登山するなら絶対に必要な7つの道具とは?

 

 

登山グッズって、本当にたくさんあって、登山初心者には、何が必要で、何が必要ないか、イマイチ、分からないものなんですよね。

そこで、こちらでは、登山するなら絶対に必要なものとして7つの道具をご紹介します。

登山靴

まず、いの一番にあげられるのが登山靴。

整備されたコースでの軽いハイキングであれば、スニーカーでも事足ります。

でも、それ以上の岩場やガレ場(ガケが崩れて、岩石がゴロゴロしている場所)になると、ちゃんとした登山靴は必須アイテムです。

 

軽登山用から、雪山を想定したガッツリしたものまで、また、素材も本革、ゴアテックス等さまざまなものがあります。

初めての人は、軽登山用の靴底が少し柔らかめを選ぶのが無難です。

登山靴は、同じサイズでも、メーカーによって、また、品番によって全然違います。

必ずしっかりした登山ショップで、店員さんのアドバイスを聞いたうえで、何足も試し履きをしてください。

その際、色やデザインは二の次にして、自分の足に一番しっくりくる登山靴を選んでくださいね。

 

ザック

容量の目安は、日帰りで15~30L、山小屋1~3泊で30~40L、テント泊では60Lです。

日帰り登山でしたら、日常的に使っているデイパックでも用は足りますが、できれば登山用のしっかりしたもの、容量は少なくとも30から40Lのサイズのザックを買うと良いですよ。

ザックも男性用・女性用を初め、さまざまな型がありますが、背負うものというより、着るものという感覚で選んでください。

それと、ウエストベルトはできるだけしっかりしたものを。

ザックの重みを肩よりも腰骨にかかる分を大きくできるので、背負っていてとても楽になりますから。

 

レインウエア(雨がっぱ)

日帰り登山で明らかに終日晴天といったときなど、持って行っても使わないことが多いものなのですが・・・、それでも、レインウェア(雨がっぱ)は必ず持っていくものに加えておきます。

というのも、山の天候はいつ何時、どう変わるか分かりませんので、下界で晴れていても山中は土砂降りといったことは、よくあるのです。

そんなとき、レインウェアがないと、とても危険な状態になりかねません。

 

レインウェアを着ていると汗で蒸しますので、選ぶときに重視したいのは、その通気性です。

理想はゴアテックスの製品なのですが、金額が高いモノばかりなんですよね。

今は、ゴアテックスに近い高い通気性をもったレインウェアが比較的安価で手に入りますので、まずは、そちらで十分でしょう。

なお、ポンチョは吹き上げるような雨風では、まったく役に立ちませんので、レインウェアの代わりに買っても後悔すると思いますよ。

 

ヘッドランプ

山の中では、思いの外、日暮れが早いものです。真冬だと、午後2時を回ると薄暗くなってくることも。

万一、道に迷ってしまい、予定より遅れている間に日が暮れると、あたりは真っ暗で身動きが取れなくなります。

日帰り登山でも必ず持っていきましょう。

 

地図とコンパス

ガイドブックについている地図やネットの地形図をプリントアウトしたものでもいいので、必ず持って行きましょう。

登山道がしっかり整備されているところだと、地図を使わないことも多いのですが、万が一のことがありますからね。

 

飲み物(水)

水は絶対に欠かせません。

個人差はありますが、日帰り登山でも最低1Lは用意しておくべきです。

市販のペットボトルのままでも十分ですが、保温のできる軽めの水筒を持っていると、冬場は重宝しますよ。

また、水の代わりにポカリスエットなどのスポーツドリンクを飲まれる人は、少し水で薄めて飲むと良いですよ。

 

食べ物

登山中にエネルギーがなくなることを、シャリバテと言います。

シャリバテになると、びっくりするくらい急に身体が動かなくなってしまいます。

基本、食べるものだったら何でもOKですので、かならず持って行きましょう。

万一のときの非常食となる、チョコレートやナッツ、ドライフルーツなど、カロリーの高いものを準備しておくといいですね。

 

以上、登山に絶対必要なものを7つご紹介しました。

できれば登山用のウェアを揃えたいところですが、まずはご紹介した7つの道具はゲットしてください。

これさえあれば、十分、山登りを楽しめますよ。

 

こちらもどうぞ!

 

では、また。

<<登山関連記事紹介>>

登山コース紹介記事へGO!

登山グッズ紹介記事へGO!