転職先から内定が出たら入社の返事の前に考えたいこと

転職活動をがんばって、ついに内定が出た!

本当に嬉しい瞬間です。

内定を得るまでに、苦労を重ねていればいるほど、内定を勝ち取ったときの喜びはひとしお。

まずは、内定をもらった喜びをかみ締めたいとことですね。

でも、 内定が出た会社に入社の返事をする前に、今一度、考えたいことがあります。

こちらでは、転職候補会社から内定が出たとき、考えるべき2つのポイントを紹介します。

 

自分の転職希望条件に照らし合わせてみる

転職を行う際ときは、自分の転職希望条件を整理しておきたいもの。

具体的には、

  • 絶対に譲れない条件としての「MUST条件」
  • できればこうあって欲しいという「WANT条件」

に分けることと

  • 「WANT条件」ではギリギリ妥協できるラインを設定する

ことです。

内定が出たら、その会社は、あなたの転職希望条件のどこまで満たしているか照らし合わせてみましょう。

 

「MUST条件」はすべてクリアしていて、「WANT条件」も妥協ラインより上であれば、即、入社の返事をして大丈夫ですよね。

「WANT条件」のどれかが妥協ラインを大幅に下回っていたら、その会社に入社しても、うまくいかない場合がありますし、「MUST条件」のひとつでも欠けていたら、入社は見送ったほうが賢明だと言えるでしょう。

 

もちろん、転職希望条件は転職活動中に設定しているものであり、内定が出た今は状況が変わっていることのほうが多いもの。

特に、会社での面接を経て、希望条件を大きく上回る魅力をその会社に見出すこともあるでしょうから、転職希望条件にあまりこだわりすぎないのも大事です。

しかし、「MUST条件」が全部クリアしていることは絶対として、「WANT条件」で妥協しすぎると、入社しても長続きしない可能性があるのです。

なので、内定をもらったら、一旦、立ち止まって冷静に考えることが大切なのですね。

【スポンサーリンク】

 

入社後の日常の自分をイメージする

次に、行っていただきたいのが、その会社に入社した後、自分はどんな日常生活を送っているかをイメージすることです。

内定を出した会社には、まだ入社していませんので、そこでの日常生活をイメージするのは、なかなか、難しいですよね。

でも、採用面接で訪問した際に、目にしたオフィス風景、出会った人、感じ取った会社の雰囲気をもとに、自分が仕事をしている様子をイメージしてみましょう。

すると、いくつもの不安を思い浮かべることでしょう。

 

その不安が、なんとなくワクワクするものだったらOKです。

でも、もし、びびってしまうような不安を感じたとしたら、その会社や仕事に対して、何らかの引っ掛かりを持っている可能性があります。

この場合は、できるだけ不安のタネを見つけ出すようにし、それが解消されなければ、入社は慎重に判断すべきですね。

なお、あなたが感じている不安は、その会社に対するものか、あるいは、あなたの転職そのものが原因なのかで、大きく異なりますが、いずれの場合も転職コンサルタントに、正直ベースで相談すると良いでしょう。

【スポンサーリンク】

 

まとめ

苦労の甲斐があって勝ち得た内定だからこそ、最後の詰めはしっかりと行いたいもの。

そのためには、

  • 自分の転職条件に合致しているか?
  • 日常の自分のイメージは良いものか?

をチェックしましょう。

そして、不安点をなくして、晴れやかな気持ちで内定に応じましょう!

 

 

では、また。