採用面接では転職先企業を「値踏み」すること

採用面接は、企業が転職希望者を見て、話を聞き、採用するかどうかを判断する場です。

一方、応募者にとっても企業をチェックする場でもあるのですね。

採用面接は、転職前にその企業に出向き、面接者という社員と会って、話ができる貴重な機会。

あなたが転職するにふさわしい企業かどうか、しっかりと「値踏み」したいもの。

 

ここでは、採用面接の目的を、転職先企業と転職希望者の両面から考えてみます。

転職企業の採用面接の目的

採用面接で企業は、

  •  能力があるか
  •  意欲があるか
  •  人柄はどうか

の3点を見て、実際に採用するかどうかを判断することが目的となります。

 

能力があるか

ここでいう能力とは、履歴書や職務経歴書に書かれている内容が、どのレベルかをチェックすることと言えます。

企業側のニーズをクリアした人が面接に呼ばれますが、それはあくまで書類上のこと。

実際に会って、具体的に聞く中で、転職先企業で通用する能力があるかどうかを判断します。

 

意欲があるか

書類だけでは把握できないその人の意欲を確認することも目的となります。

転職の動機や仕事に対する熱意などがチェックされます。

 

人柄はどうか

組織風土に馴染めそうか、適応力はどうか、コミュニケーション能力はどうかなどがチェックされます。

これらの要素は、実際に会ってみないとわかりませんし、逆に会うとすぐにわかることです。

そして、何より転職先企業にとっては、最も重要な要素と言えるでしょう。

【スポンサーリンク】

 

応募者は値踏みすべき

応募者にとって採用面接は、

転職先企業が、自分に適しているか

を確認する場となります。

 

この適しているかとは、

  •  仕事そのものが自分に適しているか
  •  働き続けられる職場風土か

が自分のイメージに合っているかどうかであり、転職先企業の採用担当者と同じポイントでチェックすることになるのです。

ホームページや求人情報、あるいは、口コミサイトなどで見聞きした情報が本当かどうかをチェックすることであり、面接という機会に企業に足を運び、社員と話すことで、具体的に見えてきます。

これらをチェックし、可能であれば面接の場で質問することによって、本当に転職すべき企業であるかを値踏みすることも、採用面接の目的と考えてみましょう。

【スポンサーリンク】

 

おわりに

転職者にとって採用面接は「自分が試される場」であるのは間違いありません。

でも、転職者にとっても、転職先企業をチェックし、値踏みする場でもあるのです。

不思議なもので、この「転職先企業をチェックし値踏みする」という意識を持つと、心の余裕が生まれ、もっと自信が持てるようになるのです。

採用面接は、その目的をしっかりと把握したうえで臨みたいものですね。

 

 

では、また。