バラ色?消耗?地方から東京へ転職して働くことのメリット・デメリット

 

転職サイトなどを見ていると、東京での求人数が圧倒的に多いです。

地方在住の方で地元で転職先を探している方からすると、この求人数はうらやましく思われかもしれませんね。

特に、なかなか良い転職先が見つからないという方は、いっそ、東京で転職先を探そうか、とお考えかもしれません。

 

東京で求人数は多い理由は、まずは企業数・事業所数が多いということが上げられます。

そして、本社機能を東京に置いている企業が多いため、必要な人員数が多いからだとも言えるでしょう。

 

たくさんの会社があって、たくさんの人がいて、本社機能と言う他のエリアとは異なる仕事がある東京。

東京で仕事をすることには、他のエリアではなかなか見られない特徴があるのです。

それには、良いこともあるし悪いこともある、そして、良いとも悪いとも言えないこともあります。

 

こちらでは、東京へ転職することのメリットとデメリット、そして、どちらとも言えないことを、東京で働くという視点で記します。

東京で働くメリット

仕事がたくさんある

なんと言っても東京で仕事をするメリットは、まずは、仕事が多く、求人数が多いことがあげられるでしょう。

とにかく他の道府県に比べて事業所数が圧倒的に多く、極端な地域性が求められる仕事を除くと、業種・職種とも全ての仕事が揃っています。

 

そして、東京で働いている人の数もとても多いのです。

会社での人の出入りも激しいため、求人数もたくさんあるので、地方では転職先が限られることはありますが、東京ではどの会社に転職するか?を選ぶのがあたりまえとなっています。

就職氷河期でも、地方の求人数は壊滅状態でしたが、東京では、なんだかんだ言いながら、相当数の求人はありましたし・・・。

 

もらえる給料が高い

同じ業界や同じ仕事、さらに同じ会社であっても、東京だともらえる給料が高いのです。

これは、

  • 大企業など給料の高い会社が多い
  • 良い人材に来てもらうため給料を高くしている

などが理由です。

ですが、実はこれとは別に給与の制度として東京が飛びぬけて高くなる仕組みがあるのです。

 

それは、「地域手当」

「地域手当」とは、地域間の物価の格差負担を少なくするため、勤務地によって給料を割り増しにする手当です。

もともと、国家公務員で東京から地方に転勤した人に対する「お手盛り」がルーツのようなんですが、街の規模(=人口)によって割り増し手当がつくというものです。

これは、都会地のほうが物価が高いことが前提になってるんですけど、今は住宅費以外は都会地のほうが物価は安いように思うんですけどね。

「都市手当」とも呼ばれるこの手当、会社によっては20%もの割り増しがつく場合があり、これが東京の賃金を引き上げている要素のひとつになっているのです。

 

さまざまな機会がある

特に全国展開している大企業に当てはまることですが、東京本社で勤務していると、他のエリアにある支社・支店などとは、まったく違う仕事ができるチャンスがあります。

なかでも、本社の企画や開発系の仕事は、支社・支店ではできないものです。

 

さらに言えば、本社で決めたことを、全国の支社などで一律で行うわけですので、東京以外の支社勤務だと、どこにいてもやることは同じとなるのです。

(多少の地域特性は加味されるんでしょうけど)

また、東京では多くの人が働いていますので、やはり多くの出会いがあり、出会う人の幅は広くなります。

 

相対的に優秀な人が東京に転勤してくるので、その人たちとの出会いから多くの刺激を受けることができます。

あわせて、お金さえあれば何でも手にはいりますし、遊ぶ場所も山ほどあります。

 

スポーツやコンサートなどのエンターティメント系なんかも、必ずといって良いほど東京で開催されますしね。

どこかに出かけるにしても、朝は4時台、夜は25時を過ぎても電車やバスは走っていますし、新幹線や飛行機を使えば、どんなに遠方であっても時間距離は短いです。

 

東京で仕事をするデメリット

人が多すぎる

とにかく人が多いです。

なので、どこに行っても、何をしても混んでいます。

(休日のスーパー銭湯なんか、芋の子を洗うような状態になってます・・・)

なかでも、通勤電車がメチャクチャ混みます。

大阪や名古屋などでも通勤電車は混雑していますが、東京の通勤ラッシュは混雑する区間の数や時間がものすごく多いのです。

 

朝の6時台の電車でも、路線によっては混んでいて座れず1時間立ちっぱなしということもあります。

ピーク時の山手線や主要地下鉄は、2分に1本の間隔で電車が来るのに、どれも超混雑しているので、何本か見送らないと乗れないことも。

 

ちなみに、埼玉県、千葉県、神奈川県から、学生も含めると、毎日、それぞれ100万人近く(計289万人)が東京都に通っているんです。

オフィスの多い東京の千代田区は、夜間人口(≒住んでいる人の数)は58,000人ですが、昼間人口(≒働いている人の数)は853,000人。

千代田区だけでも、毎日、区外から800,000人が流入してきているのです。

 

鳥取県の全人口が600,000人弱ですから、これが、どれだけすごいことか・・・。

そりゃぁ、電車も混みますよね。

 

住宅費が高すぎる

東京は物価が高いというイメージがあるかもしれませんが、むしろ地方よりも安いのではないでしょうか。

店同士の競争が激しいので、生活必需品など、どこにでも売っているものはすごく値引きされています。

ただし、確実に高いといえるのは「土地」が直接、絡むもの。

 

一番は、住宅費。

とにかく、家やマンションは買うのも借りるのもバカ高いです。

神奈川県、埼玉県、千葉県から毎日289万人も通っているのは、住宅費に起因するいわゆる「ドーナツ現象」が起きた結果ですが、これら隣県の住宅費も既にとても高くなっています。

また、土地代がモロに影響している飲食店やホテルも高い店が多いですね。

 

東京で働く良いとも悪いとも言えないこと

情報が多い

東京にはさまざまな情報が集中しています。

たくさんの情報を得ながら仕事をすることに喜びを感じるのであれば、とても良い環境なのですが、情報の量と質、そして、スピード感が求められるのが苦手だと言う人にとっては、とてもつらいでしょうね。

また、情報感度が高い人ほど、情報に振り回されるキライはありますよ。

 

仕事で高いレベルが求められる

一概には言えないのですが、やはり、仕事の質・量とも、東京では高いレベルが求められると思います。

特に全国展開している会社の東京本社に勤務している人は、全国各地のエース級だった人たちが、引っ張り上げられている場合が多いです。

 

会社の優秀な人たちが集まっている中で、彼・彼女らと張り合っていくには、やはり、仕事や処世術において、それなりのレベルは求められるでしょう。

高い能力を持っている人やバリバリと仕事をこなしていきたい人にとっては、たくさんの刺激とチャンスがあって、充実した会社員人生が送れます。

でも、そうではない人にとっては、きっとイヤな毎日となるでしょうね。

 

おわりに

以上、東京で仕事をすることのメリット・デメリット、そして、一概に良いとも悪いとも言えないことを記しました。

東京で働くということは、刺激がありチャンスもあるけれど、ストレスも高いということ。

東京での転職を検討されている方は、こういったメリット・デメリットを知ったうえで判断されるとよいでしょう。

 

 

では、また。