出張で福島県の湯本温泉を楽しんできた

出張で福島県の湯本温泉に行ってきました。

乗ったのはこちら。常磐線の特急「ひたち」です。

実は私、特急「ひたち」に乗ったのが今回が初めて。

出張とは言え、ちょっとした旅行気分です。

 

宿泊地の湯本温泉。

本当の目的地は、まだまだ先ですが、こちらで前泊することにしました。湯本駅は特急が停まってくれるので、とても楽です。

 

駅のホームには、なんと足湯が。足拭きようの布もセットされています。

*到着した時間が遅かったので、ここからの写真は全部、翌日の朝に撮影したものです。

 

駅を出ると、またまた足湯。温泉地って感じですね。

 

駅前の道路沿いにはたくさんのベンチがセットされていて、そこには楽器を演奏する銅像が設置されていました。

 

なぜか、猫の銅像も鎮座しています。

 

国道沿いを歩いていると、こちらにも足湯がありました。

 

そして、こちらは正真正銘の温泉「さはこの湯」です。

パッと見、レトロな造りに見えますが、わりと新しめの建物でした。

 

本日のお宿、「松柏館(しょうはくかん)」。「さはこの湯」の少し先にあります。

ご覧のとおり、歴史を感じさせる建物です。

木枠ガラスの引き戸の玄関が、良い塩梅に古びていて良かったですよ。

 

今回、チョイスしたプランは、風呂無し部屋・朝食付きプラン。

1名の泊りでも税込みで8,000円以下とお得なプランでした。

温泉宿に1名で泊ると、大体、かなりの割高になるものですけど、探せばお得なプランってあるものなんですよね。

 

駅近くの新しいビジネスホテルは、便利は便利ですし、料金も少し安いのですが、部屋が狭いのとユニットバスが・・・、どこに泊っても同じようなものですので、もう飽きてしまいましたしねぇ。

 

だけど、このような温泉旅館だと、部屋は広いし、広々とした温泉に入り放題ですからね。

旅行気分に浸れて、気分は上々です。

 

で、泊る部屋は・・・。

いたって普通の温泉旅館の部屋でした。

建物全体が古く、部屋ももちろん古いですが、これまた旅行気分を盛り上げてくれました。

 

そして、温泉大浴場。朝、のぞいたら誰もいなかったのでパチリ。

泊った部屋の隣の隣が温泉お風呂という好立地?

夜2回、朝1回とお湯に浸からせてもらいました。

 

温泉は、すこし白く濁っていて、つかっていると肌がスベスベしてきます。

いい温泉でした。

 

そして、朝ごはん。

これぞ、日本の温泉旅館の正しき朝食といったメニュー。

昨日の夕ごはんが最悪だっただけに、この朝食にはとっても満足できました。

 

出張はお仕事。旅行ではありませんよね。

なので、どうしても時間に追われ、味気ないものになってしまいがち。

だからこそ、こうやって息抜きの要素を取り込むようにしています。

 

同じ湯本温泉で食べた残念な夕食の記事はこちら。

入って大後悔した福島県湯本駅近くのとってもガッカリのおすし屋
出張で福島県の湯本温泉に泊りました。何時にチェックインできるか分からなかったので、宿は朝食付きプランとし、夕食は外で食べることに。で、入ったのが湯本駅から旅館に向かう国道沿いにあるおすし屋さん。外観は結構、小洒落た感じでしたし、何より海の近

 

では、また。

タイトルとURLをコピーしました