転職を決断する前に「今の会社では手に入れられないか?」を考えよう

会社勤めをしている人にとって、会社は日々の多くの時間を費やす場所です。

転職とは、その多くの時間を費やす場所を変えることですから、人生そのものを変えることとなりますよね。

今と未来の自分自身を変えるのに、転職はとても強力な方法と言えるでしょう。

 

しかし、だからと言って闇雲に転職に突っ走ってしまうのは考えもの。

というのも、変えるということは「手に入れるものがある代わりに、失うものがある」からです。

転職によって何が手に入れられるのか?何を失うのか?を考えることはとても大切で、そのバランスが取れていないと転職は失敗に終わります。

 

そして、さらに大切なことは、あなたが手に入れたいものは「今の会社では手に入れられないか?」を考えること。

もし手に入れられるならば、もしかしたら転職する必要はないかもしれませんよね。

 

こちらでは、転職を決断する前にあなたが望むものが「今の会社では手に入れられないか?」を考える重要性について記します。

転職には手にするものと失うものがある

転職は人生を変える大きな転機となります。

しかし、転職後の人生が絶対に良くなるという保証は、残念ながらどこにもありません。

転職によって手にするものもあれば、失うものもあるからです。

 

転職して良かったと思えるのは、自分がこだわっていた「価値あるもの」を手にしたとき。

だけど、転職によって失ったものが、手にしたものよりも大きすぎると、転職した意味はなくなります。

今、手にしたいものにどこまでこだわるか、そのために失ってもよいものは何か、これをあらかじめしっかり決めておかないと、転職しても後悔する可能性が残ってしまいます。

 

今の会社で手に入れられないか

転職を考える際は、あなた自身「なぜ転職したいのか」を深堀してください。

そして、必ず「今の会社では手に入れなれないのか」を考えてください。

手に入れられる・入れられない、いずれの場合でも、その理由をしっかりと整理しておきましょう。

これが転職を成功させる最初の一歩となるからです。

 

ひとつの会社で勤め上げる、あるいは、長く勤めることには、デメリットもありますけど、メリットもあります。

そして、勤め続けていれば少なくとも転職することによるリスクから回避できますからね。

まずは、今の会社で続けることを前提に考えてください。

ひとつの会社で長く勤めるメリット・デメリット
学校を卒業して、すぐに入社した会社で長く勤め上げ、定年を迎える。ひとつの会社で長く勤めることは、かつての終身雇用の時代では当たり前でした。そして、このような会社人生を過ごした方は、サラリーマンとして、まあまあ幸せな人生を過ごせたといえますよ

 

無条件で転職に取り組むべきとき

ただし、あなた自身が今の会社は「もう限界!」と思っているのなら、転職すべきです。

たとえば仕事内容、給料、人間関係にもう耐えられないという状況であったり、あるいは、自分自身が今の会社で将来が描けないとか、会社の業績が悪くて先行きが不安といった状況。

このように悪い状況であれば、間違いなく転職すべきでしょう。

 

今の会社で続けられないか考えるべきとき

ですが、まだ何とかする余地があれば、一度、会社で続けることを前提に、仕切りなおしをしたほうがよいかもしれません。

というのも、転職したいと思ったことが、一時的な気の迷いということもありえるからです。

仕事をしていれば、イヤなこともあれば、隣の芝生が青く見えることもあります。

そんなときに気持ちが転職に向いてしまうと、冷静な判断ができないからです。

一旦、気持ちの仕切り直しをして、落ち着いてみましょう。すると時間が解決してくれるでしょう。

 

さらに重要なのは、自分自身に問題がある場合。

自分のことは、存外に自覚できないものです。なので、自分の問題点を客観的に見つめなおすのは、とても難しいものです。

だけどこれを行わずに転職に突っ走ってしまうと、自身の問題を抱えたまま、次の転職先に赴くことになります。

すると、同じような事態が発生し、また転職を繰り返すはめになりかねませんからね。

本当に転職を決意しても大丈夫?転職理由を今一度深掘りすべきその訳とは
転職を考えている方には、もちろん転職理由はあります。それを大きく分けると、 仕事そのもの 収入 ライフスタイル 人間関係の4つに大別されます。今、転職を考えているあなたも、この4つのどれかが理由になっているのではないでしょうか?あな

 

おわりに

自分自身の成長や、会社に依存しない生き方を実現するためには、転職は非常に有効な方法です。

しかし、転職を成功させるためには、決断する前に、今の会社であなたが欲しいものは手に入れられないのか?、そして、自分自身に問題は無いかをしっかりと考えてくださいね。

 

 

では、また。

タイトルとURLをコピーしました