入って大後悔した福島県湯本駅近くのとってもガッカリのおすし屋

出張で福島県の湯本温泉に泊りました。

何時にチェックインできるか分からなかったので、宿は朝食付きプランとし、夕食は外で食べることに。

で、入ったのが湯本駅から旅館に向かう国道沿いにあるおすし屋さん。

外観は結構、小洒落た感じでしたし、何より海の近くだから魚はおいしいだろうと期待は高まります。

(出張が決まってから、お寿司を食べようと「食べログ」をチェックしたら、評価は3点台後半とまあまあでしたし)

 

ところが、店に入ったら、とっても残念なことの連続攻撃を受けまして・・・。

「怒り」というよりは、「これはしょうがないんだろうな」というあきらめの気持ちを感じつつ、最後のほうでは、「こんな店に入った自分がバカだった」と半笑いになっておりました(苦笑)。

 

ということで、今回のエントリーは「行って大後悔した福島県湯本駅近くのとってもガッカリのおすし屋」の紹介です。

 

*重箱の隅を突っつくような辛口コメントが多いので、読んでもあまりおもしろくないと思いますし、イヤな気分になるかもですので、閲覧注意ということで。

あと、営業妨害とならないよう店名は書きませんが、写真にはちょっとヒントが入ってます。まあ、近くに行けば「ああ、この店だ」ってすぐにわかると思いますけど。

 

<関連記事>

すし屋の外観はファミレス風

国道沿いに建つ一軒家のおすし屋。外観はベージュの塗り壁に黒い外板が施された小洒落た感じでした。

パッと見、高級感はありますが、いかにもファミレス風。

だったので、「もしかしたら・・・」と悪い予感はしたものの、食べログの評価を信じて中に入ることに。

(この店に到着するまでに、食事ができる店がほとんどなかったというのもあります)

 

店に入ると高校生のアルバイトらしい女の子が、

「カウンターにしますか?個室にしますか?」

と聞いてきたので、個室をお願いしました。

ここから、ガッカリのオンパレードのスタートです。

 

明るいけど掃除が行き届いていない個室

個室に案内されて、すぐに感じたのが、部屋がとっても寒いこと。

店内はそうでもなかったのに、個室のドアを締め切っていたからでしょう、部屋の中は、寒々としていました。

 

個室は、4人用のテーブル席で、まあまあの広さでした。

でも、4つの椅子がバラバラに置かれたままで、この時点で、

「アレレ?」

の追い討ちとなりました。

 

メニューがファミレス

さて、料理を注文しようとメニューを開くと、

 

うん、やっぱりファミレスのメニューですね。

しかも、けっこうな値付けがされています。

これは危険かもという思いから、すしだけを注文するのはやめて、お蕎麦と天ぷらのセットにしました(部屋の中が寒かったので、温かいものを食べたいという気持ちもありましたし)。

 

トイレに行っている間にお茶が置かれていた

で、これまた高校生のアルバイトっぽい男の子にメニュー表を開いて注文をしたら、

「わかりました」

と言って、そのまま部屋を出て行きます。

メニューを閉じて片付けることなく、しかも、個室のドアは数センチ開いたままです。

 

しかたなく、自分でメニューを閉じてテーブルの横のほうに片付け、トイレに行くことに。

トイレは、壁や床にナニを巻き散らかされてるんでしょうか、アンモニア臭がこもっていました。

なのに、マウスウォッシュや脂とり紙なんかのアメニティがすごく充実してたのには、笑ってしまいましたけど。

 

そして、トイレから戻ると、なんと、その間にテーブルにお茶が置かれていたのです。

私の感覚では、お客がいない間に個室に黙って入るのはご法度、そんなことをしたら店員は盗人扱いされても仕方ないと思うのですが・・・。

これって、気にしすぎなんでしょうか、ね?

