仕事ができない人に共通する「だらしない」という特徴

 

どんな会社にも、どんな部署にも、仕事ができない人って、必ず一人や二人はいますよね。

そんな人たちに対して、

「なんで、やらないの?」

「なんで、できないの?」

とイライラすることってありませんか?

そんな彼・彼女らをよく”観察”してみると、「だらしない」という共通する特徴が見て取れます。

 

「・・・ない」という仕事ができない人の特徴

仕事ができない人は、能力の有無とは別に、考え方や行動の仕方として、以下の「ない」という特徴が見られます。

  • やる気がない
  • 学習しない
  • 素直さがない
  • メリハリがない
  • 人の話を聞かない
  • 何をしゃべっているか分からない
  • 責任感がない
  • 判断しない
  • 言い訳しか言わない
  • 自分の意見を言わない

これら以外にも、いくつもの「ない」はあると思いますが、仕事ができない人は、やっぱり、何かが足りないのですよね。

そして、仕事ができない人に共通していて、しかも、最大の特徴は、だらしない」ことだと言えるでしょう。

 

だらしない人

職場の中を見回して、こんな人はいませんか?

その人は仕事ができますか?

 

身だしなみがだらしない

靴のひもがいつもほどけている、本当の無精ひげをはやしている、鼻毛が出ているなど、周りから見て「もうちょっとだけ気を使えばよいのに」という程度の基本的な身だしなみができていない人。

もちろん、爪は伸びて垢がたまっている、髪にはフケと油が浮いているとか、いつも皺くちゃのシャツを着ていて、襟や袖口が変色しているなど、だらしないを超えた不潔な人は論外です。

 

整理整頓でだらしない

デスクの上や、引き出しの中が散らかり放題、PC内のデータもぐちゃぐちゃの人。

自分の所有物なのに、どこに何があるか分からないだけでなく、人からの借り物・預かり物すら紛失してしまう人。

仕事の優先順位が付けられず、手順もなにもない人。

このように、整理整頓でだらしない人は、頭の中も整理整頓できていませんので、考え方も行動の仕方もバラバラ。

つまり、仕事ができない人と言えるのです。

 

時間にだらしない

時間にルーズで、遅刻が多い人。

仕事への取っ掛かりが遅かったり、長引かせたり、だらだらと過ごして時間を浪費し、残業が多い人。

 

お金にだらしない

経費の精算を放置する、あるいは、ごまかそうとする人。

人から借金をしても、返さない人、忘れる人。

平気で「貰いたばこ」をする人。ただ酒にありつこうとする人。

 

その他

お酒、食べ物、ギャンブル、異性、人付き合い、特に受けた恩を忘れる、などなど、全般的にだらしない。

 

全部が全部、当てはまる人はそうそういないと思いますが、仕事ができない人には、このような「だらしない」要素がいくつかありますよね。

 

やるべきことが分かっていない

仕事ができる人もだらしない?

上に書いた「だらしない」ことは、仕事ができる人にも、当てはまる部分はあるでしょう。

職場では、常にパリッとした身だしなみで、デスク周りはキレイにしており、時間には几帳面で、仕事はバリバリこなしている。

 

だけど、休日、家に居るときは、よれよれのパジャマ姿でだらけていて、自室は散らかし放題で、家族から「だらしない!」と小言を言われている人。

こういう人って、結構いると思うんですよね。

では、この人と仕事が出来ない人と何が違うかと言えば、簡単に言ってしまえば

「オンオフの切り替えができているかどうか?」

だと言えるでしょう。

 

仕事ができる人は、家ではどれだけだらしないとしても、会社では「やらなければならないときは、ちゃんとやる」人なのでしょう。

(家族からすれば、「家でもちゃんとしてよ」と思うでしょうけど)

 

仕事ができない人のだらしないとは

仕事ができない人、つまり、「だらしない」人は、「やるべきことをやらない」人のことです。

ですが、仕事ができない人は、悲しいことにそもそも、やらなければならないことが分かっておらず、何をやったらダメなのかも分かっていないのではないか?とも言えるでしょう。

 

当たり前の感覚を持っていれば、やる・やらないを含めて自分の言動が人からどう思われるのかとか、どんな影響があるのかを考えれば、上述のような「だらしない」行動を、年がら年中取るはずがありません。

にも関わらず、いつでも「だらしない」行動をずーっと続いているということは、それらがダメなことだと分かっていないからとしか、考えられないんですよね。

 

思うに、「だらしない」人というのは、その根っこの要素として、「多くのことが自分の中だけで完結し、本能的に楽な方に流れるのとともに、その良し悪しを考えられない」のではないか、と。

だから、ある分野で突出した天才でない限り、仕事をしていて「できない人」となってしまうのだろうと思います。

 

まとめ

以上、短絡的過ぎる気もしますが、「だらしない」人は、だらしない人になる要素を根っこに持っていて、それが行動として表面化している人ではないか、と。

そして、それが仕事においても出てしまい、結果、「仕事ができない人」となるのだと考えます。

 

逆に言えば、「だらしない」行動を取らないよう努力していけば、根っこにある要素も変わってきて、やがて、仕事ができる人に変われるのかもしれません。

そして、どんな人でも、自分はだらしないことをしていないか、チェックすることが大切だと言えるでしょう。

 

このところ、自分自身を「だらしないなぁ」と思うことが多かったので、自戒の意味を込めて書きました。

 

 

それでは、また。