無駄な回り道をせずに転職で成功するために整理すべき7つの条件

私が転職をするとき、まず初めにやったのは転職サイトでどんな転職先があるかをチェックすることでした。

「転職先って、結構、あるんだなぁ」というのが、そのときの感想。

ですが、自分自身の転職イメージがあまりに漠然としていたので、転職サイトを漫然と見るだけの日々が続いたのです。

ある日、「このままじゃあ、転職するもしないも全然進まない」ことに気付き、

  •  どのような転職をしたいのか
  •  何にこだわるのか

など、自分が希望する転職条件は何かを整理してみたのです。

 

とはいっても、どんな項目を整理すれば良いのか、そもそも何から始めれば良いのか、なかなかわからなかったため、かなり回り道をしてしまったのですが・・・。

そこでこちらでは、私自身の反省点も踏まえながら、

転職で無駄な回り道をせずに成功するための転職条件の整理の仕方

を整理してみました。

漠然と転職を考えている方、ぜひ、参考にしてください。

 

 

なぜ、転職条件を整理する必要があるのか?

まず最初にやったのは、自分はどのような転職をしたいのか、ぼんやりと思っていることをハッキリさせることです。

 

「今の会社じゃ、もうダメだ!」って転職理由がハッキリしている方は別として、「なんとなく転職しようかなぁ・・・」と考えている方は、この「なんとなく」を具体的にすることが、とっても大切です。

 

転職理由をハッキリさせることで、次にどのような情報を得なければならないかが分かってきます。もしかしたら、転職をやめようと判断することもあるでしょう。

逆に、自分の転職理由がハッキリしないと、その時の気分によって気持ちがグラグラと変わります。

 

転職理由を整理することは、転職活動の第一歩なんですよね。

そして、転職理由がハッキリすれば、それに基づいて自分の転職条件が整理しやすくなってきますからね。

 

整理すべき7つの転職条件とは?

私自身が整理した転職条件は、以下の7項目でした。

仕事内容

  •  業界
  •  職種
  •  役職

 

雇用形態

正社員か、非正社員か。

また、非正社員でも、将来、正社員化を前提とした契約・派遣社員か

 

希望の収入

  • 月収・年収の幅
  • 最低金額
  • 賞与の有無
  • 社会保険の有無・土日・休日の扱い・残業の有無

 

会社の規模・属性

  •  大企業・中小企業・零細企業
  •  日系・外資系

 

勤務場所

転居の可否

通勤時間

転勤の可否(海外赴任を含む)

 

勤務開始時期

すぐ・1ヶ月以内・3ヶ月以内・それ以上

 

その他の希望する条件

勤務時間、退職金、60歳以降の取り扱い等

 

転職条件はどうやって整理すれば良いのか?

自分の気持ちを素直に書き出す

転職条件を作成するにあたり、まずは自分の気持ちを「素直」に書いてみました。

実は、書き出すに当たって、「ここは無理かも」って、ためらったりしたんですが、それって、キッチリと気持ちの整理が出来ないまま棚上げにするのと同じだったので、ずーっとシコリとして残るんですよね。

なので、はじめから「無理」とあきらめたり、変に遠慮して条件を下げることなく、自分が思うところを素直に書き出すことからスタートすることをおすすめします。

それと、 書き出すことを「面倒くさがらない」 ようにしてくださいね。

極端な話、中身は何でも良いのでとにかく書くこと、これが一番大事です。

 

MUSTとWANTを区分する

書き出した転職条件の中には、

何があっても 絶対にこれだけは譲れない条件(MUST条件)

もあれば、

できればこうだったらいいなという条件(WANT条件)

もあります。

 

給料は最低いくら欲しいといったお金のことや、絶対にこの仕事をやりたいといった仕事の種類など、 自分として徹底的にこだわりたいMUST条件をハッキリさせておくことも、とっても大事だと感じましたね。

 

というのも、このMUST条件は、求人情報をチェックするときの最重要ポイントになるからなんです。

このMUST条件を満たさない会社は、はじめから転職先候補から外すのです。

というのも、 MUST条件で妥協した場合、仮に転職できたとしても、必ず後悔することとになります。結果、転職先で長続きしないことが多い からなのです。

 

WANT条件は、どこまで譲歩できるかを考えてみました。

転居は出来ればしたくないとか、通勤時間は短いほど良いなど、優先順位は低いでしょうから、「絶対にここまで」ときっちりラインは決めなくても大丈夫です。

例えば、通勤時間は30分以内を希望するけれど、1時間くらいまでなら妥協する、といったことですね。

MUST条件で選択を狭めている文、WANT条件の幅をある程度広めに持っておかないと、転職先が限定されすぎる(高望みしすぎる)ように感じます。

 

複数の希望があるときは優先順位をつける

ひとつの項目の中で複数の希望がある場合、例えば同じ営業でも、個店のルートセールスと法人対象の新規顧客開拓とでは全く違いますよね。

なので、一括りで営業としつつも、さらに分けて、それぞれに優先順位をつけておくとスッキリしてきます。

 

転職条件は都度見直す

こうやって順番に書き出していくと、転職条件の整理は、一旦はできました。

でも、これで終了とするのではなく、時間とともに見直していくことが大切です。

実際に転職活動を始めると、それまでまったく想像していなかったことが次々と起きるますので。

 

私自身、「自分が考えていたのとは、実際とでは、全然違う」ということが何度かありました。

それでも自分の転職条件にこだわり続けると、転職できる可能性はどんどん、小さくなっていくと感じて、都度都度、見直しを行いましたね。

妥協しすぎる必要はありませんが、現実にそって、転職条件を見直すことが必要なのですね。

 

転職コンサルタントに相談しよう

転職条件の設定についても、は大変、心強いサポーターとなってくれます。

転職コンサルタントは、「ここはもっと欲張っても良いのではないか?」、「この項目は、もっと幅を持たないと現実的には難しい」など、プロの目から見たアドバイスを行ってくれるからです。

 

絶対にこだわりたいMUST条件を見直さなければならなかったのですが、コンサルタントは、しっかりとアドバイスしてくれましたしね。

 

転職サイトも活用しよう

とは言いながら、に登録して、コンサルタントと会ってアドバイスをもらうといのは、ぶっちゃけ「敷居が高い」という方もいらっしゃるでしょう。

「まだ、そこまで真剣に転職を考えていない」という方も、多いと思います。

そのような方は、まず、こちらの転職サイトをチェックしてみてください。

 

MIIDAS(ミーダス)」は、自分が転職したら給料がいくらもらえるのか、「キャリコネ」は、たくさんの現役・元社員による会社のナマの口コミ情報が満載されているのです。

私もこの2つのサイトは、毎日のようにチェックしました。

本当に、おすすめですよ!

 

<こちらもどうぞ>

タイトルとURLをコピーしました