なぜ「働かないおじさん」になってしまうのか、その理由を考えてみた

 

私は正真正銘のおじさんです。

そんな私が「働かないおじさん」と言うタイトルで批判的な記事を書くのは、天に唾する行為だと重々、承知しています。

 

しかし、今日、とあるおじさんの仕事っぷりを見て「ホンマに、ええ加減にせえよ」と思う事があり、しばらく腹立たしい思いでいたのです。

詳細は控えますが、「働かないおじさん」がやっていることは、同じおじさんである私が見ても呆れ返るもの。

 

バリバリと仕事をこなしている中堅社員や、将来に向けて張り切っている若手社員から見れば、めちゃくちゃ腹が立って当たり前で、

「働かないおじさんは、サッサといなくなれ!」

と思われても仕方のないことだと思いました。

 

このように、存在自体が「悪」と思われる「働かないおじさん」、多くの社員がいる会社でなくても、一人や二人は必ずいますよね。

この人たちは、入社した当初から働かなかったのかというと決してそうではなく、きっと何らかの理由があって働かなくなったはずです。

そこで、このおじさんたちはなぜ、働かなくなったのか、その理由を考えてみました。

【スポンサーリンク】

 

「働かないおじさん」とは

一言で「働かないおじさん」と括っていますが、いろいろなタイプが上げられるでしょう。

ここでは、ざっくり2つのタイプに分け、1つをさらに細分化してみました。

 

仕事をしないおじさん

まずは「仕事をしないおじさん」。

「働かないおじさん」とどう違うのか?ですが、文字通り、やればできるのにやらないタイプのことです。

「働かないおじさん」の典型ではありますが、ある程度の役職に就いていて、本人がやらなくても、部下がカバーしてくれる立場の人に見られます。

一日中、お茶をすすり、新聞を読んだり、ネットサーフィンをしたり。

ヒマをもてあまして、部下にムダ話を仕掛けることはあるものの、仕事の話は極力、避けようとします。

自分から指示することは少なく、部下からの報告や相談も、軽~く受け流すおじさん。

この手のタイプが上司だったら、何とも頼りないし、責任を取らないので、部下としては困りますが、変に口出しをしないだけ、日常の仕事はやりやすいともいえます。

 

仕事ができないおじさん

もうひとつ、「仕事ができないおじさん」というのがありますが、これは大きく3種類に分類できるでしょう。

 

知力がついていかない人

知力がついていかない人。

ストレートに書くと、頭の悪い人となってしまいますが・・・、昔はある程度、仕事をこなせていたけれど、年をとって頭が固くなったか、業務の効率化に適応できないか、あるいは、IT化の急激な進展についていけていないか、というふうに、知力が自分の仕事に適応できていない人っています。

よくある例が、PCの使い方が分からず、モタモタしている人。あるいは、自分で調べもせずに、すぐに人に聞くなど努力を怠っている人です。

「資料を作る」のはいいけれど、使えないパワポで作ろうとするものだから、分からないことだらけで、作業は一向に進みません。

おまけに、「使い方が分からないから教えて」と近くで仕事をしている若手に平気で聞いてきます。

それも、自分が何をしたいのか、どこがどう分からないのかすら分からずに質問するのです。

聞かれるほうは、たまったもんじゃないですよね。

 

体力がついていかない人

体力がついていかなくて、結果、仕事ができない人というのもいます。

何かやっても、すぐにバテてしまうので、作業的な戦力としてはカウントできません。

それでも、態度が控えめであればまだ許せますが、「オレはできる!」と意固地になるのはいいものの、すぐに周りの足をひっぱり、そして、「やっぱ、ダメだわ。いち抜けた」と弱音を吐いて皆のやる気をなくすのです。

知力や体力が十分でない人は、自分がやりたくないからと、前向きな意見を潰しにかかることも多いですよね。

 

最適ではないやり方にこだわる人

これは「働かないおじさん」というよりも、「働けていない」もしくは「働いたつもりになっている」人と呼べばよいのでしょう。

自分の中で凝り固まった仕事のやり方があって、それ以外は認めないと言うタイプ。

個人で完結する仕事をやっているのであればまだ良いのですが(自分だけで完結する仕事自体めったにありませんが)、古い考え方や、あまりお利口とは言えないやり方を他の人にも強制するのです。

 

私見ですが、管理部門の古参社員によくあるタイプで、お願いや相談にいっても、即座に「できません」「無理です」と断わります。

また、面倒くさい仕事を「あんたがやって当たり前」とろくな説明もせずに、一方的にやらせようとし、やり方が自分の思い通りでなければ、文句を言うのです。

この手のタイプが上司になったら、鬱陶しいことはなはだしいですね。

 

これら以外にも、まだまだたくさんの「働かないおじさん」はいると思いますが、書き出しているときりがないので、このあたりで・・・。

なぜ「働かないおじさん」になったのか?

