【転職者向け】転職活動がうまくいかずに内定がもらえない毎日が続いたら少し「休む」ことも大切です

 

転職活動を開始して、しばらくの間は企業の求人情報を調べたり、転職エージェントに登録したり、履歴書や職務経歴書を書いたりと忙しい毎日が続きます。

ある程度準備が出来たら、いよいよ応募。

転職コンサルタントのサポートを受けながら、いくつかの会社にエントリーします。

 

ところが・・・、なかなか内定がもらえず、転職が決まらない・・・、そんな状態に陥ってしまった方がいらっしゃるかもしれません。

もし、転職活動がうまくいかずに内定がもらえない毎日が続いたら、少し「休む」ことを考えてみてはいかがでしょうか?

 

転職がうまくいかないと自己嫌悪に陥る

がんばって活動しているのに、全然、内定がもらえなかったら・・・、

「もしかしたら、自分はダメな人間なのか?」

と自信をなくしてしまうものです。

書類審査でダメだったときは、まだ、あきらめがつくものです。

なんと言っても書類上の審査結果ですから、客観的な条件が他の応募者に比べて至ってなかっただけですので。

でも、面接にまで行ったのに、不採用が続くと、イヤになってくるんですよね。

 

面接では、意欲とともに人物の評価もされます。

自分以上にマッチした人がいたから不採用になったとはいえ、自分のことを否定された気持ちになり、自己嫌悪に陥ってしまうんですよね。

しかも、面接が二次・三次と進んでいくと、「その会社で働きたい」という思いは高まっていきますし、採用される!という期待もどんどんと高まっています。

なのに不採用の通知がきたら、期待が高まっていた分、落ち込みは激しく、自己嫌悪に陥ってしまうのです。

 

転職は簡単にあきらめないことが大切

がんばって転職活動をしているのに、なかなか内定がもらえない日々が続くと、自己嫌悪に陥り、転職をあきらめようかという気持ちになってしまうもの。

でも、「転職しよう!」と決めたときから、あなたを取り巻く環境が変っていなければ、ここであきらめたとしても、「転職したい」という気持ちは、心の中で残り続いていくものです。

 

そして、本当に転職活動を止めてしまって、そのまま転職適齢期を過ぎてしまうと、「あのとき、なんで、転職をあきらめたんだろう」

と後悔することになりかねません。

転職をあきらめて、活動を完全に止めてしまうのは、いつでも出来ます。

でも、転職活動をあきらめることで、さらにツライ毎日を過ごすくらいであれば、やはり、簡単にあきらめないことが大切ではないでしょうか。

 

転職は「ご縁」のもの

さて、転職が決まるかどうかは、実は「ご縁」があるかどうかの要素が大きいのです。

「ご縁」とは、運やタイミングといった自分ではどうにもできないことで、いつ何時やってくるかわからないもの。

あなたの転職活動には、まだまだやるべき余地が残っているかもしれません。

 

であれば、その余地を埋めるための努力を続けることで、「良縁」にめぐり会えることもあるでしょう。

あるいは、もしかしたら、あなた自身が今、「良縁」にめぐり会えるタイミングではないのかもしれません。

そうであれば、転職活動を少しの間、「休む」ことも大切です。

 

転職が決まらないときは少し「休む」ことも大切

「良縁」にめぐり会えるタイミングがいつなのか?なんて、誰にもわかりません。

そもそも「ご縁」って、ちょっとオカルトチックな話ですので、どうも納得がいかないという思いを持たれたかも。

でも、やるべきことをやっても、なかなかうまくいっていない以上、今が転職するタイミングとして良くない(=あなたにマッチする求人がない)可能性は十分にあります。

そして、何よりうまくいかないからと自信をなくし、自己嫌悪に陥るのは、本当によくないですよね。

 

転職活動を続けることよりも、転職活動でダウンしてしまったあなたの気持ちを落ち着かせることのほうがよっぽど大切。

なので、ここは「めぐりあわせ」という「わけのわからないもの」のせいにしてしまいましょう。

1ヶ月なら1ヶ月、3ヶ月なら3ヶ月の間、転職活動は休むと決めてしまって、その間、スッパリと何も行わないのです。

 

転職エージェントにも、その旨を伝えて連絡をストップし、自宅で転職サイトの求人や紹介メールをチェックするのもやめてみましょう。

すると、自己嫌悪で落ち込んでいた気持ちは、少しずつ元に戻ってきて、転職したいというモチベーションは高まってくるものです。

さらに、休みを入れたことで、あらたな気持ちで転職活動を再開でき、自分のそれまでの活動の良し悪しが分かるようになるものなんですね。

 

まとめ

転職活動がうまくいかずに内定がもらえない毎日が続くと、自己嫌悪に陥ってしまい、転職そのものを止めようかとあきらめモードに入ってしまいますが、本当に転職活動を止めてしまったら、後悔することになりかねません。

転職は「ご縁」のものですから、努力を続けていたら、きっと良縁にめぐり会えますし、その努力がツライなぁと感じるようであれば、思い切って転職活動を「休む」ことも大切です。

まずは、自分の心と身体の健康を第一にして、転職活動に取り組んでくださいね!

 

では、また。