 

「こりゃ、やっぱりダメだ」と思いつつ、お茶を飲むと、これまた異常にぬるいんですよ。

 

店の荒探しスタート

ダメな店に入ってしまったと感じた私は、ついつい、店の荒探しをしてしまいます。

 

そしたら、やっぱりダメなところがいくつか見つかりました(苦笑)。

あえて書くのもアレなんですが、一応、報告しておくと、

  • テーブル上の爪楊枝入れは器だけで、中身は空っぽ
  • 空っぽの器の中にはゴミとホコリが溜まっている
  • テーブル上のガリは、半分くらいで補充されていない
  • 醤油はボトルのまま置かれている
  • ティッシュの箱がテーブルの上に置かれている(ラーメン屋かよ?)
  • 天上の通風孔は、ホコリが溜まっていた(だから部屋の中は寒い?)

ざっとこんな感じでした。

 

ティッシュボックスや醤油のボトルは、まあ、仕方ないにしても、それ以外はホント、お粗末。

部屋の管理が全然なされてないなって思いましたね。

 

料理が最悪、クッソまずい!

で、しばらくしたら、

「ドン!ドン!」

と力強すぎるノックとともに、さきほどの男の子が料理を持ってきてくれました。

それが、こちら。

 

パッと見、おいしそうでしょ?

でもね、この料理、最悪でした。

ほんと、クッソまずいことと言ったら・・・。

 

激マズ寿司

まずは、お寿司。

一皿100円の回転寿司よりレベルが低い代物。

スーパーでパックで売られている握られてから時間経過しすぎ、冷蔵庫で冷やされすぎのお寿司と変わらないもの。

 

ネタは鮮度の「せ」の字も感じられず、シャリの握りはカチコチ、おまけに、貝には海苔の破片のようなも緑色のちっちゃなものがくっついていました。

はっきり言って「この寿司、素人が握ってるのか?」と思ったくらいです。

(もしかしたら、本当に高校生のバイトが握ってたりして・・・)

 

ボリュームあるマズイ天ぷら

天ぷらもお粗末でしたね。

大ぶりのエビが3本にナスにシシトウとボリュームはありました。

外のころもはサクサクなんだけど、中までしっかりと火が通ってないためか、中途半端な揚げ状態で、ナスはべチョべチョ、エビはねちゃねちゃして歯にくっつくんですよね。

 

この時点で「完敗確定!」

なんでこんな店に入ってしまったのかと大後悔しつつも、なんかオモシロくなってきて、せっかくだからブログに書こうとメモを取り始めました。

すると、もっと変なことが起きないかな、と期待してしまうんですよね。

もちろん、腹立たしさはとっくに消えていましたよ。

 

最悪のそば

そばも最悪でした。

テーブル上はもちろん、配膳されたときにも、七味がなかったので、持ってくるようにお願いしました。

 

で、そばを食べようとしたら、なんと、丼の中ではそば同士がくっついています

今どき、立ち食いそばや安い学食でも、こんなくっ付いた麵を出す店なんてないと思っていたら、ここにあったんですね。

 

麵は、その辺のスーパーで売っているような茶そば風。コシはまったくなく、そばの風味はゼロです。

 

もちろん出汁もダメ。

たぶん、市販のめんつゆを割っているだけのものでしょう。

しかも、今となっては期待を「裏切らない」ぬるさです。

デザートのシュークリームもどきも、やっぱり、まずかったです。

 

会計は「JBCカードで」

ひとあたり、サーブされた料理のクッソまずさを堪能して、一服つけた後、会計をしてもらおうことに。

テーブル会計なので呼びボタンを押しました。

 

すぐにバイトくんがやってきたので、会計を伝え、

「カードは大丈夫?」

と聞いたところ、彼は困った顔になって、

「しばらく、お待ちください」

と、今度は部屋のドアを全開にしたまま、確認しに行きました。

 

で、戻ってきて、

「VISAか、JBCカードだと大丈夫です」

というので、

「え?JBCカード?

