福ふくろう

上司との付き合い方

部下が突然「退職する」と言い出したら上司はとっても困るものです

転職活動は、会社にバレないよう秘密裏に行うのが鉄則。 もし、転職活動していることがバレてしまったら何かと面倒なことが起きてしまいますので。 しかし、実際に転職先が決まると、今の会社を退職する旨を上司に伝えることになります...
退職

評判の悪い外貨建て個人年金保険のデメリットとそれでも私が加入した理由

「外貨建て個人年金保険」というのがあるのですが、ご存知でしょうか? 資産運用、特に退職金の運用先の1つとして、銀行が強くプッシュしてくるこの商品、ネットなどではすこぶる評判が悪いんですよね。 評判の悪い口コミを読んでいた...
2021.05.26
退職

退職金の運用先として買う「株」は配当金と株主優待狙いで長期保有とすべき

退職金をどう運用するか・・・、とても悩ましいところ。 考えたのは、まずは、「卵は一つのカゴに盛るな」の言葉のとおり、いくつかに分けて運用すること。 そして、運用先を決めるのに、価格変動と為替変動の2つに区分して検討し、4...
2021.05.26
退職

退職金の運用の基本は「卵は一つのカゴに盛るな」

私は会社の早期退職優遇制度に応募して、55歳の年度末に退職しました。 その際には、通常の会社都合による「退職一時金」とあわせ、早期退職に伴う積み増し退職金を受け取ることができたのです。 私としては、これまで手にしたことの...
2021.05.26
退職

退職金を株で運用するならトピックスコア30(TOPIX Core30)から選ぶのが良い?

トピックスコア30(TOPIX Core30・別名:日経コア30)というのがあります。 これは、東京証券取引所の一部上場されている会社のうち、時価総額(株価×発行済み株式数)や、流動性(売買されるボリューム)が特に高い30銘柄...
2021.05.26
退職

個人型確定拠出年金移換後に退職者が気をつけるべきこと

退職して、確定拠出年金を企業型から個人型へと資産を移換します。 こちらでは、個人型確定拠出年金のメリットと、退職者が気をつけるべきことについて記します。 あわせてどうぞ! 退職したら確定拠出年金を個人型に資...
2021.05.26
退職

投資信託と定期預金のセットキャンペーンにはご注意を

退職金が振り込まれたら、すぐに銀行から電話がかかってきました。 用向きは、退職金というまとまったお金の運用についてです。 これまで、何の連絡もよこさなかったくせに、通帳に多くのお金が入金されたとたんに連絡が来たの...
2021.05.26
退職

退職したら確定拠出年金を個人型に資産移換しよう

企業年金の制度がある会社に勤めていた人なら、在職中に「確定拠出年金」「確定給付年金」の説明を受けたことでしょう。 でも、ぶっちゃけよくわからないものですし、まあ、もらえるものだったらなんでもいいやと言って、適当に聞き流した、な...
2021.05.26
退職

退職金をもらった人で確定申告すると所得税が戻るケースをわかりやすく解説します

退職金は、退職直後の生活基盤となるのはもちろん、老後の人生を過ごすうえで、とても大切な資金となります。 退職金の税金は、「退職所得の受給に関する申告書」を提出することで、かなりの優遇を受けられ、ほとんどの場合、会社が税金の計算と徴収(...
2021.05.26
退職

そもそも退職金とは?どんな会社でも退職金は支給される?

会社を退職したら支給される退職金。 この退職金は、長く会社に勤めた労をねぎらう意味が強いものですが、若くして退職しても支給される会社があります。 考えようによっては「給料の後払い」であり、社員が簡単に会社を辞めないような...
2021.05.26
退職

退職金にかかる税金の計算方法

退職金は、「これまでがんばって働いてきた人」に、その労をねぎらう意味があるもの。 そして、もらう我々にとっては、老後の生活資金となるとても大切なお金です。 できれば、退職金には税金をかけないでもらいたいものですが・・・、...
2021.05.26
退職

退職後も住民税は払わなくてはならないが失業者は免除してもらえることもある

会社勤めをしている間、所得税と住民税は、給料から天引きされていました。 会社を退職すると給料をもらわなくなりますので、税金が天引きされることも無くなります。 所得税は(再就職していなければ)所得がないので払わなくてもよい...
2021.05.26
失業保険

失業保険っていくらもらえるの?生活できる金額?

「失業保険は、一体いくらもらえると思いますか?」 急に聞かれても、分からないですよね。 会社で働いている間は、そんなに気にすることはないですし。 でも、実際に会社を退職したら、失業保険は貴重な収入源。それだけに、自...
2021.05.20
公的年金

会社を退職したら一番お得な年金は厚生年金の被扶養者になること

会社を退職して、無職の状態となったら、厚生年金から国民年金に切り替えることとなります。 その時に、国民年金の保険料の免除を申請すると、免除期間中、保険料を支払わなくても、およそ半分の額の年金をもらえることになります。 こ...
2021.05.20
公的年金

【体験談】国民年金第3号被保険者に俺はなる!つもりだったのに・・・

会社を退職してから、4日目となりました。 日にちで言えば、3連休を過ごした程度のことではあるのですが、これまでとは違って開放感がある一方、今後に対する不安感もあり、なかなか複雑な心境です。 それと、やらなければならない事...
2021.05.20
公的年金

【体験談】国民年金への切り替えと年金保険料の免除申請で20万円損しなくて済みました

会社を退職したら厚生年金から国民年金に切り替えなければなりません。できれば保険料の免除を受けたいもの。そのルールとあわせ、手続きを行いましたので、簡単に説明します。
2021.05.20
公的年金

退職後の厚生年金から国民年金への切り替え手続きが期限より遅くなったらどうなる?

会社を退職したら、社会保険の厚生年金から国民年金への切り替え(種別変更)の手続きが必要になります。 厚生年金からの脱退手続きは会社が行ってくれますが、国民年金への切り替えは自分でやらなければならず、それまで経験したことがない人にとって...
2021.05.20
公的年金

やらなきゃ損?国民年金の保険料免除制度は、ほとんどの退職者が利用できます

会社を退職したら、厚生年金から国民年金に切り替え(種別変更)を行うことになります。 これまで会社が給料から天引きで支払っていた年金の保険料を、今度は自分で納付することになります。 この国民年金の保険料、退職した人=失業中...
2021.05.20
公的年金

公的年金の最強コストパフォーマンス、国民年金の「付加年金」

これまで会社勤めをしていた人には、ほとんどなじみのないものですが、公的年金制度の中に「付加年金」という年金制度があります。 これが、まあお得というか、最強コストパフォーマンスとなるとてもすごい年金なのです。 国民年金...
2021.05.20
公的年金

国民年金や厚生年金など公的年金の簡単なおさらい

公的年金とは、ざっくり言うと、歳をとって思うように働けなくなったとき、生活資金と受け取る保険のようなものです。 20歳から60歳までの人は全員、公的年金に加入する義務があり、保険料を支払わなければなりません。 公...
2021.05.20
タイトルとURLをコピーしました