採用面接で「一緒に仕事をしたい人」と思われないと採用されません

いくら応募しても内定をもらえない・・・。

自分の経験やノウハウは、企業の求人ニーズに合っているし、年収や休日なんかでも、ムチャな希望は出していないのに、全然うまくいかない・・・。

このように転職活動がうまくいかないとお悩みの方、もしかしたら、根本的な問題があるかもしれません。

それは、採用面接で「一緒に仕事をしたい人」という思われていない、というもの。

こちらでは、企業が敬遠する「人物像」について、記したいと思います。

ネガティブな雰囲気を持っている人

どんな人でも、その人なりの「雰囲気」ってありますよね。

パッと見、華やかで明るい感じがする人がいれば、真面目で堅物って感じの人、チャラくて軽薄そうな人も。

他にも人が持つ「雰囲気」いろいろなとありますが、中には、

  • 暗くてどよ~んとしている人
  • 攻撃的な人
  • 陰険さがにじみ出ている人
  • オドオドして卑屈な感じがする人

など、見るからにネガティブな雰囲気を持った人がいます。

このように、ネガティブな雰囲気を持った人は、残念ながら、会社で「一緒に仕事をしたい」と思ってもらえないものです。

 

誰だって、暗い人よりは明るい人、攻撃的な人よりは協調性のある人のほうが好きですよね。

まして、陰険そうだったり、卑屈すぎたりする人とは一緒にいたくありません。

採用面接の担当者は、人を見る目に長けている人が多く、短い時間でその人の本質がわかります。

そして、ネガティブな雰囲気を持った人は即座に見抜いてしまうものなんです。

【スポンサーリンク】

 

我が強く協調性に乏しい人

我が強くて協調性に乏しい人も、会社から敬遠されます。

このような人は、職場で一緒にいる人にとってストレスの種ですし

  • 職場の輪を乱す
  • お得意様など社外の人に不愉快な思いをさせる

など、対人関係において、問題を引き起こします。

なので、いくら能力が高くても採用してもらえないのです。

 

コミュニケーション能力の低い人

コミュニケーション能力も大切な要素です。

  • 相手の話している内容を正しく理解する
  • 自分の意見を分かりやすく説明する

基本とも言うべきコミュニケーション能力が十分でないと、やはり会社から内定をもらえません。

この2点は、採用面接の受け答え、

  • 面接官の質問に対して的外れな回答をする
  • 要点を得ないことを長々と話す

といったかたちで、すぐに分かるものなのです。

【スポンサーリンク】

 

まとめ

転職がうまくいかない理由の「一緒に仕事をしたい」と思われない例として、

  • ネガティブな雰囲気
  • 我が強く協調性に乏しい
  • コミュニケーション能力が低い

の3つをあげました。

転職がうまくいっていないとお悩みの方で、少しでも自分は当てはまるようであれば、これらの問題点は、できるだけ直したいものですね。

 

 

では、また。