期待をはるかに超えた慶良間島クルージングと無人島・ガヒ島でのシュノーケリング

 

慶良間(ケラマ)諸島の座間味島ツアーの目玉は、ツアー3日目のクルージングと無人島・ガヒ島のシュノーケリング。

出発前から、とっても期待していたイベント、実際に参加したら期待をはるかに超えるとっても素晴らしいものでした。

ケラマブルーと称されるどこまでも透き通った海、豊かな表情を見せる慶良間の島々、さわやかな風。

海に潜るとたくさんの魚たち、そして、ガイドさんのイキな計らいで海ガメにも出会えて、最高の時間を過ごすことができました。

こちらでは、そのときの様子をご紹介します。

 

<前回の記事はこちら>

沖縄・慶良間(ケラマ)諸島の座間味島ツアー、参加したツアーのスケジュールと魅力に注意点
早めの夏休みをいただいて、沖縄は慶良間(ケラマ)諸島の座間味島に行ってきました。 参加したツアーは、 ケラマ諸島 ビックリ!ドッキリ!真夏の大冒険4日間 というもの。 いつも利用している阪急交通社のツアーです...

座間味島ツアー3日目の流れ

ツアー3日目は、朝から夕方まで、クルージングとシュノーケリングを満喫しました。

当日のコースは、こちらの図のとおり。

朝、9時前に座間味港をグラスボートで出発。

島影を楽しみながら、無人島の①安室島に上陸。

次に②阿嘉島によって、ケラマブルーを楽しんだあと、無人島③ガヒ島で約4時間を過ごしました。

そして、本来であればグラスボートから、サンゴ鑑賞のところ、ガイドさんのイキな計らいで、シュノーケリングに変更。

座間味港戻りは午後4時ごろと、盛りだくさんの内容です。

ケラマ諸島クルージング

乗った船はこちらのこじんまりとしたグラスボートです。

 

船頭さんは、御歳70ウン歳のベテランさん。

やたらとギャグを連発していたんですが、高確率でスベってました(笑)。

 

まずは、座間味港のシンボル、クジラのモニュメントの横を通って、島のメインビーチのひとつである古座間味ビーチを船から望みます。

 

そして、割と大きめの無人島、安室島に近付きます。

安室島の北側には、白い岩礁が。

これ、海鳥のフン・・・、ではなくて、すべて石英なんだそうです。

 

安室島の砂浜に上陸して、サクッと写真撮影を済ませ、

 

おもしろい形の岩やら、

 

洞窟やらを船上から見ながら、

 

阿嘉島の港に到着。

こちらには大きな橋が架けられていて、

 

橋の上から望む海は、本当にキレイです。

 

ちなみに、慶良間諸島近辺の海の色は「ケラマブルー」と総称されていますが、ガイドさんによると、水深が30メートル以上ある海の深い紺色を指して「ケラマブルー」と言うそうです。

「浅瀬の緑色のことではないですからねぇ~。知ったかぶりしちゃダメですよ~」と笑って言ってました。

さて、阿嘉島と言えば、懐かしの映画「マリリンに逢いたい」の主人公(犬)?、シロですね。

この映画は、阿嘉島の民宿で暮らすオス犬「シロ」が、座間味島にいるメス犬「マリリン」に逢いたいため、3kmの海を泳いで渡るというストーリーです。

 

阿嘉港裏の公園には、「シロ」の銅像がありました。

 

座間味島には、「マリリン」の銅像が阿嘉島を向いて設置されています。

*シロとマリリン、同じ方向を向いている写真しか撮影してなかったです。絵的にちょっと興ざめになってしまいましたね・・・。

マリリンの銅像には、なぜか、貝殻がたくさん飾られていました。おまけに、5円玉やら10円玉のお供えもありました。