登山必須アイテムのレインウェア(雨ガッパ)は防水性と透湿性で選ぼう

 

登山の必須アイテムのひとつレインウェア(雨ガッパ)。

それなりにかさ張るものだけに、登山に行くとき降水確率0%の予報が出ていると、持参しようかどうしようかと迷うものです。

それでも、レインウェアは必ず持って行きたい必須アイテムです。

 

レインウェアはしっかりしたものを

とにかく、山の天気は変わりやすいもの。

山に風が吹きあたり、そこで雲が発生すると、下界は晴れていても、山中は雨になります。

レインウェアを持っていなければ、ビショ濡れになってしまいます。

濡れた身体で風に吹かれると急激に体温を奪われます。

いつ、天気が急変するかわからない山中、レインウエアは必ず持参しましょう。

 

私は登山を始めたころ、100円ショップで売っている雨ガッパを持って、山に登ったことがあります。

雨に降られて着用したのですが、とても動きにくいうえにスキマが多いので、雨がっぱを通して水が入ってきて、着ていた服は雨でビショ濡れになるという経験をしました。

そのときは、身体は冷え切ってしまったので、大事をとって途中で引き返しました。

その日以降、登山の際には、必ずしっかりとしたレインウェアを持参しています。

 

セパレートタイプのレインウェアを

山中の雨は、風を伴うものです。横なぐりの雨、あるいは、下から吹き上げてくる雨もあります。

そんな中、特に女性でポンチョを着用している人を見かけますが、ポンチョだと横や下から吹き上げる雨には対応できず、下半身はもちろん上半身もビショ濡れになることも。

なので、レインウェアは全身、しっかりと雨から防御できるセパレートタイプを用意しましょう。

これだと、雨天時はもちろんですが、雨が降っていなくても、防寒着やウィンドブレーカーとして、使用することができますよ。

 

防水と透湿の両面から

レインウェアは、外側の水が中に入らないことが大事なのは言うまでもありませんが、中の水分を外に逃がす機能も大切です。

レインウェアを着ていると、とても汗をかきやすくなり、蒸れてきます。

これは、気持ちの良いものではありませんし、急に気温が下がると、体温を奪っていきますので・・・。

防水性と透湿性の両方を兼ね添えた素材としては、「ゴアテックス」が有名です。

が、かなり値段が高くなるのが難点・・・。

「ゴアテックス」以外にもすぐれた素材がたくさんあり、登山用品のメーカーは、さまざまな商品を販売していますので、いろいろとチェックしてみると良いでしょう。

 

その他の機能

レインウェアには、ファスナーが水が入らない「止水ファスナー」や、ムレを防ぐ「ベンチレーター」などの機能もあります。

ズボンのすそがチャックになっているものは、登山靴を履いたまま、ズボンをはけるので、とても便利です。

レインウェアのサイズは多少ゆったりめを選ぶと良いですよ。

 

また、レインウエアの上着の色は、目立つ赤・黄色・青がよいとの考えもあります。

目立つ色合いだと、パーティーで登山している際に、仲間を見失うことは少なくなり、万一、遭難したときも、見つけてもらいやすいという理由からです。

こちらは、仲間たちと登ったときの写真です。

当日はあいにくの雨で、皆、レインウェアを着こんでの登山でした。

こうやって見ると、赤・黄・青、それにオレンジ色のレインウェアを着ている人ばかり、やっぱり目立ちますね。

(一人だけ、黒ですが・・・)

登山中、レインウエアは、上下別々にして、リュックの取り出しやすい場所に上着を入れておくと、急な雨にも対応しやすいです。

あわせて、折りたたみ傘を持っていると良いですよ。

 

おすすめのレインウェア

レインウェアの価格は、ゴアテックスで20,000円以上、その他の素材では10,000円代が中心となっています。

縫い目の防水や造りなどは、登山のブランドであれば、どこもしっかりしていると思いますよ。

*もちろん、お高いものは良いのでしょうけれど、上を見れば、キリがないですから・・・。

登山仲間が持っているレインウェアのメーカーは、「ノースフェイス」と「モンベル」が多いですね。

 

ノースフェイス

 

モンベル

 

 ヘリーハンセン

ちなみに、私はヘリーハンセンを所有しています。

以前使っていたレインウェアに比べてあまりムレないし、価格もまあまあなので気に入っています。

 

こちらもどうぞ!

 

では、また。

<<登山関連記事紹介>>

登山コース紹介記事へGO!

登山グッズ紹介記事へGO!