家の中で「やってはいけないNG風水」をがっつりとまとめてみました

 

このところ、『風水』にずっぽりとはまっています。

こう話すと、

「風水って、本当に効果があるの?どことなく、胡散臭いんだけど」

と言われることがあります。

(このようにストレートに言葉にしないまでも、なんとなく変な目で見られこともあります・苦笑)

 

実際、風水に効果があるのかどうか、私自身、微妙といえば微妙なんですよね。

というのも、風水の基本は、整理整頓。毎日、キレイに掃除をすることが大切

なのですが、現実問題として、毎日毎日、玄関やトイレ掃除をしっかりやるって、まぁ、できないですよね。

なので、風水にはまっているとは言いつつも、毎日、やるべきことをちゃんと実行できていないわけで、効果があるかどうか聞かれたら、「微妙」としか答えようがありません・・・。

それでも、風水を意識しはじめてから、掃除を行う回数はぐっと増えたし、掃除の丁寧さも上がって、家の中はずいぶんとキレイになってきました。

なにより、自分自身の気持ちが落ち着いてきたように感じています。

ですから、私にとっては「風水は効果がある」と実感できています。

 

簡単にできる風水

ところで、風水に興味はあるし、やってみたいと思う人でも、

「風水では、毎日、家の中をキレイに掃除することが基本」

って聞くと、こりゃ大変だって思ってしまいますよね。

でも、ご心配なく。

実は、とても簡単にできる風水もあるのです。

ものを置く

とても簡単にできる風水。その一つは、ものを置くことです。

例えば、風水の三大アイテムとして「鏡」「盛り塩」「クリスタル」があげられます。

「盛り塩」はこまめに取り替えなければなりませんので、少々、手間はかかりますが、これ以外のアイテムは、基本は置いておくだけで良いもの。

どのアイテムも、玄関に置くと風水的な効果が期待できます。

最初にお金はかかりますが、風水的にほったらかしでもOKなので、手間いらずですね。

あと「観葉植物」も強力なパワーがあるようです。

ちなみに我が家では、屋内の観葉植物の数が一気に増えました。

やってはいけないNG風水

もう一つの簡単な風水は、「やってはいけないNG風水」に気をつけることです。

「やってはいけないNG風水」とは、やることによって悪い「気」を呼び込んでしまうもの。

やってはいけないのだから、ただ単に「やらなければ良い」と言えます。

(とは言っても、何かをやらないということは、実はその反対のことをやらなければならない、というのもあるので、結構、面倒くさかったりするんですけど・・・)

ということで、続いて簡単にできる風水として、家の中で「やってはいけないNG風水」をがっつりとまとめてみました。



玄関でやってはいけないNG風水

風水で一番大切な場所とされているのが、玄関。

風水では外から良い「気」を家の中に取り入れる最大のポイントと考えられているので、玄関を汚くするのはNGなんです。

なので、家の中でも玄関でやってはいけないNG風水は一番、多くなっています。

玄関で靴を脱ぎっぱなしにする

外から帰ってきたとき、靴にはたくさんの汚れがくっついていますし、汗などの自分の足の汚れも、染み付いているのです。

そんな靴を脱ぎっぱなしにしていると、玄関に悪い気がいっぱいになってしまいます。

これは、風水的にNGです。

履かない古い靴が玄関にある

古いものや汚れたものには、風水では悪い気が宿ると言われています。

3年以上履いたことがない靴や、滅多に履かない靴、汚れや型崩れがひどい靴は、はっきり言ってゴミと同じ。

これらが、下駄箱の中にあると良くありません。

玄関にゴミが置かれている

回収前のゴミ、古新聞やダンボール箱、そして、壊れた傘などなど。

良い気を招き入れるために玄関には、ゴミを置きっぱなしにしないことが大切です。

玄関の正面に鏡がある

風水のラッキーアイテム、鏡。

玄関から入って右側に鏡があると人気運アップ、左側にあると金運アップになりますが、玄関の正面に鏡を置いてしまうと・・・、せっかく玄関から入ってきた良い気を鏡が跳ね返してしまいます。

