会社や仕事、職場の人間関係から「逃げる」ための転職はダメなのか?

転職というと、自分自身のキャリアアップや、人生設計を実現するためのものという考え方が多いように感じます。

ポジティブな攻めの転職といったイメージでしょうか。

 

一方、実際に働いていて、「今の会社ってイヤだなぁ」、「仕事がおもしろくないなぁ」、「職場の人間関係が耐えられない」と感じて、転職しようかなと検討することも多いはず。

こういった考え方は、「逃げる」転職とも言えるもの。なので、後ろ向きの姿勢として捉えてしまい、あまり良くないイメージを持ってしまいます。

しかし、「逃げる」転職って、本当に良くないのでしょうか?

「逃げる」転職は良い!

私自身、「逃げる」転職は良いと考えます。

転職そのものは、今の職場や仕事から、自分にとってより良い会社に移ることですよね。

だったら、転職の理由がポジティブなものでなくても全然OK。

むしろ、今、イヤな思いやツライ思いをしている人こそ、そんな毎日から解放されるためにも「逃げる」転職をするべきだと考えます。

 

「逃げる」転職がクローズアップされない理由

でも、あまり「逃げる」転職はクローズアップされませんよね。

その理由は単純で、転職理由が後ろ向きの「逃げる」ものだと、採用する側は敬遠するから、に他なりません。

なので、履歴書や職務経歴書、あるいは、面接の場では、転職理由は必ず前向きなものを語るようにしているのです。

 

だけど実際は、後ろ向きの転職理由を前向きな表現に変えたり、他の理由をメインの転職理由として伝えているだけのこと。

つまり、転職理由が後ろ向きの「逃げる」ためというケースもたくさんありますので、「逃げるために転職を考えている」と自分を責める必要は全くないのです。

 

「逃げる」転職のメリット・デメリット

「逃げる」転職のメリット

「逃げる」転職のメリットは、今のイヤな状態から脱出ですることに尽きます。

会社がイヤだ、仕事がツライと感じる理由は、人それぞれですよね。

例えば、

  • 会社が完全なブラック企業で、社員のことをまったく考えていない
  • 会社が不正行為を行っている
  • 会社の業績が悪くて、つぶれるかもしれない
  • 今の会社にいても出世できないし、給料も上がる見込みがない
  • 横暴な上司からパワハラのような言動が目に余る
  • 社員同士の関係が悪く、足の引っ張り合いをしている
  • 仕事が単純な作業しかなく、おもしろくない
  • 仕事がハードで能力的・体力的にキツイ

などなど。

こんな中で、毎日、イヤイヤ会社に行って仕事をしていると、本当にストレスが溜まります。

決して良いことはありませんよね。

こんな会社とオサラバすることは、「逃げる」ことかもしれません。

だけど、転職するとこういったイヤな状況から解放されるのだったら、本当に大きなメリットとなります。

逆に「逃げる」転職をしないことはイヤな毎日が果てしなく続くことですから、大きなデメリットと言えますよね。

 

「逃げる」転職のデメリット

もちろん、「逃げる」転職にもデメリットはあります。

転職することによって、何かを失う可能性があるからです。

例えば、給料が下ることかもしれませんし、労働時間が増えることかもしれません。

別の会社に転職する以上、全ての面において今の会社よりも上ということは、まずありませんので・・・。

 

でも、これって「逃げる」転職だけに当てはまるものではなく、全ての転職について言えることなんですよね。

なので、転職する際には、あなたが「絶対にゆずれないもの」は守りつつ、今、「逃げたい」ことから逃れられるかを、転職先を選ぶときの基準にすると良いでしょう。

 

「逃げる」転職の前に注意すべきこと

ただ、1点注意すべきことがあります。

それは、今の会社や職場から「逃げたい」と考えるようになった原因が、自分自身になかったかを振り返ってみることです。

もし、自分に何か問題があって、それが「逃げる」転職を考えるきっかけとなっていたとしたら、ぜひ、それを直すようにしたいものです。

そうでないと、新しい職場でも、また同じことを繰り返すことになりかねませんので。

 

おわりに

「逃げる」転職についての考え方を記しました。

「逃げる」という意識を持つことは、何となく、後ろめたい気持ちがするもので、これは仕方が無いことだと思います。

だけど、今の状況から解放されたいのであれば、「逃げる」転職であっても、積極的に取り組むべきです。

長い会社人生、自分自身で努力を続けることも必要ですが、意味無く我慢し続けるのは、本当にもったいないですから。

 

 

では、また。