「できない理由を探すよりできる方法を考えろ」と上司から言われたときの対処法

上司からムチャクチャな命令をされて、「できません。なぜならば・・・」と答えたら、「できない理由を探すよりできる方法を考えろ」と言われて困ってしまった

 

会社で上司から、無理難題とも言うべき無茶振りをされ、

「できません」

と答えたら、

「できない理由を探すよりできる方法を考えろ!」

と追い討ちをかけられた・・・。

 

上司からこんな対応をされたら、ほんとうに困ってしまいますよね。

こちらでは、そんな命令をする高圧的な上司に対して、私が行ってきた対処法をご紹介します。

今、お困りの方、ぜひ、参考にしてください。



言ってることは正論

「できない理由を探すよりできる方法を考えるべき」

この言葉、いたって正論です。

「どうすればできるのか」その方法を考えることが大切なのは、言うまでもありませんよね。

これをやらないことには、何事も前に進みませんので。

 

また、一度「やる」と決めたことなのに、後になって「できない理由」探しだけをやるのもNGです。

「やりたくない」ので「潰し」にかかっているということですから。

 

なので、会社員である以上、「できない理由を探すよりできる方法を考えるべき」なのは、上司から言われるまでもなく、大切なことと言えるでしょう。

 

できない理由を探す意味

しかし、「できない理由を探す」ことは、本当にダメなことなんでしょうか?

ちょっと立ち止まって考えれば、むしろ必要なことだと言えますよね。

 

まず、大枠での意思決定をする際、何が問題で、どんなリスクがあるかを洗い出すこと、つまり「できない理由を探す」ことは、とっても大切です。

そして、それらを解決するには、どんな方法があるかを考えることは大切です。

もし、「できない理由」が分からないまま事を始めると、様々な問題が発生するのは明らかですし、結果的に現場がシッチャカメッチャカになる原因にもなります。

 

こういった現場の混乱は、「考える人」と「実行する人」が別のときに、頻繁することなのですが・・・、意思決定前には、「できない理由」探すことは大切なんです。



高圧的な上司の思いつき

私ごととなりますが、かなり前、世の中の常識といったものが、なかなか通じない上司の下で仕事をしたことがあります。

この上司、常日頃から、突拍子もないことを思いついては、「今、やれ!」「すぐ、やれ!」と言いだす人。

とても高圧的で、自分の言に対して有無を言わさせないタイプです。

 

その思いつきは、全く意味がないものが多かったのですが、たまに本当にやるべき価値があることも言い出すので、その分、始末が悪く、部下は毎日、振り回されるような状態でした。

そして、中には非常識極まりない命令もあったのです。

 

できない理由を探すな

この上司から2回、

「できない理由を探すな!言い訳は聞きたくない。できる方法を考えろ」

と言われたことがあります。

 

1回目は、上司から指示された内容が、会社のルール違反していたため、そのルールを説明しているときに。

2回目は、上司の指示が明らかに法律違反であったため、「ムリです」と答えたとき。

指示している上司本人は、常識が通用しない人ですので、それが会社のルールや法律に違反していることが、まったく分かっていないのです。

(こんな非常識な人間が、よく上司と言う立場に立てたものだと思いますが・苦笑)

 

多少のワガママであれば、「面倒くさいなぁ」と思いつつも、言われたことを実現するようにしていました。

でも、さすがにルール違反・法律違反の命令には、「承知しました」とは言えません。

「法律はこうで・・・」、「会社の規則がこうで・・・」と説明するのですが、聞く耳持たず。

その際に

「できない理由は聞きたくない。やれる方法を考えろ」

と言われたのです。

 



できない命令への対処法

あきらかにやってはいけない命令に対して、私がどうしたかと言うと・・・。

 

まず、言った本人ですが、自分は「すごく良いことを思いついた」と悦に入っているわけです。

それを、「ムリです」と言われたら、カチ~ンときて、聞く耳持たず状態になっています。

そのまま「できません」と話を続けたところで、何の進展もありませんし、それどころか、高圧的に「俺の言うことが聞けんのか!」と怒鳴られるのがオチ。

 

なので、

「分かりました。検討します」

一旦、その場から引き上げるようにしました。

 

そして、後日、上司の機嫌の良いときに、

「あれから色々と検討し、社内のしかるべき部署にも相談したのですが、どうしても難しいとの結論となりました。

ただ、代替案として○○というのがありまして、これなら出来ます

と持っていくのです。

 

すると、「おぅ、それで行こう」となるのです。

このように、一方的に否定したり、説得しようとするのではなく、

時間をおいて、上司のメンツを潰さない程度の代替案の提示すること。

これは、わがままな上司対応の王道です。

 



おわりに

「できない理由よりもやれる方法を考えるべき」は正論です。

でも、できない理由が明らかでないと、できることとできないことの区別がつきませんし、何をどうすべきか考えるきっかけを失うことにもなりかねません。

 

そして、この正論を言われた方は、まさに面と向かって批判されるわけですから、精神衛生上、よろしくないのです。

 

ということで、自分自身やチームのメンバーを鼓舞するときは使っても良いですが、個人に対して直接発するのは控えたほうが良い言葉だと言えるでしょう。

 

 

では、また。

 

 

タイトルとURLをコピーしました