登山するときストックって本当に必要?ストックのメリット・デメリットとは?

 

登山をしていると、よく「杖」をついている人を見かけます。

この杖、トレッキングポールまたはストックと呼ぶものです。

登山者でも使っていない人も大勢いるので、「本当に必要なの?」って思いますよね。

私の経験からは、

ストックは必ず必要ではないけれど、あると絶対に良い

といったもの。

その理由ですが・・・。

 

ストックのメリット

ストックを持つことのメリットとして、登山をしているときの身体の負担を少なくすることと、ケガをするリスクを少なくしてくれることが挙げられます。

身体の負担を少なくする

登山では、足にかかる負担はとても大きいものです。

ストックがあると、足の力だけでなく腕の力も使えるようになるので、登るときは力強く登れて、足の筋肉の疲労を少なくしてくれますし、下るときは足にかかる負担を腕に分散できます。

階段を昇り降りするとき、手すりを使うと楽できますよね?

ストックは、その手すりと同じ役目を果たしてくれる、と言うことなんです。

ケガのリスクを少なくする

上り下りに関わらず、ストックがあると身体のバランスが取りやすくなるので、転倒するリスクが減ります

また、足への負担を分散できるので、その分、身体を痛めることも少なくなりますし、

腰の負担や下山するときの膝への負担も減らしてくれるのです。

なので、ストックがあると、登山中のケガをするリスクが少なくなるんですね。

ストックのその他の役割

その他の役割として、以下のことがあげられます。

  • 足場が悪いところで、歩を進めても大丈夫かどうか、ストックで突いてチェックできます。(あまり、信用しすぎてはいけませんが・・・)
  • 複数で登っているとき、へばった人や小さい子どもを先導する際に、ストックを持たせて引っ張ると、手を引っ張るよりも歩きやすくなります。
  • 最悪、捻挫した場合など、本当の「杖」代わりになります。(骨折したときの添え木・・・といった事態は考えたくないですが・・・)

 

ストックのデメリット

このように登山中、ストックはあるととても便利なのですが、一方でデメリットもあります。

ストックは邪魔?

岩場などストックを使いようのない場所では、邪魔になります。

その際はザックにしまうことになるのですが、いちいち折りたたむのが本当に面倒くさいのですよね。

特に、ちょっと進んでは岩場、また、少し進んでは岩場という場所。

こうなると、いちいち出し入れしてられないので、ザックにしまいっぱなしになりますね。

慣れるまで時間がかかるかも

使いはじめの頃はストックは扱いにくく感じるでしょうし、人によって慣れるまで時間がかかるかもしれません。

それと、普段、使っていない腕の筋肉を使いますので、筋肉痛に悩まされることもあります。

 

まとめ

ストック、多少のデメリットはありますが、経験上、そのメリットはとても大きいといえます。

登山を始めて間が無い方、足腰に自信が無くなってきた方、一度、試してみてはいかがでしょうか?

 

こちらもどうぞ!

 

では、また。

<<登山関連記事紹介>>

登山コース紹介記事へGO!

登山グッズ紹介記事へGO!