と聞きなおすと、

「しばらくお待ちください」

と再確認に行こうとしたのです。

 

あぁ、さすがにこれは大人気ないなと反省しつつ、彼を止めて、

「いいよ、いいよ、出口のほうに行くから、会計はそこでして」

と言いました。

 

会計では、店長のバッジをつけたおじさんが対応してくれて、私が持っていたマスターカードは、問題なく使えました。

ちなみに、あんだけクッソまずい料理のくせに、2,000円以上のお値段でした。

新手のボッタクリかよ?って思いましたね。

 

この店長に、店の問題をいくつか教えようかとも思ったのですが、私自身、二度とこの店に来ることはないので、どうでもいいやとスルーで退店しました。

 

おわりに

入って大後悔したお寿司屋。

今回は、初めは店に対して腹立たしさがありましたが、次第におもしろくなってきたし、何より話のネタをもらえたので、まあ、良かったといえば良かったのです。

 

でも、話のネタにするとかブログに書くとかがなく、例えば家族旅行なんかでこの店に入ってたとしたら、「看板に偽り大有り!」とかなり激怒してただろうと思います。

(店の看板には、「日本一のなんたら」といった、ごたいそうなキャッチコピーが書かれていましたので)

 

それと、食べログ。

「食べログ」の評価は、サイト側が利益をあげるために意図的に操作しているとの疑惑がありますが、割と信頼性は高いと思っています。

でも、この店に関しては、まったくの大ハズレ、ダメダメでした。

 

あと、旅行ついでにこの店に立ち寄った人が、かなり良いコメントを書いています。

が、これらは「やらせなの?」って思わずにいられないですね。

あるいは、せっかく入った店だから、何らかのコメントは書きたいし、書く以上は褒めないとヤバイかな、という心理がはたらいているのか。

(それとも、本当にうまいものを喰ったことがない奴らが書いているのか・・・って、あのクッソまずさから考えたら、それはないですね)

 

まあ、何にせよ、外食でこんなにクッソまずいメシを食べたのは、いつ以来かわからないくらい久しぶりでしたので、ネガティブ記事ではありましたが、書かせていただきました。

 

うまい寿司屋の記事はこちら

築地場外市場にある「安くてうまいすし屋」をおすすめされて行ったら本当に安くてうまかったので大満足してそのまま築地場外・場内をブラブラしてみた
ラノベみたいな記事タイトルを付けてみました(笑)。 内容はタイトルのまんま、築地場外市場に安くてうまいすし屋さんがあるとおすすめされて行ったら、本当に安くてうまかったので大満足して、あわせて、市場の場外・場内をブラブラしてきた...

 

自宅で出来るうまいマグロ丼の記事はこちら

マグロ・アボカド丼を作りました
今、何かと話題の築地市場。 知り合いの知り合いが築地で仕事をしているので、たまに直接買い付けをお願いしています。 今回、購入したのは、鮭の切り身、ゆでタコ、そして、中トロのサク。 今日はこのうち、中トロを使って、マ...

 

湯本温泉の記事はこちら

出張で福島県の湯本温泉を楽しんできた
出張で福島県の湯本温泉に行ってきました。乗ったのはこちら。常磐線の特急「ひたち」です。実は私、特急「ひたち」に乗ったのが今回が初めて。出張とは言え、ちょっとした旅行気分です。宿泊地の湯本温泉。本当の目的地は、まだまだ先ですが、こちらで前泊す

 

がっかりの観光地の記事はこちら

正直、熱海ってどうよ?と思った話(がっかりしたネガ感想多し)
熱海、観光地としての衰退と復活 静岡県熱海市。 東京からほど良く離れた温泉地である熱海は、昔は新婚旅行のメッカとして、また、高度経済成長期には手軽な社員旅行の行き先でした。 旅行ニーズの変化に伴って、どんどんと客足が離れて...
宮古島の微妙な観光資源|廃墟のような「うえのドイツ文化村」とバカ殿ばりの白塗り警官「宮古島まもる君」
宮古島旅行記第三弾は、現地で出会った微妙な観光資源について記します。 「砂山ビーチ」に「東平安名岬」、3つの大橋などなど宮古島は見どころがいっぱいです。 とはいえ、やっぱり少々残念な観光地もあり、2日目に行った「西平安名...

 

では、また。

 

旅行・お出かけ記事

旅行・おでかけ記事一覧

 

グルメ記事

 グルメ記事一覧