上司・部下・同僚・他部署の人などなど、社内で「働かないおじさん」をこれまで随分と見てきましたが、そうなったのには、やはり、それなりの理由があるようです。

 

サラリーマン人生の先が見えた

これが一番の理由だと思いますが、バリバリと働き続けて相当上の役職にまで上がっている人でも、定年の何年か前になると、急に「働かないおじさん」になるケースが多いですね。

どんな人でも、入社してからその時々やそれぞれの立場で、サラリーマン的な将来の夢は持っているものです。

でも、年を重ねるごとに夢は潰れ、自分は「こんなものなのか?」と悶々とします。

そして、ある日、会社人生の残りをリアルにイメージし、愕然とするのですね。

こうなると、「やってもやらなくても同じ」という発想になり、それが「やるだけ損」に変わっていくのでしょう。

 

心が折れた

上述の「先が見えた」に近いのですが、こちらはもっとネガティブな状況になったということ。

サラリーマンをやっていると、自分の成果や努力が認められず冷遇されたり、あるいは、便利使いされたあげくポイ捨てされることが、まま、あります。

初めのうちは「憤り」を感じるものの頑張るのですが、ある日、頑張ることに対して心が折れてしまった、そんな人たちです。

若いうちにサラリーマンの悲哀を経験すると、「会社なんて、しょせん、こんなもの」と達観し、「やるだけ損」という考えになります。

すると、自己成長はストップする一方、保身のための仕事の囲い込みを始め、他の人にタッチさせないようにしてしまうのです。

これは、自己評価が他者評価よりも高すぎる人に起きやすいと考えられますが、会社という組織の理不尽さを消化しきれなかった結果ともいえるでしょうね。

 

*この手の人は、まだ「おじさん」とは呼べない30代でも、結構、いるんですよね。

会社とキョリを置くのは大いに賛成ですが、仕事で自分の殻を作り、そこに閉じこもってしまうと、今はもちろん、将来的にもつまらない日々を過ごすことになります。

30代の方でこの兆候がある人は、考え方、もしくは会社を変えたほうが良いと思いますよ。まだまだ間に合いますから。

 

勘違いしたまま年を取った

「自分は仕事ができるし、しっかりやっている、努力もしてきた」と本人は自信たっぷり、でも、実際はできていないケース。

考えようによっては最も幸福、ですが、考えようによっては最も不幸なケース、と言えるでしょう。

 

最も幸福だと考えるのは、当の本人には、過去、挫折をした経験もなければ、現在、仕事ができないという意識もないので、ある面、サラリーマン的に順風に過ごしてきたと言えるからです。

逆に最も不幸なのは、自分は周囲に大迷惑をかけているのに、その自覚がないこと。

このような人は、おそらく、周囲とうまくいってないでしょう。でも、自分は出来ていると思っているので、どうしてうまくいかないのか原因がわからず、悶々としているでしょうね。

 

終わりに

「働かないおじさん」になってしまう理由から考えると、すでにおじさんになっている人はもちろん、今、若手・中堅でバリバリやっている人も、いつそうなってもおかしくありません。

私自身、このように客観的に書いておりますが、読み返してみると、自分にも当てはまる点がいくつもありました。

まさに、他人事じゃないなと薄ら寒くなったので、反省するところは反省して、直すべきは直さないといけないなと思いましたね。

で、この話のさわりを友人にしたところ、「前向きにいきましょ~」と言われました(笑)。

 

では、また。

 

<ビジネスマンなら要チェック>

自分の市場価値が分かるサイト

自分の年収をチェックする →  MIIDAS(ミーダス)

現役社員や元社員が投稿した会社に関する口コミサイト

他社の生の情報をチェックする →  キャリコネ転職サービス