転職エージェントとは何か?サポート内容とメリット、活用の注意点について

転職するなら、絶対、転職エージェントに登録して、様々なサポートを受けるべきです。

とは言いながら、転職エージェントって何なのか?何をしてくれるのか?がわからないことには、軽々に登録なんかできないですよね。

こちらの記事では、転職エージェントとは何なのかのそもそものお話と、登録・活用に際して注意すべきこと、さらに転職エージェントの活用方法、転職コンサルタントとの対応方法を記します。

 

転職エージェントとは何か?

転職エージェントとは、転職者の立場から言うと

転職を希望する人に、人材紹介サービスを提供する会社

です。

エージェントとは「代理人」のこと。

ですが、「転職希望者の代わりに転職活動をしてくれる」のではなく、転職希望者が転職を実現するためにさまざまなサポートをしてくれる会社と考えてください。

転職エージェントのサポート内容は?

転職エージェントがサポートしてくれる内容は、主に以下のとおりです。

  • キャリアコンサルティング
  • 求人の紹介
  • 転職活動の指導・支援
  • 転職活動実務

キャリアコンサルティング

キャリアコンサルティングとは、転職希望者と面談を行い、様々なアドバイスを行うことです。

あなたがどのような会社に転職したいのか、どんな条件での転職を希望するのかを聞き取り、一方で、あなたにどのような適性があるのか、どんな会社に向いているのかを一緒になって考えてくれます。

そして、下に記す具体的な求人の紹介と、その会社を受けるにあたってのアドバイスなども行ってくれます。

そして、転職活動中の疑問や不安などの相談にものってくれるのです。

求人の紹介

求人の紹介は、転職希望者の要望に応じた求人を見つけ出し、提示してくれます。

転職活動の支援・指導

転職活動の支援・指導とは、履歴書や職務経歴書の書き方の指導と添削、面接対策が中心となります。

特に職務経歴書は、応募先企業にあわせて書き換えが必要となりますが、その都度、チェックしてもらえるのは、とてもありがたいことです。

また、身だしなみやビジネスマナーなどの研修や、場合によっては、笑顔の作りかたや貼付する顔写真の撮り方の指導などもあります。

転職活動実務

転職活動の実務とは、求人先企業に履歴書・職務経歴書を提出してくれたり、紹介状を書いてくれたり、面談の日程調整などで、これらを転職エージェントが行ってくれます。

 

転職エージェントのメリット

転職エージェントを活用するメリットは、上に書いた求人紹介から応募・内定までの実務的なサポートを無料で行ってくれることがあげられます。

個人で転職活動を行っていると、一から十まで自分でやらないといけませんし、やっている間にどうすれば良いか分からないことも出てきます。

でも、転職エージェントにお願いすると、これらの多くは解消されるのです。

そして、転職エージェントの最大のメリットは、「転職活動に関わるさまざまな相談に乗ってもらえる」ことと言えるでしょう。

転職活動を行っていると、いろいろと疑問に思うことや不安に感じることが出てきます。

自分一人で悩んでいても、なかなか結論を出ないもの。

そんな時、転職エージェントは相談相手になってくれて、的確に対応してくれるのです。

これは、本当にありがたいことなんですよね。

 

転職エージェント活用の注意点

転職エージェントは転職者にとって、とても心強いパートナーです。

しかし、その活用において注意すべきことがいくつかあります。

 

転職エージェントは営利団体である

転職エージェントは、

「転職を希望する人に、人材紹介サービスを提供する会社」

ですが、これはあくまで転職者の立場から言えること。

求人会社の側からは、

「求める人材を供給してくれる会社」

であり、転職エージェントは人材を紹介するかわりに会社から報酬を受け取る営利団体なのです。

一般的に、転職者の採用が決定したら、その年収の15~30%程度が報酬として転職先会社から支払われており、転職エージェントは、会社が採用してくれてはじめて収益となります。

だから、広告費を使って転職希望者を募り、求人紹介などの転職活動のサポートしているのです。

転職エージェントを活用するなら、このようなビジネス的な背景は知っておくべきでしょう。

 

転職エージェントとの相性

転職エージェントはビジネスを行っている営利団体ですので、それぞれの経営方針や企業文化があります。

転職エージェントの収入源は企業が支払う紹介料ですので、転職希望者を短期間のうちに高年収で数多く転職させることができれば、それだけ収益が良くなります。

これをベースに会社経営が行われていますが、転職者よりも会社の意向を強く優先する転職エージェントだと、適性や希望を度外視した求人を押し付けてくることは十分ありますし、無理やり入社させようとするかもしれませんし、ブラック色の強い企業だと分かっていても紹介するケースだって考えられます。