ラッキーアイテムである鏡、扱い方を間違えないように。

玄関の正面に鏡を置かないようにしましょう。

玄関マットがない

玄関マットは、玄関から入ってくる悪い気を払い落としてくれます。

これがないと、悪い気がどんどんと家の中にはいってくるかも。

ドクロ・剥製・ドライフラワーがある

既に生命を終えたものは、強い陰の気を発するものです。

風水的には、玄関に限らず、強い陰の気を発するものを家に置かないことが大切なのです。

あと、水を取り替えていない花瓶にも、悪い気が溜まりますよ。

リビングルームでやってはいけないNG風水

黒い大きなソファーを置く

黒色には、休止や停滞、停止といったパワーがあり、そこにいる人は活力を失いがち。

特に黒いソファーは、行動力ややる気をそいでしまうことになりかねません。

明るい色、中でも活力を促進する赤のカバーをかけたり、クッションを置いて、気のバランスを整えるようにしましょう。

ソファーに服を脱ぎ散らかしている

ソファに脱いだ洋服や物を置いていると、くつろげないばかりか、リビングルームの中の気を乱してしまいます。

風水的に良くないのですが、それ以前に、見た目にもだらしないですからね。

開かずの窓がある

気は玄関や窓からはいってきます。

その窓を閉じっぱなしにしていると、せっかくの良い気が入ってこれなくなりますよ。

 

寝室でやってはいけないNG風水

寝姿が鏡に映り込む

寝姿が鏡に映ると、寝ている間にせっかく蓄えた気を飛ばしてしまい、運がなくなってしまいます。

布団カバーが太いストライプ模様

風水的には、大柄ではっきりした模様は、差を激しくする気を持っており、浮き沈みの激しい運気になると言われています。

淡いピンクやパステルグリーンなど、色柄がハッキリしていない布団カバーが良いとのこと。

ベットの下に物を収納している

ベッドの下に汚れたものや不用品を置いておくと、それが悪い気を発して、上で寝ている人の体に悪い影響を与えてしまいます。

熟睡が出来ないとか寝つきが悪いという方、もしかして、ベッドの下がごみため場になってたりしませんか?

南枕で寝る

北枕は良くないと思われがちですが、風水では良しとされているのですね。

と言うのも、北から強い気が流れているため、これを頭から取り入れることが出来るからなのです。

逆に南枕で寝ていると、気が散りやすい、ポイントがずれている、空気が読めない、
そんな人になりやすいと言われていますので、ご注意を。

ドライフラワーやアンティークの雑貨がある

寝室では、余計なものを置かないように。

特に、ドライフラワーやアンティークの雑貨は、風水的には「悪い気」を発するモノであり、これらを寝室に置くのは、風水では本当にNG!です。

同じように、ドクロの置物やおどろおどろしいポスターなど、不吉なものもダメですよ。



キッチンでやってはいけないNG風水

ゴミ箱にフタがない

ゴミは、すぐに悪い気を出してしまいます。特にキッチンで出るゴミは水分が多いため、より悪い気が出やすいとか。

なので、キッチンでは、専用のフタ付きのゴミ箱を用意して、常にフタをするようにしましょう。

三角コーナーも同じでフタ付きのものにし、生ゴミを溜めないことが大切です。

汚れた食器が放置されている

食べ残しや食べ終わった後の汚れた食器は、悪い気をどんどん出します。

食器をテーブルの上に置きっぱなしにしたり、シンクに漬けたままにしていると、

悪い気がどんどん出てきて、家中に広がり、運気は一気に下がっていきます。

換気扇やコンロが汚れている

換気扇とコンロ。どちらも汚れやすく、手入れも大変な場所ですが、悪い気が溜まりやすい場所でもあります。

特に、換気扇は気の出入り口なので、ここが汚れていると良い気を取り込まず、悪い気を出さなくなってしまいます。

賞味期限切れの食品がある

賞味期限が切れて、もう食べられなくなった古い食品は、ゴミですよ。

 

