そのときの結論は、

業績の良い企業の株を長期保有する

となりました。

他の案は全て却下となったのですが、 そのうち、

  • 外貨預金をする
  • ワンルームマンションに投資する

については、「よくわからん」というのが理由でした。

この酒飲み話から、かなり時間が経っておりますが、あらためて「外貨預金」について調べてみました。

すると、思うほど儲からない理由が3つあることが分かったのです。

本エントリーでは、その理由をざっくりとまとめてみました。

 

キャンペーン金利

「ブラジル・レアル7%」とか「南ア・ランド6%」といった高金利の外貨預金の広告をご覧になったことはありませんか?

パッと見、「100万円を預けると、1年後には107万円になっている!これはスゴイ!」と思いますよね。

ところが、この広告、良く見ると小さな字で「当初2ヶ月の利率。以降は年利2%」なんて書かれていたりするのです。

新規の預金者を獲得するため、利子を上乗せするキャンペーンなのです。

「7%」と大々的に打ち出していますが、実際につくのは2ヶ月だけなんですよね。

では、1年後いくらになっているか計算すると

100万円×1.07×2ヶ月÷12+100万円×1.02×10ヶ月÷12=102万8千円

となります。

107万円に比べ、ずいぶんと差がありますね。

この手の広告、明らかに「やり過ぎ」ですので、問題になったようです。

最近は、「但し・・・」以下の注意書きの文字サイズが大きくなっています。

 

為替手数料

円を他の通貨に替えたり、戻したりするのに、手数料が必要となります。

メガバンクでは、米・1ドルあたり2円の手数料を徴収しています。

これが馬鹿にならないのです。

 

100万円を元手に、アメリカで年利2%の預金を1年間行ったとしましょう。

為替は1ドル100円で変化なしだと、

  • ドルの交換:100万円÷102円(100円/ドル+手数料2円)=9,800ドル
  • 預金元利 :9,800ドル×1.02=9,999ドル
  • 円に交換 :9,999ドル×100円ー9,999ドル×2円(手数料)=979,902円

になります。

年利2%で預けたのに、2万円損していますね・・・。

おまけに、利子の199ドルに対して、きっちり税金がかかるようですので、さらに目減りします。

このように行って来いの手数料の負担が大きいのです。

 
ライフログ投資・お金
ちょっと自由に生きるコツ