第二新卒の転職のほうが新卒の就職よりも圧倒的に有利な理由

 

いまや、すっかりと定着した感のある「第二新卒」と言う言葉。

大学を卒業して会社に入社してから2~3年くらい経過した人が転職する際に用いられており、転職市場でのボリュームゾーンとなっています。

ところで、就職する側から見たら、新卒の就職と第二新卒の転職ではどちらが有利だと思いますか?

答えは簡単。第二新卒の転職のほうが、新卒の就職よりも圧倒的に有利なんです。

 

第二新卒の求人が増えている

終身雇用が一般的だった時代からは考えられないことですが、今や、企業の「第二新卒」の求人はとても多くなっています。

というのも、「新卒」に比べて「第二新卒」は、

  • ビジネスマナーや仕事への理解など、社会人として一定の基礎が出来ている
  • ひとつの会社に染まっていないため扱いやすい
  • 仕事へのモチベーションとロイヤルティーが高い

と言うメリットがあると企業側が認識したからなのです。

 

第二新卒は何が大切かを分かっている

大学生が新卒として就職活動を行うとき、どんな会社でどのような仕事を行うか以上に、「企業の知名度」や「企業の規模」などを優先する傾向があります。

その理由は、親御さんを安心させたいと言う気持ちや、友人たちに「自慢したい」という思いがあるから。

 

あるいは、「どこ、それ?何の会社?」と言われたくないという見栄のような気持ちになるといったこともあるでしょう。

もちろん、「企業の知名度」や「企業の規模」は、仕事をするうえで大切な要素に違いありません。

でも、働くうえで大切なのは「企業の知名度」だけではない、ということが、実際に就職してみると、よくわかってきますよね。

 

どの企業で働くのかを選ぶときに大切なのは、

  • 自分がやりたいことができるか
  • 仕事の内容や企業文化が自分に合っているか
  • 仕事そのものや給料、労働時間などといった待遇に満足できるか
  • 自分自身や会社に将来性はあるか

などといった要素です。

 

学生時代には、これらが大切だとは分かっていても、なかなか実感を持てませんが、実際に社会人として働き出すと、すごく実感できるものです。

つまり、第二新卒は働き続けるうえで何が大切かを分かっているので、転職活動に的確に取り組めるのです。

ここが第二新卒が新卒よりも有利な点のひとつとなります。

 

第二新卒には転職活動の時間がある

新卒で就職する場合、年によって就職活動のルールは変わりますが、大体、4年生の3月から5月までの間の「エントリー期間」が実質的な勝負となっています。

この間にエントリーしていないと、後で行きたい企業が出てきても、受けられませんからね。

こう考えると、新卒の時間的な猶予はたった3ヶ月間しかないと言えますよね。

 

一方、「第二新卒」はどうでしょうか?

第二新卒に対する企業側の求人ニーズが高く、常に中途採用を行っていますので、応募のチャンスは、一年中あります。

しかも、入社何年以内に転職をしなければならないという「決まり」なんかありませんので、本人がその気にさえなれば、いつでも転職活動をできます。

さらに、既に働いていますので、無理に転職する必要もなければ、「早く就職先を決めなきゃ!」と焦る必要もないですし。

このように、年中、何年間にも渡って転職活動ができる時間があるというのも、第二新卒が有利と言える理由となります。

 

まとめ

以上のように、

  • 第二新卒を求める企業が増えている
  • 第二新卒のほうが、自分や企業、社会のことをわかっている
  • 時期や期間に関わらず転職活動に取り組める

という理由から、「第二新卒」は新卒よりも圧倒的に有利に転職活動できるのです。

 

すでに会社員として働いている第二新卒にあたる方で、今の職場には不満があるけど、新卒に比べて不利だからと転職をあきらめている方、この記事で記したように、第二新卒のほうが圧倒的に有利な面があるとしたら、転職にチャレンジしてみる価値があると思いませんか?

 

 

では、また!