ふるさと納税を超ざっくりとまとめました

 

ふるさと納税、やってますか?

私は、このシステムがイマイチよくわからなかったので、ずっと手を付けずに過ごしてきたのですが、この3月、初めてチャレンジしてみました。

申し込んだのは、「山形県寒河江市の新米「はえぬき」60kg

購入から後日の事務手続きまで、やってみたら意外と簡単でした。

返礼品は新米、10月以降、3回に分けて届けてもう予定で、到着を楽しみにしているところです。

 

 楽天市場でポイント10%キャンペーン中

今日、楽天のサイトをのぞいていたら、楽天市場ふるさと納税 で、10%のポイントバックをやっているのを見つけました。

*注)楽天のポイントバック10%は2016年9月時点のキャンペーンです。

ふるさと納税として寄附できる枠にまだ余りがあるので、さっそく注文しました。

注文した特産品

宮崎県 都農町 PREMIUM PORK尾鈴豚

楽天市場ふるさと納税 の人気ランキング堂々の1位!

購入者のレビューも「大満足」とのこと、こちらを注文しました。

これまた、到着が楽しみです。

 

ふるさと納税は絶対にお得

ふるさと納税しかり、格安SIMしかり、やったほうが絶対に得なんだけど、なかなか手が付けられないものってありますよね。

大体の理由は、「仕組みがよくわからない」、「手続きが面倒くさそう」といったものかと。

そこで、ふるさと納税の仕組みと手続きについて、超ざっくりとまとめてみました。

「これだけ知っていれば問題なし」の厳選?情報です。

納税ではなく寄附

ふるさと納税は、「納税」となっていますが、実質的には自治体に対する「寄附」です。

「寄附」をすることは、とても良いことなので、その分、税金をおまけしてもらえます。

ふるさと納税の流れ

A市に住んでいる人が、毎年10万円ずつ住民税を払っているとします。

もちろん、払う先はA市になります。

この人がB市に1万円を寄附(ふるさと納税)したとします。

すると、次の年にA市に支払う住民税は、9万円で済むのです。

このように、これまでA市に10万円の税金を払っていたのを、A市に9万円納税、B市に1万円の寄附と、支払う額は同じ10万円でも、支払い先を納税者が自由に選べるということになります。

(正確には異なりますが、ここはお金の流れのイメージとして捉えてくださいね)