 トイレでやってはいいけないNG風水

風水で、家の中で玄関と同じく大切な場所とされているトイレ。

トイレは、不浄の場といわれているように、なにかと汚れやすい場所で、ここを汚くしていると、ほかでいくら風水を行っていても、全部パーになってしまいます。

玄関同様、トイレのやってはいけないNG風水にも、十分、気をつけてください。

トイレットペーパーを大量に置いている

紙は悪い気を溜め込みやすいもの。

トイレにトイレットペーパーを必要以上に多く置いていると、それだけ多く悪い気を溜めてしまうのです。

トイレットペーパーを床に置いている

トイレットペーパーを床に直に置くのもNGです。

悪い気が付きやすくなるだけでなく、湿気やホコリも吸い取り不衛生です。

トイレで本を読む・本を置いている

トイレに本を持ち込むこと、そして、その本をトイレに置きっぱなしにすること・・・。

風水的にはNGですよ。

いろいろな物を置く

本以外にも、たくさん物を置くと、それぞれが気を発して空間が乱れます。さらに、トイレの悪い気を物が吸い取って、ますます悪くなっていくのです。

便座のフタを閉めない

便器内の水は、風水的には汚れた水と考えられており、フタを開けっ放しにしていると、便器から悪い気がドンドンと出てきて良くないのです。
同じく、トイレのドアを開けっ放しにするのもNGです。

<トイレにおすすめの金運アップアイテム>

!関連記事はこちら

 

お風呂場でやってはいけないNG風水

排水口に髪の毛が溜まっている

排水口に詰まった髪や汚れは、体から落ちた悪い気そのもの。

風水的に一番やってはいけないのが、この汚れを放置すること

こまめに処分してください。

シャンプーなどのボトルを床に置いている

ボトルをお風呂場に置いていると、ヌメリで底がヌルヌルしますが、お風呂場の床に直接置いていると、さらに発生しやすくなります。

使っていない石鹸やシャンプーが放置されている

使わなくなったものや古いものは、悪い気を出しはじめます。

特に髭剃りは、汚れが付きやすく、その分、悪い気が出やすいのです。

同じバスタオルを使っている

バスタオルで身体を拭くと、身体から出た悪い気がついてしまいます。

これを洗濯せずにくり返し使っていると、タオルについた悪い気を、また自分の体につけ直すことなってしまいますよ。

 

洗面所でやってはいけないNG風水

使っていない化粧品がたまっている

古いものは悪い気を出し始めますが、特に化粧品には要注意。

古い化粧品を放置していると、老けやすくなるそうです。

あと、汚れた化粧グッズでいくらお化粧をしても、きれいになれないそうですよ。

鏡や洗面台が汚れている

鏡が汚れていると、そこに映るたびに「ぶさいく」になっていくそうです(笑)。

<参考になるサイト>

 

おわりに

いかがでしたか?

やってはいけないNG風水、こうやって書き出してみると結構なボリュームですが、ひとつひとつ見ていくと、「そりゃぁ、そうだよね」と納得できる内容のものが多いですね。

(中には「ほんとかよ?」って、突っ込みたくなるものも、あるかもしれませんが・・・)

あと、やってはいけないNG風水だから、やらなければいいんだと言いつつ、実際には手間がかかるものもたくさん含まれています。

なので、読んだだけで「もう、おなかいっぱい」となったかもしれませんね。

それでも、ここに書いたもので、「やってみよう」とか、「できそうだ」と思うものがひとつでもありましたら、トライしてみてはいかがでしょうか?

とても気分良く過ごせるようになりますし、きっと効果もあるはずですよ。

では、また。

 

<おすすめの金運アップアイテム>

!関連記事はこちら

 

<外部リンク>