ギネスも認めた世界一の山「高尾山」

高尾山。

年間の登山者数がおよそ270万人と、世界一登山客が多い山としてギネスブックに認定されています。

そして、世界のレストランや観光地などで、優れたところだけを紹介するミシュランでも、三つ星で載っているのです。

誰でも名前を知っている、そして、関東近辺で育った人なら、学校の遠足などで、一度は訪れているだろう超メジャーな山、高尾山。

これから登山を始めようという人は、「えぇ?今さら高尾山?」なんて言わず、まずは手始めに登ってみてはいかがでしょうか?

 

高尾山の魅力

都心から近い

高尾山の第一の魅力は、なんと言っても都心から近いこと。

新宿から京王線に乗ると、登山口となる高尾山口駅まで50分足らずで到着できます。

そこから、高尾山の登山口となるケーブルカー・エコーリフトの乗り場まで、歩いて5分くらいです。

あらゆる施設や設備が整っている

ギネスブックやミシュランで認められるほどの一大観光地ですので、高尾山にはありとあらゆる施設や設備が整っています。

山上までは、ケーブルカーやリフトで登ることができます。

山上には、たくさんの売店におみやげ物屋、ビヤガーデンまで営業しているのです。

高尾山の麓には、日帰り温泉もあって、本当に充実しています。

そして、山に登るときに一番気になるのトイレですが、とてもキレイなトイレがたくさん整備されているので、安心です。

見晴らしが良い

高尾山の標高は599mと決して高くありません。

でも、山上から見下ろす景色はとても良いですよ。

ケーブルカー・リフトをおりてすぐの場所にある「霞台展望台」からは、横浜までが、一号路・表参道コースの途中にある「金比羅台展望台」からは、東京の都心を眺めることができます。

そして、「山頂展望台」からはあの「富士山」をはっきり見ることができるのです。

都心から1時間足らずで、高尾山の山頂はもちろん、登山道の途中からも、とても素晴らしい景色を眺めることができますよ。

 

高尾山はパワースポットの宝庫

高尾山は、都心から最も近い霊山で、山上には、高尾山薬王院有喜寺(たかおさんやくおういん ゆうきじ)があります。

そして、高尾山は様々な運気をアップしてくれるパワースポットとしても有名ですね。

触ると運が開ける「開運杉(今は、直接触れないので、代わりに「開運 ひっぱり蛸」があります)」、目、鼻、耳、舌、心、体の六根をリフレッシュしてくれる「懺悔懺悔六根清浄」、願いが叶うと言う「願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり)」などなど。

他にもたくさんのパワースポットが、あちこちにあります。

高尾山のおすすめの登山コースは「稲荷山コース」

出典:高尾登山電鉄株式会社

 

京王・高尾山口駅から山頂までいくつか登山コースがあります。

その中で一番歩きやすいのは「1号路」でしょう。ここは、自動車も走れる1本道の舗装路で、ケーブルカーの高尾山駅から順番に高尾山の名所を見て回れるコースです。

でも、「登山」として登るには、このコースは少々、物足りないと思います。

 

そこで、おすすめしたいのが「稲荷山コース」

このコースは、麓から山頂まで一気に上るコースで、日頃運動不足の人にはきついかもしれません。

でも、木々の中を通る登山道では土の感触を楽しめますし、途中の見晴台からの展望もとてもキレイです。

およそ3kmの歩行キョリ。休憩を取りながら、のんびりゆっくり登っても、2時間くらいで高尾山の頂上に到着できますよ。

 

「6号路」も捨てがたい魅力があります。

こちらの登山道は、山の中を歩いている気分にさせてくれますし、途中、「びわ滝」という見所もあります。

でも、少々、足場が悪く、雨が降った翌日などは、登山道が水浸しになっていて、滑りやすいのですね。

高尾山の2度目のチャレンジで、「6号路」を登ると良いでしょうね。

 

高尾山山頂から下山へ

高尾山の山頂では、山のテッペンならではの開放感と景色を味わった後、高尾ビジターセンターをのぞいて見ましょう。

そして、その後は持参したお弁当を広げるも良いですし、売店でおそばやなめこ汁をいただくも良いですね。

下山は、薬王院をお参りし、いくつもあるパワースポットを巡ったあと、「1号路」で下りましょう。

もし、体力的につらかったら、無理せずケーブルカーかリフトで下山するといいですしね。

 

高尾・奥多摩関連記事です!

 

では、また。

<<登山関連記事紹介>>

登山コース紹介記事へGO!

登山グッズ紹介記事へGO!