 

それ以前に(とてもイヤな話ですが)、転職エージェントにとって望ましい転職が出来そうにない人(=労働市場価値が低い人)は、登録しても、まともに相手をしてもらえないことだってあるでしょう。

あまり、よろしくない事例を書きましたが、転職エージェントの企業体質によっては、必ずしもあなたの転職に役立つとは言い切れないのですね。

だからこそ、信用のおける大手の転職エージェントに複数登録することが大切になってくるのです。

実際に複数の転職エージェントに登録し、どんな対応をするか見比べていくうちに、会社の体質が分かってきますし、自分に合うか・合わないかも分かってくるものです。

活用する転職エージェントを絞り込むのは、状況が分かってからでも遅くありませんので。

 

転職コンサルタントって何?

転職エージェントに登録すると、実際にあなたの転職のサポートをしてくれるのは、転職コンサルタントという「人」が対応してくれます。

転職コンサルタントと言っても、実際に会って話をすると、いろいろな人がいて、いろいろな対応の仕方があることがわかります。

ほんと、会えばわかる!なんです。

 

コンサルタントが所属している転職エージェントのカラー(会社の方針)による部分もあるのでしょうけど、やはりコンサルタント「個人」の差は大きいのです。

自分と相性の良い人や頼りがいのあるコンサルタントと出会えれば、転職活動はスムーズに進められますが、残念ながら当たり外れはすごくあるのです。

 

頼りになるコンサルタントとは?

私自身、転職したときには、複数の転職エージェントのお世話になりました。

そして、現在、再就職(=転職)支援の仕事をしていますので、いくつかの転職エージェントや何人ものコンサルタントと接しています。

コンサルタントと一言で言っても、中には、いろいろな人がいて、いろいろな対応をするということを肌で感じているのです。

 

転職エージェントで重要なのは、そのコンサルタントの姿勢と能力です。

人間的な相性はとても大切ですが、いくら相性が「良い人」であっても、コンサルタントとして頼りにならなければ、時間のムダになってしまいますからね。

 

では、頼りになるコンサルタントとは、どのような人でしょうか?

以下の項目は、頼りになるコンサルタントの姿勢と能力を見る基準ですので、これらをチェックしてみましょう。

 

しっかりと対応してくれる

  • 親身になってくれる
  • しっかりと話を聞いてくれる。メモを取ってくれる
  • 職務経歴書などをしっかりと読んで希望を理解してくれている
  • 転職の難易度をはっきりと伝えてくれる

 

求人情報を持っている

  • 各業界の情報が豊富
  • 希望する業界に人脈がある
  • 求人情報を収集している

 

求人先を紹介してくれる

  • 2週間以内に何らかの求人先を紹介してくれる
  • 希望にそった求人先を紹介してくれる
  • 求人先企業の会社概要や面接のポイントなどを指導してくれる
  • フォローしてくれる
  • 転職成功者・失敗者の事例を教えてくれる

 

転職コンサルタント対応

以上の項目は、転職エージェントのコンサルタントであれば、基本的には行ってくれることです。

しかし、人によって得手・不得手がありますので、全てを十分に満たすコンサルタントはほとんどいないと言って良いでしょう。

実際に自分で会って話をすることで分かってくることはたくさんありますので、複数の転職エージェントに登録し、複数のコンサルタントと接することが大切になります。

 

転職コンサルタントとの相性

転職エージェントという会社との相性以上に大切なのが、そこでの担当者である転職コンサルタントとの相性です。

一言で転職コンサルタントと言っても、いろいろな人がいます。

能力の高い人、ダメな人。

やる気がある人、ない人。

性格が優しい人、キツイ人。

 

転職希望者としっかりと向き合い、ベストを尽くしてくれる人がコンサルタントとして担当してくれれば、本当にありがたいのですが、必ずしもそううまくいくとは限りません。

さらに言えば、お互い生身の人間ですから、人としての相性の良し悪しも出てくるでしょう。

コンサルタントとしてレベルが低すぎる、人としてどうしても気が合わない、こんな人が担当になったら、転職活動はうまくいきません。

 

転職コンサルタントをチェンジ

あなたの担当になった転職コンサルタントのレベルが低い、相性が会わない、そんな場合は遠慮なく、担当の交代を申し出ましょう。

無料でサービスを受けておきながら、担当にダメ出しをするのは気が引けるところですが、相手もビジネスでやっているわけですから、割り切って大丈夫です。

(実は、このコンサルタントの交代要求って、けっこうある話なんです)

