広告

お出かけ ライフログ

超絶景!ケラマの島々や夕日が楽しめる座間味島3つのおすすめスポット(おまけも有ります)

更新日:

 

慶良間(ケラマ)諸島・座間味島ツアーのレポート第三弾目は、座間味島から超絶景が楽しめる3つのおすすめスポットをご紹介します。

f:id:b-zone-salariedman:20180717224009j:plain

マリリンの像近辺からの島影と夕日

座間味島から見た景色の中で、私が一番気に入った場所は、マリリンの像がある岬っぽいところです。

f:id:b-zone-salariedman:20180716215430j:plain

ここは、座間味島滞在時の拠点となる港からほど近く、ゆったりと歩いていける場所で、目の前にある無人島・ガヒ島や安慶名敷島、それに阿嘉島がとっても近くに感じられる場所です。

こちらからの夕日は、島影に落ちていくものでした。

夕暮れの海上では、SUP(サップ・スタンドアップパドルボード)を楽しむ人たちが・・・。

f:id:b-zone-salariedman:20180716215238j:plain

日が沈むにつれ、空の色が黄色から紅がかったオレンジ、そして、ピンク色へと変化していきます。

f:id:b-zone-salariedman:20180716215331j:plain

マリリンの像の岬から見る夕日は、絶景の一言。

座間味島を訪れたなら、絶対に見ていただきたいシーンです。

ちなみに、(季節によって変わると思いますが)日が沈んでいく場所は島影の向こう側なので、気象庁が発表している日没時刻にあわせていくと遅すぎるんですよね。

なので、日没時間より30分は早めに到着するようにお出かけくださいね。

稲崎展望台からの夕日

おすすめスポット2番手は、稲崎展望台。

こちらもキレイな夕日を堪能できる場所です。

f:id:b-zone-salariedman:20180716215059j:plain

稲崎展望台は、集落から数キロのキョリがあり、しかも急な登り坂が続きますので、歩いていくには、かなりキツイです。

できれば、レンタルバイクかレンタカーで行くことをおすすめします。

稲崎展望台からは、広々とした海を楽しむことができて、とても開放感があります。

また、遠くに久米島を見ることもできますよ。

ツアーが出してくれたバスで稲崎展望台に到着すると、頭をツルツルに剃りあげた外国人(白人)男性が一人、夕日にむかって座禅を組んでいました。

日没後、我々が帰るときも瞑想モードだったので、真っ暗になるまで座禅を続けていたかも。

さて、こちらは、稲崎展望台から見た夕日で黄色く染まった空。

f:id:b-zone-salariedman:20180716214817j:plain

UVカットのサングラスをフィルターがわりにシャッターを押したら・・・。

f:id:b-zone-salariedman:20180716214944j:plain

まっかっかの景色になりました。

そして、こちらが沈みきる寸前の太陽。

空の色が黄色からオレンジ色や朱色に変わっていきました。

そして、水平線の向こう側で沸き立っている入道雲が見えますね。

高月山園地からの島々

座間味島のおすすめ絶景スポット、3番目のご紹介は高月山園地から見る島々です。

こちらは、集落からさほど離れてはいませんが、かなりの急坂を登らないと辿り着けません。

また、途中の道は幅がとっても狭いので、レンタカーで行かれる方は、ご注意くださいね。

f:id:b-zone-salariedman:20180716215503j:plain

高月山園地からの展望スポットは3つ。

まずは、第一展望所から座間味島や渡嘉敷島が望めます。

f:id:b-zone-salariedman:20180716215541j:plain

圧巻は第二展望台からの景観。

港から山を挟んだ反対側にある古座間味ビーチ!

f:id:b-zone-salariedman:20180716215738j:plain

そして、座間味のメインの集落と港。

すぐ近くにガヒ島に阿嘉島が!

f:id:b-zone-salariedman:20180716215641j:plain

まさに絶景。

思わずため息が出てしまうくらい、キレイな風景が眼前に広がります。

私が参加したツアー、阪急交通社の「ケラマ島 ビックリ!ドッキリ!真夏の大冒険」では、最終日、フェリーに乗る前にバスで連れてきてもらいましたので楽でしたが、自力で歩いて行かれる方は、小高い山登りで結構キツイと思います。

それでも、苦労して行くだけの価値が高月山園地にはありますよ!

ここも座間味島で強くおすすめする絶景スポットです。

 

 おまけ

おまけとして、座間味島で気になったシーンのご紹介です。

座間味島で泊まったホテル「シラハマアイランズリゾート」。

f:id:b-zone-salariedman:20180716220443j:plain

外観はリゾート感漂うホテルですが、自ら公言されているとおり、決して近代的なホテルではありません。

ま、二日もいたら慣れますけど、ね。

コテージ群。

f:id:b-zone-salariedman:20180716220506j:plain

マリリンの像の先の阿真ビーチのすぐ近くにコテージが数棟建っています。

大人数だと、ここで寝泊りしながら座間味島や慶良間諸島を楽しむのも良いですね。

集落のメインストリートにあった「シーサー群」。

f:id:b-zone-salariedman:20180716220530j:plain

色とりどり、形もいろいろのシーサーが、石垣のうえに並んでいました。

すぐ近くに、座間味小中学校があるので、もしかしたら生徒たちの作品かもです。

超低空の飛行機。

f:id:b-zone-salariedman:20180717232903j:plain

フェリーで座間味島に向かっていると、すぐ近くを軍用機が超低空飛行で先回していました。

観光客向けのサービスなんでしょうか、ね?

ラストは、ガヒ島ビーチの置石。

f:id:b-zone-salariedman:20180716220714j:plain

無人島・ガヒ島のビーチ奥は少し小高くなっていて、そこに、

ZAMAMI2018

と石が置かれていました。

ほんのちょっとしたことなのに、こういうのを見ると嬉しく思えてきます。

おわりに

以上、ケラマの島々や夕日が楽しめる座間味島のおすすめスポットとおまけのシーンをご紹介しました。

座間味島には、もちろん、これら以外にもとってもキレイなスポットが、まだまだたくさんあります。

今回は訪れることができなかったスポット、次回は必ず行こうと思っています。

 

では、また。

<広告>


<広告>


関連記事もどうぞ!

▼ ▼ ▼



-お出かけ, ライフログ

Copyright© ちょっと自由に生きるコツ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.