登山靴を買うときに押さえておきたいポイントと登山ショップで買うときの流れ

 

登山にはたくさんのアイテムがありますが、その中でも登山靴は、最重要アイテムといえます。

山に入ったら命を預ける最もたいせつなもの。

金額も決して安くありませんし、何より一度買ったら長く履き続けるものだけに、妥協することなく、良いモノを選びたいですね。

初めて登山靴を買うときは、できるだけ以下のポイントを押さえて、ご自身にピッタリの登山靴を見つけて下さい。

 

登山靴を買うときのポイント

登山専門店で買う

どの登山靴にするか、最後に決めるのはもちろん自分なのですが、知識の豊富な店員さんにアドバイスをもらいたいもの。そのためには、必ず登山専門店で買いましょう。

大型のスポーツショップでも、しっかりとした登山コーナーがあればOKです。

複数の店を訪ねる

品揃えや価格もありますが、最大のポイントは、店の方針と店員さんの質

複数店を巡ると、その違いが分かります。

良心的な店・店員は、こちらの要望をしっかり聞いて、それにあったものを提案してくれますが、そうでない所では、オーバースペックとなる高いものを、やたらにすすめてくるところも。

こんな店は、品物の扱い方がぞんざいであったり、商品知識が乏しかったりしますね。

せっかく買うのだから、しっかりとしたお店で気持ちよく買いたいものです。

登山靴は何足も試し履きをする

登山靴を初めて履くと違和感があります。

登山靴自体は重いですし、靴底は堅く靴ヒモをきつく縛り上げますので、相当、窮屈な感じがします。

ミドル・ハイカットは、なおさら歩きにくいと感じることでしょう。

それでも、履いたまま店の中を歩き回り、何足も脱いだり履いたりしていると「登山靴とは、こういうもの」と慣れてきます。

すると、それぞれの靴の違いがわかるようになってきます。

こうなると、自分にフィットする・しないという感覚がわかりますよ。

あと、大切なのは「納得がいくまで試し履きをする」こと。

登山靴はそれなりに高価なものですし、一度買ったらしばらくはき続けるもの。

なので、履き心地が「あまりしっくり来ないなぁ」と感じたら、妥協しないようにしてくださいね。

メーカーやデザインで選ばない

せっかく買う登山靴、お気に入りのメーカーやデザインで選びたいものです。

でも、ここは我慢。

とにかく優先すべきは、自分にフィットする・しないという感覚、そして、機能です。

多少、デザインに満足がいかなくとも、自分にフィットするものであれば、履いてるうちに、愛着が出てくるものです。

 

登山ショップで登山靴を買うときの流れ

以下は、私が初めて登山靴を買ったときの流れです。

買ったのは、かなりガチの登山用品専門店。

ビギナーの私にとって敷居が高く感じたのですが、店員さんがすごく丁寧で、とっても満足のいく登山靴をゲットできました。

場所は東京・池袋の「秀山荘」というお店です。残念ながら今は池袋店は閉店されています。

店員さんに要望を伝える

まず初めに、自分の登山レベル、登りたい山、予算を伝えます。

私は具体的には、

  • 初心者である
  • 予算は2万円前後
  • 登山道のしっかりしている山の日帰りか山小屋泊
  • 当面の目標は富士山登山

と伝えました。

サイズを測ってもらう

足裏を型どった板の上に足を乗せて、足のたて・よこ・高さのサイズを測ってもらいました。

その結果、自分のタイプは、足の甲が高く、幅が広い「甲高幅広」だということが分かりました。

商品を複数、提案してもらう

自分の足のタイプがわかったところで、店員さんから、

  • 靴底は、固めのしっかりしたもの
  • 素材は皮革よりも、ゴアテックス
  • ハイカット

が望ましいとのアドバイスをもらい、甲高幅広で予算前後のものをいくつか提案してもらい、ぱっと見て良いと思ったものを4つチョイスしました。

なお、店員さんから提案あれた登山靴の中に欲しかったメーカーのものが入っていなかったので聞いてみたら、

「お客さんの足型だと厳しいと思う」

と言いつつ、試し履きさせてくれました。

結果は・・・、もちろん、フィットしなかったので、欲しかったメーカーの登山靴はあきらめました。

登山靴の試し履きをする

出してもらった登山靴4つを以下の流れで、試し履きをしました。

  1. 履いていたソックスの上から、厚手の登山用のソックスを重ね履きします(お店が貸してくれます)。
  2. 靴の中に足を入れて、靴の内側先端につま先が当たるまで入れます。
  3. このときに、かかと側に指1本分の余裕があるかをチェックします(これより広くても狭くてもダメだそうです)。
  4. 足を靴のかかと側に寄せてから、紐を締めていきます。全体的にきつめにし、特に足首のところは強く締め上げます
  5. 店内を歩いたり、斜面台、石台(台に大きめの石が埋められていて凸凹になっている)、丸太台(細めの丸太が組み合わさっている)の上を歩いて、フィット感をチェックします。

このような試し履きを1足あたり、5分以上かけて行いました。

登山靴のチェックポイント

試し履きでチェックしたのは、

  • 全体的にフィットしているか
  • 強く当たっているところはないか
  • かかとが靴の中で浮き上がらないか
  • 下りでつま先に余裕があるか

などです。

足と登山靴が一体となっていて、違和感がないかを確認するといったところでしょうか。

最終選択

試し履きしたうち、2つは横幅が狭くてNG。

他の2つはどちらもピッタリとフィットしたのですが、持ったときの質感とか、足を入れた瞬間の感じのよさが、全く違ったのです。

もちろん、お高いほうが良い感じ・・・。

少しだけ予算オーバーとなりましたが、迷うことなく大満足の決定!となりました。

それが、こちら!

*写真、くたびれていてすみません・・・。 キレイなのは、↓から

 

ちなみに登山靴を選んでいる間、店員さんからは、「こっちが良い」とか「あっちはダメ」みたいなセールストークは一切なく、

気に言ったモノがみつかるまで、遠慮なく何足でも試してくださいね

と言ってもらえました。

 

「甲高幅広」向けの登山靴は

店員さんによると、日本人は比較的「甲高幅広」の足型が多いそうです。

この足型に適している登山靴は、上記の「シリオ(Sirio)」を筆頭に、「LOWA(ローバ)」、「Salomon(サロモン)」などのメーカーが、種類が豊富とのことです。ご参考まで。

Sirio

LOWA

Salomon

 

登山靴の扱い

商品が決まると、そのまま会計をして退店となるのが普通ですが・・・、登山靴の履き方のおさらい、手入れの仕方、保管の仕方、ソールの交換の是非などを丁寧に教えてくれました。

そのときに店員さんから、

箱の中に閉じ込めたりせず、せめて、月に1回は、街中でも良いから履いてあげてくださいね

と言われました。

そして、退店時には、ありがとうございましたの言葉とともに、

どうぞ、大事に使ってあげてください

とまで言われました。

このお店で、この店員さんから買ってよかった~って、本当に思いましたね。

登山靴を買うときは、ぜひ、何軒も登山ショップを回ってみてくださいね。

 

こちらもどうぞ!

 

では、また。

<<登山関連記事紹介>>

登山コース紹介記事へGO!

登山グッズ紹介記事へGO!