一方、転職エージェントもビジネスとしてサポート活動を行っています。決してボランティアでやっているわけではないのですね。

*転職エージェントも、すぐに悪い評判が広がりますので、最近はあまりムチャをする会社はありません。

しかし、転職コンサルタントは本当にピンきりで、転職者をモノ扱いするような人も実際にいるのですね(本当に残念な話ですが・・・)。

 

転職コンサルタントには礼節をもって接する

転職エージェントは、無料であなたの転職をサポートをしてくれる大切なパートナー。

位置づけとして転職者は「クライエント(=依頼主)」ではありますが、決して「上の立場」ではないのです。

また、何かと転職者のサポートをしてくれるので、いつの間にか「なんでも転職エージェントがやってくれる」と思い込み、ややもすると横柄な態度を取る人がいるのですが・・・、これはダメですよね。

転職コンサルタントには、必ず、礼節をもって接するようにしましょう。

 

連絡はこまめに行う

転職エージェントに登録してしばらくの間は、各種の情報登録や面談などがあり、短い期間内で何度かやり取りが発生します。

次いで、求人案件の紹介を受け、それに対して、応募する・しないも含めてアクションを起こというのが繰り返されますが、しばらくすると、転職エージェントからの連絡が少なくなり、案件が紹介される頻度も低くなっていきます。

この状況は、転職エージェントにおいて、あなたの「優先順位」が下ってきていることが原因なのです。

 

企業から求人の依頼を受けると、転職エージェントは登録者に案件紹介します。

その際、転職エージェントのデータベースで、登録している人の個人情報の更新日やログイン履歴で新しい人から順番からソートされ、連絡を入れる仕組みになっているのです。

これは、データが新しい人ほど、積極的に転職活動を行っていると判断されているからなのです。

 

逆に、個人データの更新日が古かったり、長い間ログインしていない人は、(その転職エージェントでの)転職意欲がが下っているか、もうすでに転職を決めている可能性があると見られて、連絡しなくなるのです。

こうなると、良い案件を紹介してもらえる機会が減ってしまいます。

転職エージェントのサイトは、頻繁にログインし、できるだけ個人情報を新しくしておくことで、データベース上の自分の順番を上げておくこと。

そして、気になった求人があれば、担当の転職コンサルタントに連絡するなど、定期的に連絡を入れることが重要です。

 

正直に話をする

転職活動を行っていく上で、自分のキャリアやスキル、経験などを転職エージェントのコンサルタントに話すことになります。

そのときは、必ず正直に話すようにしましょう。

「少しでも良いところに転職したい」という思いから、話を大きく盛ったり、ウソの経歴を話したりすると、コンサルタントは間違った情報で転職活動のサポートすることになり、決して良い結果にはなりません。

もちろん、登録情報にウソを記載するのもNGです。

ヘタしたら経歴詐称になりますので。

 

積極的に質問や相談をする

転職活動を行っていると、分からないことや悩み事が出てくるものです。

そんなときは、一人で抱え込まずに、転職エージェントに相談しましょう。

様々な疑問や悩みにちゃんと答えてくれますよ。

 

転職するのはあなた自身

転職活動において転職コンサルタントの存在はとても重要ですが、一点、気をつけていただきたいことがあります。

それは、転職するあなた自身が、どのような姿勢で臨んでいるかということ。

 

もし、転職エージェントのコンサルタントが「全部やってくれる」と頼り切った姿勢だと、逆にコンサルタントは「やる気がない」と見なし、真剣に対応してくれないかもしれません。

「このコンサルタントは何もやってくれない。頼りにならない」と思っても、それは自分がそうさせていた、ということもありえるのです。

あくまで、転職するのは自分自身。仮に「今、すぐに転職したい」という状況でなかったとしても、転職を自分の問題として捉えることが大切ですね。

 

これらを理解したうえで、転職エージェントをうまく活用することが、あなたの転職を成功に導く鍵となると言えるでしょう。

 

おすすめの転職エージェント

総合型の転職エージェントで、転職者なら必ず登録することをおすすめしたいのが、こちらの3社です。

リクルートエージェント

DODA

 マイナビエージェント

これらの3社を押さえておくと、まずは安心して転職活動に打ち込めます。

これを機会に、それぞれのホームページをのぞいてみてください!

 

 

では、また。

タイトルとURLをコピーしました