奥多摩・高水三山はハードな場所もある初心者に絶好の登山コース

 

関東近辺にお住まいの登山ビギナーにおすすめのコースで、奥多摩の高水三山をご紹介します。

高水山、岩茸石山、そして、惣岳山の3つを総称して高水三山と呼ばれています。

いずれも標高700m台、登山道はしっかりと整備されていて、奥多摩の縦走を楽しめる人気コースです。

が、ところどころ急な登りや岩場など、決して侮れない山なんですよ。


出典:ハイキングマップ(奥多摩エリア)

高水三山の登山コース

高水三山の登山は、JR軍畑(いくさばた)駅か御嶽(みたけ)駅を拠点にする、走行キョリ約9kmのコースです。

標高差は、およそ550m、歩行の目安時間は4時間といったところ。

往復とも駅からバスを使わずに登れるのと、程よいキョリで登山を楽しめる人気のコースです。

軍畑駅と御嶽駅、もちろん、どちらから登ってもOKですが、軍畑駅から登る人が多いようですね。

このルートだと、はじめの間は緩やかな車道の登りが続きますので、足慣らしにちょうど良いですね。

 

御嶽駅からスタート

私が登ったのは、御嶽駅から。

駅のすぐ隣に「慈恩寺」というお寺があり、そちらの境内を抜けると登山道の入り口があります。

いきなり急な登りからのスタートになります。

ヒーヒー言いながら登っていくと、木と木の間にしめ縄があります。

その先に登山道が見えているのですが、

「しめ縄の下をくぐって、進んでもいいのかな?」

と、そのまま左側の斜面を登っていきました。

ところが、これが大きな間違い。

枯葉が積もりまくった道のない斜面を、まるで這うようによじ登るはめに。

上りきったところが登山道だったので、結果的にはショートカットできたのですが・・・、正解はしめ縄の下をくぐって進む道でした。

 

高水三山・惣岳山に到着

そこからしばらく進むと、一番目の山頂、惣岳山に到着。

山頂は、神社になっていて、広々としていましたが、まわりは杉木立のため、見晴らしは全然よくありません。

ここから、高水山頂まで、それなりのアップダウンはありますが、尾根道の縦走が楽しめます。

道中、西武ドームに、新宿の高層ビル群も見ることができます。

惣岳山から岩茸石山へ

次いで、目指すは岩茸石山。

名前のとおり、山頂まではちょっとした岩場で、両手を使わないと登れないくらいのレベルです。

山頂は視界が開けていて、奥多摩の山並みが楽しめます。お昼ごはんを食べるのに、丁度いい場所ですね。

岩茸石山から高水山へ

岩茸石山山頂から、岩場を下って、またまた登山道を進みます。

道中、何人ものトレイルランナーとすれ違ったり、追い抜かれたり。

こっちは歩いていても、ハァハァいっているのに、ガッツリと走っているのには、いつも本当に驚かされます。

そして、高水山頂に到着。
ここも、とても見晴らしがよく、大岳山や御岳山が見えます。


そして下山は、急な下り。
高源寺を過ぎると、軍畑駅までは車道を歩いていきます。

高水三山、迷ったせいもあってか?予想以上にハードでしたが、ここも奥多摩の山歩きを楽しめる絶好のコース。

 

高尾・奥多摩関連記事です!

 

では、また。

<<登山関連記事紹介>>

登山コース紹介記事へGO!

登山グッズ紹介記事へGO!